足立康史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
足立 康史
あだち やすし
生年月日 (1965-10-14) 1965年10月14日(51歳)[1]
出生地 日本の旗 大阪府泉大津市[2][3]
出身校 京都大学工学部
京都大学大学院工学研究科修士課程
コロンビア大学大学院修士課程
前職 国家公務員(通商産業省・経済産業省[4]
現職 厚生労働委員会
国土交通委員会
災害対策特別委員会
所属政党 みんなの党→)
旧日本維新の会→)
維新の党→)
(おおさか維新の会→)
日本維新の会
称号 学士(工学)
工学修士
公式サイト 足立やすし公式サイト

選挙区 大阪9区→)
比例近畿ブロック
当選回数 2回
在任期間 2012年 - 現職
テンプレートを表示

足立 康史(あだち やすし、1965年10月14日 - )は、日本政治家、通産・経産官僚日本維新の会所属の衆議院議員(2期)。

来歴[編集]

大阪府泉大津市に生まれ、茨木市で育つ。大阪府立茨木高等学校京都大学工学部卒業。1990年、同大学大学院工学研究科修士課程修了(学位論文は「空間相互作用をとりいれた地域モデルの推定法」)。1990年、通商産業省(現:経済産業省)に入省。1998年アメリカ合衆国コロンビア大学国際関係公共政策大学院修士課程を修了。2011年3月、退官。退官後はみんなの党に入党したが、2012年9月にみんなの党を離党[5]し、日本維新の会の結党に参加した。同年の第46回衆議院議員総選挙では、大阪9区から日本維新の会公認で出馬し[6]自由民主党元職の原田憲治民主党前職の大谷信盛らを破り、初当選した(原田は比例復活)。

2014年の日本維新の会分党に際しては、橋下徹大阪市長による新党結成を目指すグループに参加[7]。分党後の日本維新の会を経て、結いの党の合流による維新の党の結党に参加した。同年の第47回衆議院議員総選挙では、維新の党公認で大阪9区から出馬し、自民党前職の原田に約4千票の僅差で敗れたが、重複立候補していた比例近畿ブロックで復活し、再選。

政策・主張[編集]

不祥事[編集]

公職選挙法違反[編集]

2012年第46回衆議院議員総選挙において、足立陣営の運動員の女性3人に対し、足立への投票を呼びかける電話作戦を行う見返りに時給約800円で換算した報酬を支払う約束をした運動員が、公職選挙法違反(買収約束)容疑で逮捕された[13]

元事務員との残業代訴訟[編集]

2013年1月から2014年12月まで足立の事務所で勤務していた女性が未払いの残業代やパワハラに対する慰謝料などを求めて訴訟を行い、2015年6月26日に足立が謝罪するなどの内容で和解した。[14]

公述人への問題発言[編集]

2016年2月24日、衆議院予算委員会中央公聴会で、公述人として招かれた郷原信郎に対し「民主党に利する発言をしてきたあなたはどういうつもりで来たのか」「郷原弁護士は専門家でなく政治屋だ、売名だ」などと発言[15]。衆院予算委理事会からおおさか維新の会の予算委メンバーを通じて厳重注意を受けると共に、委員長の竹下亘が郷原に謝罪することとなり[16]、衆議院事務局に懲罰動議が提出された[17]

人物[編集]

民進党への暴言[編集]

足立は、維新の党時代より民主党と激しく対立しており、特におおさか維新の会結党後は民主党・民進党に対して激しい批判・非難を行い、度々民進党側から問題視されているほか、衆議院総務委員会や自身が所属するおおさか維新の会(現日本維新の会)からも発言における品位の欠如について注意を受けている。

2016年4月7日、衆議院総務委員会において、民進党の野党時代に行っていたことと現在の主張や態度の酷さに対し、自分のこの発言も問題があるとした上で、「民進党はあほじゃないか。あほです。あほ」などと発言した。この発言には委員長の遠山清彦から「発言は良識の範囲内で」と注意をされたが、それでも態度を改めず「こんな政党は日本の恥だ。あほ、ばか、どうしようもない」と続けた[19]。4月8日に懲罰動議が提出され[20]、おおさか維新の会の遠藤敬国対委員長は品位を欠く不快な発言で、本人に注意したと衆院議院運営委員会理事会で説明したものの[21]、足立は「事実誤認はない」として議事録からの削除を拒否。民進党が懲罰動議を提出した事自体が懲罰に値すると発言した[22][23]。4月21日には衆議院総務委員会で「民進党は(熊本地震対応の)足を引っ張っている。ふざけるなよ、お前らホンマに」といった発言を繰り返した[24]

この発言について、民進党は22日、足立に対して三度目となる懲罰動議を提起した[25]。おおさか維新の会の馬場伸幸幹事長は「特定の個人を侮辱するような不適切発言については党としても遺憾だ」と強調し、今国会中は足立氏を質問に立たせない方針も明らかにしたが、民進党に対する謝罪は拒否した[26]

ところが馬場は25日、足立不在の中で、「誹謗中傷というような発言を繰り返しまして、きょうはそのことについて謝罪にお邪魔した」と公式に謝罪、民進党の枝野幸男幹事長は「単なる批判とか意見の違いを超えている」「国会の権威に関わる。二度とないようにしてもらいたい」と応えた[27][28]

5月15日、足立は東京都内で「関西ではアホは敬称だ。関西で最も尊敬されている方の一人に『アホの坂田』さんがいる。だからアホは敬称だ」と釈明した[29]

同年11月13日にはツイッターで、ドナルド・トランプの「米墨国境に壁を作る。不法移民は100万人単位で送還する」を引き「犯罪歴のある国会議員も強制送還すべきだ。民進党の……」[30](原文ママ 特定個人を名指しはしていない)。

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 時事ドットコム:衆議院議員選挙2012
  2. ^ 足立康史君 - 衆議院
  3. ^ 足立康史: 大阪9区 : プロフィル : 衆院選2012 : 衆院選 : 選挙 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
  4. ^ 2012衆院選 大阪9区 足立 康史 - 毎日jp(毎日新聞)
  5. ^ 18時台の特集/2012年10月12日放送のバックナンバー|スーパーニュース アンカー
  6. ^ 公認発表一覧 | 日本維新の会 - 維新八策LIVE
  7. ^ “日本維新の会分党 「石原新党」に23人”. ハフィントンポスト. (2014年6月6日). http://www.huffingtonpost.jp/2014/06/05/ishin-breakup_n_5456685.html 2015年4月26日閲覧。 
  8. ^ a b c d “2012衆院選 大阪9区 足立 康史”. 毎日jp (毎日新聞社). http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_area_meikan.html?mid=A27009004004 2014年12月19日閲覧。 
  9. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査
  10. ^ “維新議員、秘書残業代不払い宣言 「労基法は現実に合わない」”. 共同通信. (2015年3月25日). http://www.47news.jp/CN/201503/CN2015032501001764.html 2015年3月26日閲覧。 
  11. ^ “足立康史・衆院議員、元秘書から残業代700万円支払い求められ「ふざけるな」(発言要旨)”. ハフィントンポスト. (2015年3月27日). http://www.huffingtonpost.jp/2015/03/26/adahi-yasushi-zangyodai_n_6952478.html 2015年5月6日閲覧。 
  12. ^ “2015年3月25日 衆議院 厚生労働委員会 所信質疑 維新の党 足立康史 派遣法と労働基準法、医療介護保険と法人制度”. YOUTUBE. (2015年3月25日). https://www.youtube.com/watch?time_continue=4&v=qX7NtHUkqjg 2015年5月6日閲覧。 
  13. ^ “買収逮捕 「維新」が大半 4陣営6人 連座制適用の可能性も”. しんぶん赤旗. (2012年12月30日). http://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2012-12-30/2012123010_01_1.html 2015年5月6日閲覧。 
  14. ^ “維新・足立議員、元事務員との残業代訴訟和解 大阪地裁”. 産経新聞. (2015年6月26日). http://www.sankei.com/west/news/150626/wst1506260090-n1.html 2016年8月21日閲覧。 
  15. ^ 衆議院の品位を傷つけたのは誰か ―民主主義を破壊する郷原公述人と民主党― 衆議院議員 あだち康史 Official Website 2016年2月26日
  16. ^ “おおさか維新議員を注意へ 有識者に問題発言”. 朝日新聞デジタル. (2016年2月25日). http://www.asahi.com/articles/ASJ2T6JT9J2TUTFK00V.html 
  17. ^ “おおさか・足立氏に懲罰動議=公述人に問題発言—民維”. wsj.com (ウォール・ストリート・ジャーナル). (2016年2月26日). http://jp.wsj.com/articles/JJ11905125093796913708018108402571136952299 2016年4月21日閲覧。 
  18. ^ 年4回の「懲罰動議」新記録 維新・足立康史議員の言動は何が問題になったのか産経新聞 2016年12月17日
  19. ^ 維新・足立議員がまた暴言「民進党は国会の恥だ、あほ」 日刊ゲンダイ2016年4月8日
  20. ^ “「民進党はあほ、どうしようもない」と暴言 おおさか維新・足立氏に懲罰動議「特定の政党に対する誹謗中傷」”. 産経新聞. (2016年4月8日). http://www.sankei.com/politics/news/160408/plt1604080026-n1.html 2016年4月21日閲覧。 
  21. ^ “おおさか足立氏に再び懲罰動議=民進が「あほ」発言で”. wsj.com (ウォール・ストリート・ジャーナル). (2016年4月8日). http://jp.wsj.com/articles/JJ11647611615070794352119642617331709788031 2016年4月21日閲覧。 
  22. ^ “「民進党はあほ」発言のおおさか維新の足立氏 陳謝するも「事実誤認は見当たらない」”. 産経新聞. (2016年4月8日). http://www.sankei.com/politics/news/160408/plt1604080032-n1.html 2016年4月21日閲覧。 
  23. ^ “「あほ」連発のおおさか維新・足立氏、謝罪も議事録削除に応じず 「民進党の懲罰動議自体が懲罰に値する」”. 産経新聞. (2016年4月8日). http://www.sankei.com/west/news/160408/wst1604080052-n1.html 2016年4月21日閲覧。 
  24. ^ “「『民進党はあほ』がダメで、なぜ『日本死ね』はいいの?」 おおさか維新の“最終兵器”に再び委員会騒然 「政界引退」にも言及”. 産経新聞. (2016年4月21日). http://www.sankei.com/politics/news/160421/plt1604210024-n1.html 2016年4月21日閲覧。 
  25. ^ 「ふざけるなよ」“暴言”議員に…3度目の懲罰動議 テレビ朝日 2016年4月22日
  26. ^ あほ発言のおおさか維新・足立氏に党が厳重注意 「今国会中はおとなしくしてもらう」 産経新聞 2016年4月22日
  27. ^ 「ふざけるなよ」暴言で おおさか維新、民進に謝罪 テレビ朝日 2016年4月25日
  28. ^ おおさか維新、民進に謝罪「あほ」発言、足立氏不在 スポーツニッポン 2016年4月25日
  29. ^ “「関西ではアホは敬称。アホの坂田さんがいる」 “謹慎中”のおおさか維新・足立氏、学生との交流で釈明”. 産経新聞. (2016年5月15日). http://www.sankei.com/politics/news/160515/plt1605150016-n1.html 2016-05016閲覧。 
  30. ^ adachiyasushiのツイート (798041827110625280)

外部リンク[編集]