家西悟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
家西悟
いえにし さとる
生年月日 (1960-05-06) 1960年5月6日(58歳)
出生地 京都府
出身校 宇治市立西宇治中学校
所属政党 旧民主党→)
民主党菅グループ

選挙区 比例区
当選回数 1回
在任期間 2004年7月26日 - 2010年7月25日

選挙区 比例近畿ブロック
当選回数 2回
在任期間 1996年10月 - 2003年10月10日
テンプレートを表示

家西 悟(いえにし さとる、1960年5月6日 ‐ )は、日本政治家参議院議員(1期)。衆議院議員(2期)を務めた。

経歴[編集]

1989年(平成元年)に、大阪HIV薬害訴訟に原告として参加して、1995年(平成7年)には、同訴訟の原告代表となる。翌年の1996年(平成8年)3月に同訴訟が和解すると、同年10月に行われた第41回衆議院議員総選挙奈良1区旧民主党から立候補。最下位で落選するも、重複立候補していた比例近畿ブロックで名簿順位第1位に記載されていたため、復活し初当選。1999年国旗及び国歌に関する法律案本会議における採決で反対票を投じ2000年(平成12年)6月の第42回衆議院議員総選挙では、比例近畿ブロック単独で民主党より立候補して、第4位で再選。2003年(平成15年)の第43回衆議院議員総選挙では、民主党が比例単独立候補を認めない方針となり立候補を断念。2004年(平成16年)の第20回参議院議員通常選挙に、比例区で民主党より立候補し、第4位で当選して、参議院議員となる。

参議院では、財政金融委員長、決算委員長を歴任[1]

2010年(平成22年)の第22回参議院議員通常選挙に、民主党の比例区から出馬し落選。

政治資金[編集]

政策[編集]

著書[編集]

  • 「お前は忘れても、俺は忘れへん―『薬害エイズ』絶望からの闘い 史上最悪の医療犯罪の真実」、ロングセラーズ、1997年。
  • 「家西悟全記録―薬害エイズと闘う」、解放出版社、2000年。
  • 「妻よ娘よ、きみと生きたい」、小学館、2001年。

脚注[編集]

  1. ^ 薬害エイズとの戦い:講師紹介
  2. ^ パーティ券リストの面々 しんぶん赤旗 2003年9月12日
  3. ^ 国会議員署名これまでと今後の展望 - 空港はいらない静岡県民の会(2009年3月7日時点のアーカイブ
  4. ^ 「2010参院選 候補者アンケート」毎日jp (毎日新聞社)、2010年6月26日。

関連項目[編集]

議会
先代:
小川敏夫
日本の旗 参議院決算委員長
2009年
次代:
神本美恵子
先代:
池口修次
日本の旗 参議院財政金融委員長
2006年 - 2007年
次代:
峰崎直樹