馬場伸幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
馬場 伸幸
ばば のぶゆき
Nobuyuki Baba.20210915.jpg
2021年9月15日、内閣総理大臣官邸にて
生年月日 (1965-01-27) 1965年1月27日(57歳)
出生地 日本の旗 日本 大阪府堺市
(現・西区鳳)
出身校 大阪府立鳳高等学校卒業
前職 オージーロイヤル従業員
中山太郎参議院議員公設秘書
所属政党自由民主党[1]→)
大阪維新の会→)
旧日本維新の会→)
維新の党→)
(おおさか維新の会→)
日本維新の会
配偶者 あり(再婚)
公式サイト 日本維新の会 衆議院議員 馬場伸幸

選挙区 大阪17区
当選回数 4回
在任期間 2012年12月17日[2] - 現職

堺市旗 第76代 堺市議会議長
在任期間 2011年 - 2012年

堺市旗 堺市議会議員
選挙区 西区選挙区
当選回数 6回
在任期間 1993年 - 2012年

その他の職歴
Japan Innovation Party.svg 第3代 日本維新の会代表
2022年8月27日 - 現職)
テンプレートを表示

馬場 伸幸(ばば のぶゆき、1965年1月27日 - )は、日本政治家日本維新の会所属の衆議院議員(4期)、日本維新の会代表(第3代)、大阪維新の会副代表。

堺市議会議長(第76代)、同副議長(第76代)、堺市議会議員(6期)、維新の党国会対策委員長、日本維新の会幹事長、同共同代表などを歴任。

来歴[編集]

大阪府堺市出身。府立鳳高校卒業。両親が飲食店を経営していたこともあり若い頃は飲食店の経営者を志し、当時関西地区でロイヤルホストを運営していた「オージー・ロイヤル」(現ロイヤルフードサービス)に就職。大阪市内の店舗に配属され、入社2年後には調理師免許を取得。同社での3年弱の勤務を経て、親の勧めもあり1986年2月から中山太郎参議院議員の秘書を務める[3][4]

政界入り[編集]

1993年堺市議会議員補欠選挙に出馬し、初当選。以後2012年まで6期19年にわたり堺市議を務め、2006年から2007年まで副議長、2011年から2012年まで議長をそれぞれ務めた。市議時代は長らく自由民主党に所属していたが、2010年に離党し、大阪維新の会の結成に参加した。2011年より大阪維新の会副代表を務める。

国会議員就任[編集]

2012年、堺市議を辞職。同年の第46回衆議院議員総選挙旧日本維新の会公認で大阪17区から出馬し、自由民主党元職の岡下信子民主党から日本未来の党へ鞍替えした前職の辻恵らを破り初当選した[5]。なお大阪17区は、太陽の党から日本維新の会へ合流した元職の西村眞悟のかつての選出選挙区であったが、西村は選挙区調整により比例近畿ブロック単独2位に回り、当選した。

2014年7月、日本維新の会の分党に際しては橋下徹大阪市長による新党結成を目指すグループに参加[6]。分党後の日本維新の会では、国会議員団総務会長代理及び組織委員長に起用された。同年9月、結いの党・日本維新の会の合流により維新の党の結党に参加し、国会議員団党紀委員長及び組織局長に就任[7][8]。同年12月の第47回衆議院議員総選挙では、大阪17区で自民党新人の岡下昌平を約7千票差で破り、再選。選挙後の執行役員会で国会議員団制が廃止され、新たに維新の党国会対策委員長に起用された。

2015年8月、維新の党の分裂に際し、橋下の新党への参加を表明し、9月8日に国会対策委員長を解任された[9]

10月14日付で、維新の党を除籍処分となった[10][11]。しかし馬場ら除籍された162人と、既に離党した橋下らは、松野頼久執行部の任期は9月で切れているため処分は無効と主張。10月24日、独自に臨時党大会を開き、馬場が代表に選出された[12][13]。松野側はこの決定を認めていなかったが、最終的に次の野党再編まで大阪側が維新を名乗る事を認め、政党交付金を議員数に応じて配分することで合意した[14]

12月13日、おおさか維新の会の幹事長に内定[15]同25日に正式に入党したことにより就任した[16]

2017年10月の第48回衆議院議員総選挙で3選[17]2021年10月、第49回衆議院議員総選挙で4選[18]

2021年11月30日、日本維新の会共同代表および国会議員団代表に就任した[19]

2022年7月、日本維新の会代表の松井一郎が辞任を表明。8月2日、松井の辞任に伴う党代表選への出馬を表明し、次期衆院選での野党第一党獲得等の目標を掲げた[20]。8月27日の投開票の結果、松井らの支持を受けた馬場が有効投票数10,825票中8,527票(得票率78.8%)を獲得し、同日代表に就任した[21]

政策・主張[編集]

憲法[編集]

  • 9条改憲について、2021年の毎日新聞社のアンケートで、選択肢以外の回答をした[24]
  • 改正すべき項目として「自衛隊の保持を明記する」「教育の充実に向けた環境整備を行う旨を明記する」「首相公選制を導入する」「地方公共団体の権限強化を明記する」「憲法裁判所を設置する」「緊急事態に関する条項を新設する」と主張[23]
  • 憲法を改正し緊急事態条項を設けることについて、2021年の毎日新聞社のアンケートで、選択肢以外の回答をした[24]

外交・安全保障[編集]

  • 安全保障関連法の成立について、2017年のアンケートで「どちらかと言えば評価する」と回答[22]
  • 「他国からの攻撃が予想される場合には敵基地攻撃もためらうべきではない」との問題提起に対し、2017年、2021年のアンケートで「どちらかと言えば賛成」と回答[22][23]
  • 北朝鮮に対しては対話よりも圧力を優先すべきだ」との問題提起に対し、2017年のアンケートで「賛成」と回答[22]。2021年のアンケートで「どちらかと言えば賛成」と回答[23]
  • 日本の核武装について、2021年の毎日新聞社のアンケートで「今後の国際情勢によっては検討すべきだ」と回答[24]

ジェンダー[編集]

  • 選択的夫婦別姓制度の導入について、2010年に堺市議会において、反対する意見書を提出した[25]。2017年のアンケートで「どちらかと言えば反対」と回答[22]。2021年のアンケートで「どちらかと言えば賛成」と回答[23]
  • 同性婚を可能とする法改正について、2017年のアンケートで「反対」と回答[22]。2021年のアンケートで「どちらかと言えば賛成」と回答[23]
  • LGBTなど性的少数者をめぐる理解増進法案を早期に成立させるべきか」との問題提起に対し、2021年のアンケートで「どちらかと言えば賛成」と回答[23]
  • クオータ制の導入について、2021年のアンケートで「反対」と回答[24]

その他[編集]

  • アベノミクスについて、2017年のアンケートで「どちらかと言えば評価する」と回答[22]
  • 森友学園を巡る公文書改竄問題で、財務省が開示を拒んでいた「赤木ファイル」が2021年6月22日、大阪地裁の命令によって公開された[26]。国の対応をどう考えるかとの問いに対し、2021年の毎日新聞社のアンケートで、選択肢以外の回答をした[24]
  • 「治安を守るためにプライバシーや個人の権利が制約されるのは当然だ」との問題提起に対し、2017年のアンケートで「どちらとも言えない」と回答[22]
  • 首相の靖国神社参拝について、2017年のアンケートで「どちらとも言えない」と回答[22]

人物[編集]

橋下徹と関係が深く[29]、側近の一人とされる[30]。橋下が一度引退を表明した際、「(橋下代表が)政界を去って、この日本になんのプラスもない。特に大阪は橋下代表抜きでやっていけるのか」と述べた[31]。また、福岡市内で行われた講演会では、「橋下徹というのは逆境に追い込まれれば追い込まれるほど力を発揮する。今回の維新の党の分裂騒動もそういう意味では、彼のファイティングスピリッツに火を付けていると思う」「橋下徹さんが一度引退するということは動かしようのない事実だ。そのあとどうなるか。大阪都構想をリニューアルして、新大阪都構想を作り、それを実現して日本を大阪から変えていきたいという思いは、最近ふつふつと沸き立っているふうに私からは見える。来年の参院選、同時に行われるかもしれないが、参院選の後に行われる衆院選挙、どちらかの国政選挙で政界に復帰してくれると固く信じている。」と述べた。[32]

維新が結党される前の2009年堺市長選挙においては、当時自民党の堺市議だった馬場は後に維新を旗揚げすることになる府議らや橋下の推す竹山修身を支援せず、他党との相乗りで現職の木原敬介陣営についており、2022年日本維新の会代表選挙では当時の遺恨が残る一部府議らが馬場への対抗馬として東徹総務会長の擁立を模索した[21]。一方で松井は2015年の旧維新の党分裂の際に馬場が事態収拾の前面に立っていたことや、松井の代表就任後は党幹事長として国政選挙の公認候補者探しに奔走していたことから、周囲には「馬場ちゃんだけが、汗をかいてきた」と語っており、東を支持する府議らに自ら電話するなどの切り崩しを図り、東は立候補を断念した[21]

実践倫理宏正会と縁が深く、「40年近く会員」であるという[33][34]

離婚歴があり、再婚である[35]

馬場の両親は料理人であった。現在、実家の料理店は龍谷大学経済学部卒業の実兄が経営しており、堺市西区鳳南町にある日本料理店「竜起」である[36]。この店では馬場が2020年3月に大阪府知事がコロナ禍で会食の自粛要請の中、友綱部屋の力士と食事会をしていた[37][38]

発言[編集]

  • 2013年の堺市長選挙において、8月26日南海電気鉄道堺東駅前で行われた街頭演説で、竹山修身市政を批判し「あの市役所(堺市役所)にはみなさまがたの税金をむしゃむしゃ食べまくった太った豚がいます」「この太った豚を追い出し、自分たちのことは自分で考える堺をみなさまの手で作っていただきたいと思う」と竹山を揶揄した[39]
  • 2020年7月に「高齢者は見るからにゾンビ」「寝たきり高齢者はどこかに棄てるべき」などの優生思想的な主張を繰り返していた医師[40]らが筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者の女性に薬物を投与して死なせたとして逮捕される事件が報じられると、ALS患者の舩後靖彦参議院議員(れいわ新選組)は「当事者の立場から強い懸念を抱いている。『死ぬ権利』よりも『生きる権利』を守る社会にすることが大切だ」というコメントを出した。馬場はこの舩後のコメントに対し、「議論の旗振り役になるべき方が議論を封じるようなコメントを出している。非常に残念だ」「れいわの議員は積極的に国会で議論する役目がある」と批判した。この馬場の発言に対し松井一郎代表は、「非常に問題がある」「僕は舩後議員に賛同する。声明は議論を止めていることにはならないと思う。馬場氏に勘違いがあったなら、(発言の)誤解を解くべきだ」と述べた[41][42]
  • 2022年6月4日京都タワー前の街頭演説で、第26回参議院議員通常選挙比例区に擁立予定の神谷ゆりの名前を間違えた際、「あまりにかわいいんで間違えた」と発言した。記者団に発言の意図を問われた馬場は「名前を間違えたのでリップサービスで申し上げた。容姿を言った訳ではない」と釈明した[43]

旧統一教会との関係[編集]

2022年8月2日、日本維新の会国会議員団が発表した「世界平和統一家庭連合(旧統一教会)および関連団体との関わりについての調査」において、世界平和統一家庭連合の関連団体である世界平和女性連合のイベントに出席していたこと、および旧統一教会系の世界日報から憲法改正や国民投票法に関する取材を受けていたことが公表された[44]

不祥事[編集]

暴力団関係企業からの献金
堺市議会議員を務めていた2007年、馬場が支部長を務めていた「自由民主党大阪府堺市第12支部」が、大阪府警により暴力団関連企業に指定されている大阪府内の警備会社から12万円の献金を受けた[45][46][47]
迂回献金
堺市議会議員を務めていた2009年、馬場が支部長を務めていた「自由民主党大阪府堺市第12支部」を迂回させる形で、自身の資金管理団体に373万円を還流させて所得税の控除を受けていた[48][49]
自治会からの献金
2012年の第46回衆院選直前の11月24日、馬場が代表を務める「日本維新の会衆議院大阪府第17選挙区支部」が約1千世帯が加入する堺市西区内の自治会から50万円の献金を受けていた。自治会側は役員会で献金を決めたが、他の自治会員には一切知らせていなかった。政治資金規正法では自治会の献金を禁じる規定はないが、市側は「自治会は公共性が高く、好ましくない」との見解を示し、馬場は返金する意向を示した[50]
政治資金収支報告書の記載問題
2021年11月26日、総務省が前年分の政治資金収支報告書を公表。同年11月30日、大阪府選挙管理委員会が同報告書を公表。これにより、旧村上ファンドの村上世彰が日本維新の会に対し、党本部に2,000万円、馬場が代表を務める「日本維新の会衆議院大阪府第17選挙区支部」に150万円、あわせて2,150万円の寄付をしていたことが明らかとなった[51][52]
政治資金規正法では、個人からの政党への寄付の上限は、支部も含めて年間2,000万円と定められており、12月3日、しんぶん赤旗などが違法性を指摘。また、馬場が11月30日付で党の共同代表に就任していたことから、馬場の責任も追及した。12月8日、日本維新の会は、同党支部が受け取った150万円は、馬場の個人後援会に寄付されたものだったと発表。党支部と後援会の政治資金収支報告書を訂正した。馬場は「事務的なミス」と説明した[53]。これを受け松井一郎代表は「事務手続きを間違えたと聞いているが、それも含めて非常に問題だ」と述べ、馬場に対し厳重に注意したことを明らかにした[54]

政策活動費を巡る批判[編集]

  • 2020年に維新の会は政策活動費の名目で馬場ら党幹部に4,497万円を支出しており、このうち4,280万円は馬場への支出だった。2019年にも馬場らに5,868万円が支出されており、維新の創設者である橋下徹は2021年11月にtwitter上で「非公開で法にのっとって適切に処理しているという態度は維新ではない。古い永田町住人そのものだ」と指摘し、使途の公開を要求[55]。橋下は「維新国会議員幹部の数千万円の交際費的な金の使い方について組織内でチェックできないというのは異常な状況です」「これまでの維新国会議員団(オールド維新)も含めて、自分たちが税金をムシャムシャ食べることについては与野党から全く改革の声が上がらない」とも述べたが、維新代表の松井一郎は政策活動費の原資は寄付などを充てており税金ではないと釈明し、「選挙に向けて人材発掘にもお金がかかった。実際に組織を動かす時、領収書の必要のない経費も必要」とも述べ馬場を擁護した[56]。その後、松井は12月9日の記者会見で「領収書をもらえない支出もあるが、もらえる支出は領収書を公開する」と述べ、会食時の利用を例に挙げ、支出内容を一部公開する意向を示し軌道修正を図ったが、会食相手や店名などは非公開にするとも述べた[57]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 朝日新聞デジタル:第46回総選挙
  2. ^ 平成24年12月17日大阪府選挙管理委員会告示第119号(衆議院小選挙区選出議員選挙における当選人の決定) : 『大阪府公報』 平成24年12月19日 第3768号
  3. ^ 維新・馬場伸幸新代表は「8番キャッチャー」実務型 「4番サード」松井一郎氏の路線継承を強調”. 日刊スポーツ (2022年8月27日). 2022年8月28日閲覧。
  4. ^ “元ロイホのコック「経験、政治に生きている」 維新の馬場新代表”. 西日本新聞. (2022年8月27日). https://www.nishinippon.co.jp/item/n/979396/ 2022年8月28日閲覧。 
  5. ^ 平成24年(2012年)12月17日大阪府選挙管理委員会告示第119号(衆議院小選挙区選出議員選挙における当選人の決定)
  6. ^ “日本維新の会分党 「石原新党」に23人”. ハフィントンポスト. (2014年6月6日). http://www.huffingtonpost.jp/2014/06/05/ishin-breakup_n_5456685.html 2015年4月26日閲覧。 
  7. ^ 国会議員団役員|役員・議員|維新の党
  8. ^ 維新の党 衆議院議員・馬場伸幸 | 略歴・役職
  9. ^ “維新が柿沢幹事長を解任、後任に今井氏 馬場・片山氏も更迭”. 日本経済新聞. (2015年9月8日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS08H61_Y5A900C1PP8000/ 2015年9月8日閲覧。 
  10. ^ “【2015.10.15】 松野頼久代表 定例会見”. YouTube/維新の党. (2015年10月15日). https://www.youtube.com/watch?v=HN1MzwdjzSQ&feature=youtu.be 2015年10月24日閲覧。 
  11. ^ “維新:議員162人除籍 大阪側「処分無効」と反発”. 毎日jp (毎日新聞社). (2015年10月15日). http://mainichi.jp/select/news/20151016k0000m010065000c.htmle 2015年10月24日閲覧。 
  12. ^ 維新の党 衆議院議員 馬場伸幸 - Facebook 馬場伸幸
  13. ^ “維新の党 除籍処分の議員らが解党を決議 10月24日 19時31分”. 日本放送協会. (2015年10月24日). https://megalodon.jp/2015-1024-1951-15/www3.nhk.or.jp/news/html/20151024/k10010281461000.html 2015年10月24日閲覧。 
  14. ^ “維新、「円満解散」で決着 政党交付金は議員数で配分”. 朝日新聞. (2015年12月8日). オリジナルの2015年12月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151210182811/http://www.asahi.com/articles/ASHD84HH1HD8UTFK004.html 2015年12月11日閲覧。 
  15. ^ おおさか維新の会 後任の代表に松井知事NHK2015年12月13日閲覧
  16. ^ おおさか維新に馬場氏ら3議員正式入党 産経新聞
  17. ^ 大阪-開票速報-2017衆議院選挙(衆院選):朝日新聞デジタル
  18. ^ 衆議院選挙2021 大阪(堺・岸和田など)開票速報・選挙結果”. 衆議院選挙2021特設サイト. NHK. 2021年11月1日閲覧。
  19. ^ “維新・馬場幹事長、共同代表に 幹事長は衆院当選2回の藤田氏”. 共同通信. (2021年11月30日). https://nordot.app/838381068456312832?c=39550187727945729 2021年11月30日閲覧。 
  20. ^ “維新 馬場伸幸共同代表 代表選への立候補を表明氏”. NHK. (2022年8月2日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220802/k10013747981000.html 2022年8月2日閲覧。 
  21. ^ a b c “【旗印なき継承 維新代表選】㊤「動くな」松井氏自ら切り崩し 党内融和に腐心の船出”. 産経新聞. (2022年8月27日). https://www.sankei.com/article/20220827-N7LC744LW5OVZNOAHQCVU2TU6Y/ 2022年8月30日閲覧。 
  22. ^ a b c d e f g h i j 馬場伸幸”. 2017衆院選 候補者アンケート(朝日・東大谷口研究室共同調査). 朝日新聞社. 2021年10月22日閲覧。
  23. ^ a b c d e f g h 馬場伸幸”. 朝日・東大谷口研究室共同調査 - 2021衆議院選挙. 朝日新聞社. 2021年10月22日閲覧。
  24. ^ a b c d e 維新 大阪17区 馬場伸幸”. 第49回衆院選. 毎日新聞社. 2022年6月7日閲覧。
  25. ^ 夫婦別姓制度導入に反対する意見書、堺市議会、2010年6月18日。
  26. ^ 原田晋也、皆川剛 (2021年6月23日). “森友問題「赤木ファイル」黒塗りでも読み解けたこと、残った謎 安倍昭恵氏の削除は初日に指示”. 東京新聞. https://www.tokyo-np.co.jp/article/112153 2021年9月21日閲覧。 
  27. ^ “維新、毎月1人18万円を被災地に寄付 1月から”. 日本経済新聞. https://r.nikkei.com/article/DGXLASFS20H6G_Q6A221C1PP8000 2016年12月21日閲覧。 
  28. ^ “衆院憲法審査会が再開 「天皇」と「戦争の放棄」で各党が意見”. 日本経済新聞. (2014年3月14日). https://r.nikkei.com/article/DGXNASFS1400G_U3A310C1EB1000 2015年5月15日閲覧。 
  29. ^ “維新・松野代表 安保法制で結束が焦点”. NHK. (2015年5月20日). オリジナルの2015年5月22日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150522230455/http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150520/k10010085161000.html 2015年5月24日閲覧。 
  30. ^ “国対委員長は馬場氏留任=21日に新執行部発足-維新”. 時事ドットコム(時事通信). (2015年5月20日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201505/2015052000414&g=pol 2015年5月24日閲覧。 
  31. ^ “橋下氏 “政界引退”表明の余波”. TBS News. (2015年5月18日). オリジナルの2015年5月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150519225834/http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2494936.html 2015年5月24日閲覧。 
  32. ^ “「橋下氏、追い込まれるほど力発揮」 維新・馬場氏”. 朝日新聞. (2015年10月9日). http://www.asahi.com/articles/ASHB95CLXHB9UTFK00K.html 2015年10月11日閲覧。 
  33. ^ https://twitter.com/baba_ishin/status/1344758987418345472
  34. ^ https://twitter.com/baba_ishin/status/1547484689501667328
  35. ^ (日本語) 馬場伸幸(維新)衆議員と友綱部屋の秘密飲み会を、会場の料亭に訊く, https://www.youtube.com/watch?v=4_46JVCgozU 2022年8月17日閲覧。 
  36. ^ 割烹 竜起” (日本語). 龍谷大学 校友会. 2022年8月17日閲覧。
  37. ^ 自粛要請の最中、馬場維新幹事長が10人以上で「力士食事会」を主催 - 「週刊文春」編集部 - 文春オンライン (2020年4月1日掲載)” (日本語). ライブドアニュース. 2022年8月17日閲覧。
  38. ^ (日本語) 馬場伸幸(維新)衆議員と友綱部屋の秘密飲み会を、会場の料亭に訊く, https://www.youtube.com/watch?v=4_46JVCgozU 2022年8月17日閲覧。 
  39. ^ “【堺市長選】市長は「税金むしゃむしゃ食べながら太ったブタ」 維新・馬場氏が発言”. 産経新聞. (2013年8月26日). http://www.sankei.com/west/news/130826/wst1308260005-n1.html 2015年5月15日閲覧。 
  40. ^ “逮捕された医師は元厚労省官僚 「高齢者は社会の負担」優生思想 京都ALS安楽死事件”. 京都新聞. (2020年7月23日). https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/314432 2020年7月30日閲覧。 
  41. ^ “維新、尊厳死PT設置へ”. 時事ドットコム. (2020年7月29日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2020072900915 2020年7月30日閲覧。 
  42. ^ “ALS舩後議員への馬場幹事長発言「非常に問題」 日本維新の会・松井代表”. 毎日新聞. (2020年7月30日). https://mainichi.jp/articles/20200730/k00/00m/040/309000c 2020年7月30日閲覧。 
  43. ^ “維新・馬場共同代表「あまりにかわいいんで間違えた」 女性立候補予定者紹介で”. 京都新聞. (2022年6月4日). https://www.kyoto-np.co.jp/articles/amp/808640 2022年6月5日閲覧。 
  44. ^ 日本維新の会「旧統一教会と関係があった13議員公表」に「スタートとしては良かった」の声…ひろゆきも「反省するのは大事」と評価」『Smart FLASH』、2022年8月3日。2022年9月3日閲覧。
  45. ^ 「政治献金:暴力団交友社が自民支部に 「返金を検討」--大阪」、毎日新聞、2009年1月12日
  46. ^ 「暴力団関連企業から献金228万円、大阪の自民3支部」、読売新聞、2009年1月12日
  47. ^ “暴力団関連企業から献金/自民・中山元外務政務官/大阪府も“親交ある”と入札排除”. しんぶん赤旗. (2009年1月19日). https://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2009-01-19/2009011915_01_0.html 2015年5月15日閲覧。 
  48. ^ “【政治家迂回寄付】「深刻に考えてなかった」…維新の衆院2議員が迂回寄付 税控除目的で”. 産経新聞. (2013年4月10日). http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/130410/waf13041021310033-n1.htm 2015年5月15日閲覧。 
  49. ^ “実は自身も税金むしゃむしゃ…馬場議員が“脱法的”迂回寄付 所得税控除目的”. 産経新聞. (2013年4月10日). http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/130410/waf13041021310033-n1.htm 2015年5月15日閲覧。 
  50. ^ “自治会から50万円献金、維新の馬場衆院議員 平成24年衆院選直前”. MSN産経west. (2014年7月3日). オリジナルの2014年7月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140719064705/http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/140703/waf14070307460004-n1.htm 
  51. ^ 政治資金収支報告書 日本維新の会(令和2年分 定期公表) (PDF)”. 総務省 (2021年11月26日). 2021年12月10日閲覧。
  52. ^ 政治資金収支報告書 日本維新の会衆議院大阪府第17選挙区支部(令和2年分 定期公表) (PDF)”. 大阪府選挙管理委員会 (2021年11月30日). 2021年12月10日閲覧。
  53. ^ “維新支部、村上世彰氏からの献金額訂正 150万円分「誤記載」”. 毎日新聞. (2021年12月8日). https://mainichi.jp/articles/20211208/k00/00m/010/326000c 2021年12月9日閲覧。 
  54. ^ “維新 松井代表 政治資金収支報告書問題で馬場氏を厳重注意”. NHK NEWS WEB. (2021年12月9日). https://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20211209/2000054890.html 2021年12月9日閲覧。 
  55. ^ “身を切る?維新へ不透明な4千万円 松井代表「全部オープンには…」”. 朝日新聞. (2021年11月26日). https://www.asahi.com/articles/ASPCV5K0JPCTUTFK00P.html 2022年6月5日閲覧。 
  56. ^ “「表に出せない」政策活動費 なくすのはこんなに簡単なのに…各党なぜ腰重い?”. 東京新聞. (2021年12月15日). https://www.tokyo-np.co.jp/article/148867 2022年6月5日閲覧。 
  57. ^ “国会議員の政策活動費を一部公開へ 維新”. 産経新聞. (2021年12月9日). https://www.sankei.com/article/20211209-VKBTAJI45ZNI7AKN2PHNLIWMC4/ 2022年6月5日閲覧。 
  58. ^ 俵義文 『日本会議の全貌』 花伝社、2016年

外部リンク[編集]

議会
先代
松本光治
堺市旗 堺市議会議長
第76代:2011年 - 2012年
次代
吉川敏文
党職
先代
松井一郎
日本維新の会代表
第3代:2022年 -
次代
現職
先代
片山虎之助
日本維新の会共同代表
第2代:2021年 - 2022年
次代
吉村洋文
先代
片山虎之助
日本維新の会国会議員団代表
第2代:2021年 -
次代
現職
先代
松井一郎
おおさか維新の会→
日本維新の会幹事長

第2代:2015年 - 2021年
次代
藤田文武
先代
新設
おおさか維新の会→
日本維新の会選挙対策本部長

初代:2016年 - 2021年
次代
藤田文武
先代
結成
おおさか維新の会→
日本維新の会国会議員団幹事長

初代:2015年 - 2021年
次代
藤田文武
先代
松浪健太
(国会議員団国会対策委員長)
維新の党国会対策委員長
初代:2014年 - 2015年
次代
牧義夫