神本美恵子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗参議院議員 神本 美恵子
生年月日 (1948-01-22) 1948年1月22日(68歳)
出身地 福岡県朝倉郡
出身校 福岡教育大学教育学部卒業
学位・資格 教育学士
前職 日本教職員組合中央執行委員教育文化局長
所属委員会 文教科学委員会(理事)
行政監視委員会
東日本大震災復興及び原子力問題特別委員会
世襲
選出選挙区 比例区
当選回数 3回(2001年-現職)
所属党派 民主党→)
民進党横路グループ
党役職 次の内閣子ども・男女共同参画担当大臣
男女共同参画推進本部事務局次長
民進党参議院比例区第31総支部代表
会館部屋番号 参議院議員会館1119号室
ウェブサイト 参議院議員 神本美恵子
テンプレートを表示

神本 美恵子(かみもと みえこ、1948年昭和23年)1月22日 - )は、日本慰安婦問題に熱心な政治家民進党所属の参議院議員(3期)。民進党副代表・男女共同参画本部長。福岡県朝倉郡出身。選挙活動等においては「神本みえ子」と表記される場合が多い。日教組教育文化局長、日本ユネスコ国内委員会委員などを歴任。連合組織内議員懇談会・世話人[1]の一人で、野田内閣野田改造内閣文部科学大臣政務官を務めた。

概要[編集]

1948年の福岡県朝倉郡出身。

1970年 ( 昭和45年)3月福岡教育大学教育学部卒業後、横浜市立下野谷小学校教諭になる[2]

筑紫野市立二日市東小学校教諭などを経て1991年6月福岡県教職員組合組織部執行委員・女性部長就任。

同時期より連合福岡女性委員会副委員長を兼任し1995年まで連合福岡女性委員会で活動。

その後、1996年から2001年まで日本教職員組合(日教組)中央執行委員。

2000年からは日本教職員組合中央執行委員教育文化局長を務めた[2]

2001年7月の第19回参議院議員通常選挙において民主党より比例区に立候補し初当選[2]

民主党に所属する他、日本民主教育政治連盟(日政連)に所属する。民主党における位置付けとしては旧社会党の流れを汲む横路グループに分類される。

参議院において内閣委員会決算委員会少子高齢社会に関する調査会教育基本法に関する特別委員会の委員を務めた。民主党においては民主党男女共同参画推進本部事務局次長、民主党参議院比例区第31総支部代表を務める。地元は福岡であるが民主党福岡県連(民主党福岡県総支部連合会)には所属していない。

2007年7月の第21回参議院議員通常選挙に比例区で出馬し、再選。

2011年9月2日に発足した野田内閣文部科学大臣政務官に就任し、2012年1月13日に発足した野田改造内閣でも留任したが、2012年9月民主党代表選挙では赤松広隆の推薦人に名を連ねていた。

2013年7月の第23回参議院議員通常選挙に比例区で出馬し、3選[2]

2016年1月、参議院内閣委員長に就任。

政策・思想・活動[編集]

  • 2013年参院選 毎日新聞候補者アンケートによると
    • 憲法改正と集団的自衛権の行使容認に反対。
    • 総理や閣僚は靖国参拝すべきでない。
    • 村山談話・河野談話は引き継ぐべきだ。
    • TPP交渉参加に反対。
    • 雇用の金銭解決に反対。
    • 原発は再稼働・海外への輸出とも必要ないとしている。[3]

人権問題[編集]

教育問題[編集]

戦後補償[編集]


  • 2013年12月18日から20日に戦後補償を考える議員連盟の11名で三回目の訪韓団(団長:江田五月)を実行した。神本美恵子参議院議員は「慰安婦問題は、過去ではなく、現在の問題と長官の認識に共感する。日本国内での紛争であり、性暴力の解決行動課題に慰安婦問題を含んでいうと努力している」ことを強調した。下記が戦後補償を考える議員連盟の第三回訪韓団のメンバーである。
 団 長  江田五月議連会長 参議院議員 (元参議院議長、民主党最高顧問)
 副団長  神本美恵子議連事務局長 参議院議員  
藤谷光信  戦後補償議連 顧問(前会長) 前参議院議員   
岡崎トミ子  戦後補償議連 顧問(初代会長) 前参議院議員 
石毛えい子  戦後補償議連 副事務局長 前衆議院議員 
大河原雅子  戦後補償議連 幹事 前参議院議員  
小林千代美  戦後補償議連 幹事 元衆議院議員 
有光健 戦後補償議連 アドバイザー(戦後補償ネットワーク世話人代表) 
江田洋一 江田五月議員秘書 
大塚照代 神本美恵子議員秘書 
塩田三恵子 大河原雅子前参議院議員秘書             (合計 11名)[15][16][17]

日本政府へ公式謝罪要求[編集]

2009年5月6日に平頂山事件について日本政府に公式謝罪を民主党の訪中した両院議員団24名で要求した。

参加議員は
衆議院議員
逢坂誠二郡和子近藤昭一佐々木隆博篠原孝田島一成筒井信隆平岡秀夫山田正彦横光克彦
参議院議員
相原久美子犬塚直史岡崎トミ子神本美恵子今野東谷岡郁子中村哲治那谷屋正義白眞勲藤谷光信松浦大悟松岡徹松野信夫水岡俊一 [18]


  • 2010年5月24日、旧日本軍遺棄化学兵器被害者の医療保障と生活保障を求める集会で挨拶を行った[19]
  • 2010年10月4日、東京永田町の参議院議員会館で開催された「平頂山事件・国会議員と共に幸存者の要求の実現を考える院内集会」に参加[20]

武力攻撃自体対処関連三法への反対[編集]

慰安婦問題[編集]

  • 2008年8月11日福岡市カトリック教会で開催されたシンポジウム「アメリカ議会決議1周年を迎えて 『慰安婦』問題の解決へ向けいま私たちができること」に参加し、国会でのとりくみや課題などについて報告し、[28]

「戦時性的強制被害者問題解決促進法案」への賛同を訴えた[29]

  • 2010年4月21日姜日出を招いた「戦時性的強制被害者問題解決促進法案提出」提出十周年記念集会に参加し、戦時性的強制被害者問題解決促進法案の成立を目指す強い思いを語った[30]

所属団体・議員連盟[編集]

役職[編集]

参議院
  • 文教科学委員会・理事[2]
  • 行政監視委員会・委員[2]
  • 東日本大震災復興及び原子力問題特別委員会・委員[2]
民主党
  • 民主党副代表[2]
  • 民主党男女共同参画推進本部長[2]
  • 民主党新緑風会副会長[2]
  • 参議院比例区第31総支部代表[2]

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 神本美恵子 公式ページ
  2. ^ a b c d e f g h i j k 公式プロフィール
  3. ^ 2013参院選 毎日新聞候補者アンケート
  4. ^ 神本みえ子 公式サイト 政策 > あんしん(平和)[1]
  5. ^ 第162回国会 - 参議院 - 少子高齢社会に関する調査会 - 8号 平成17年05月18日
  6. ^ 女性差別撤廃条約選択議定書の早期批准にむけて意見交換
  7. ^ 神本みえ子 公式サイト 今年は戦後60年、被害者に70年はない [2005年2月28日] [2]
  8. ^ 神本みえ子 公式サイト 国会活動 2007年5月21日(月)[3]
  9. ^ 神本みえ子 公式サイト[4] 教育基本法「改悪」ストップ!
  10. ^ 神本みえ子 公式サイト6.5「教育関連三法案」阻止!中央集会請願デモでシュプレヒコール
  11. ^ 神本みえ子 公式サイト "朝鮮学校にも『高校無償化』を求める要請行動に参加" [5]
  12. ^ アニメ・漫画・ゲームも「準児童ポルノ」として違法化訴えるキャンペーン MSとヤフーが賛同 - ITmedia News [6] "民主党の神本美恵子参院議員は、近く同党内に作業チームを立ち上げ、児童ポルノ問題について具体的な協議を始めると説明。「単純所持の違法化と、架空のものが大きな論点になるだろう。ゲームの中で児童はひどい虐待を受けており、しかも児童は『虐待を受けて良かった』という作りになっている」と批判した。"
  13. ^ 神本みえ子 公式サイト 政策 > あんしん(平和)[7]
  14. ^ 神本みえ子 公式サイト 中国の細菌戦被害者、研究者と一緒に参院議長を訪問
  15. ^ 聯合ニュース日本語電子版「韓国女性家族部長官が日本議員と面談=慰安婦問題で」
  16. ^ 女性家族部長官、日本政府に日本軍慰安婦被害者問題解決要求
  17. ^ 第3回 韓国訪問報告書 [8]
  18. ^ http://news.liao1.com/newspage/2009/05/4286321.html
  19. ^ 神本みえ子 公式サイト 旧日本軍遺棄化学兵器被害者の医療・生活保障を求める集会であいさつ
  20. ^ 神本みえ子 公式サイト 平頂山事件の院内集会であいさつ
  21. ^ 読売新聞 2003年6月13日
  22. ^ 産経新聞 記事
  23. ^ 神本みえ子 公式サイト "人権教育と慰安婦問題で政府の姿勢を質す" [2004年3月18日][9]
  24. ^ 民主党:岡崎副代表、戦時性的強制被害者問題解決促進法案早期成立へ決意 [10]
  25. ^ 神本みえ子 公式サイト "官房長官、「心より反省し、お詫び申し上げる」 [2004年12月3日]" [11]
  26. ^ 民主党:民主党などが「戦時性的強制被害者問題解決促進法案」を再提出 [12]
  27. ^ 神本みえ子 公式サイト [13]
  28. ^ 神本みえ子 公式サイト [14]
  29. ^ [15]
  30. ^ 週刊かけはし(日本革命的共産主義者同盟 (JRCL)発行) 「戦時性的強制被害者問題解決促進法案」の成立今こそ[16]
  31. ^ 聯合ニュース日本語電子版「韓国女性家族部長官が日本議員と面談=慰安婦問題で」
  32. ^ 女性家族部長官、日本政府に日本軍慰安婦被害者問題解決要求
  33. ^ 聯合ニュース日本語電子版「韓国女性家族部長官が日本議員と面談=慰安婦問題で」
  34. ^ 女性家族部長官、日本政府に日本軍慰安婦被害者問題解決要求
  35. ^ 第3回 韓国訪問報告書 [17]
  36. ^ 政治分野における女性の参画と活躍を推進する議員連盟(副会長)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
笠浩史林久美子
日本の旗 文部科学大臣政務官
城井崇と共同

2011年 - 2012年
次代:
那谷屋正義村井宗明
議会
先代:
大島九州男
日本の旗 参議院内閣委員会委員長
2016年
次代:
難波奨二
先代:
家西悟
日本の旗 参議院決算委員会委員長
2009年 - 2010年
次代:
鶴保庸介