藤田文武

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
藤田 文武
ふじた ふみたけ
生年月日 (1980-12-27) 1980年12月27日(41歳)
出生地 日本の旗 日本 大阪府寝屋川市
出身校 筑波大学体育専門学群卒業
前職 高校教員
株式会社KTAJ代表取締役
所属政党 日本維新の会
公式サイト 藤田文武 日本維新の会 衆議院大阪12区支部長

選挙区 大阪12区
当選回数 2回
在任期間 2019年4月22日 - 現職
テンプレートを表示

藤田 文武(ふじた ふみたけ、1980年12月27日 - )は、日本政治家実業家日本維新の会所属の衆議院議員(2期)。日本維新の会幹事長、日本維新の会国会議員団幹事長。

来歴[編集]

大阪府寝屋川市生まれ[1]寝屋川市立三井小学校寝屋川市立第十中学校大阪府立四條畷高等学校筑波大学体育専門学群卒業[1]。高校、大学では体育会ラグビー部に所属[1][2]。筑波大学在学中はスポーツ産業学を専攻[1][2]

大学卒業後、母校の四條畷高校や大阪府立牧野高等学校大阪府立大東高等学校(現大阪府立緑風冠高等学校)で保健体育科の講師を務めた[1][2]

2005年からオーストラリアニュージーランドでスポーツマネジメントを学び、帰国後はベンチャー企業勤務を経て、2010年に株式会社KTAJを設立し、代表取締役に就任した[1][2]

2012年維新政治塾に入塾した(第1期生)[1]

2017年第48回衆議院議員総選挙大阪12区から日本維新の会公認で出馬したが、自由民主党前職の北川知克に約7千票差で敗れ、比例復活もならず落選した[3]

2019年1月21日、前年12月の北川の死去[4][5]に伴う大阪12区補欠選挙に出馬する意向を表明[6]。補選には藤田の他、自民党の公認を受けた北川の甥の北川晋平、衆議院議員(比例近畿ブロック選出)を一旦辞職し、日本共産党の公認を受けずに無所属で出馬した宮本岳志、同じく衆議院議員(比例近畿ブロック選出)を一旦辞職し、無所属で出馬した元総務大臣樽床伸二の4人が立候補したが[7]、藤田が3候補を破り、初当選した[8]。藤田の当選により、維新は衆議院で共産党と並ぶ野党第3会派となった[9]

2021年10月31日の第49回衆議院議員総選挙では前回補選時よりも大きく差を広げ、再選。

同年11月30日、馬場伸幸幹事長の党共同代表就任に伴い、後任の幹事長に就任した[10]

政策・主張[編集]

外交・安保[編集]

  • 日本の核武装について「今後の国際情勢によっては検討すべきだ」としており、非核三原則の「持ち込ませず」の部分についても「議論すべき」としている[11][12]
  • 攻撃を受ける前に相手の拠点をたたく「敵基地攻撃能力」の保有について賛成[12]
  • 中国や韓国との外交関係について、「より強い態度で臨むべき」としている[12]

経済・財政[編集]

憲法改正[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g 藤田文武 日本維新の会 衆議院大阪12区支部長
  2. ^ a b c d 株式会社KTAJ 代表取締役│藤田文武のリーダースタイル
  3. ^ “第48回衆院選 大阪”. 毎日新聞. https://mainichi.jp/senkyo/48shu/area/?kid=27 2019年6月16日閲覧。 
  4. ^ “北川知克・衆院議員が死去、67歳 元環境副大臣”. 朝日新聞. (2018年12月27日). https://www.asahi.com/articles/ASLDW36DXLDWUTFK004.html 2019年6月16日閲覧。 
  5. ^ “北川知克元環境副大臣が死去”. 産経新聞. (2018年12月27日). https://www.sankei.com/life/news/181227/lif1812270007-n1.html 2019年6月16日閲覧。 
  6. ^ “衆院選:大阪12区補選 維新の会・藤田氏、出馬会見で抱負/大阪”. 毎日新聞. (2019年1月22日). https://mainichi.jp/articles/20190122/ddl/k27/010/322000c 2019年6月16日閲覧。 
  7. ^ “衆院大阪12区補選が告示、4人届け出”. 朝日新聞. (2019年4月9日). https://www.asahi.com/articles/ASM487754M48PTIL02T.html 2019年6月16日閲覧。 
  8. ^ “衆院補選、自民2敗 大阪は維新・藤田氏 沖縄は屋良氏”. 日本経済新聞. (2019年4月21日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44016700R20C19A4000000/ 2019年6月16日閲覧。 
  9. ^ “維新「鬼門」の堺市長選に照準 大阪連勝の余勢駆る”. 産経新聞. (2019年4月23日). https://www.sankei.com/politics/news/190423/plt1904230040-n1.html 2019年6月16日閲覧。 
  10. ^ “維新・馬場幹事長、共同代表に 幹事長は衆院当選2回の藤田氏”. 共同通信. (2021年11月30日). https://nordot.app/838381068456312832?c=39550187727945729 2021年11月30日閲覧。 
  11. ^ a b c d e f g h i “第48回衆院選 維新 大阪12区 藤田 文武”. 毎日新聞. https://mainichi.jp/senkyo/48shu/meikan/?mid=A27012001001 2019年6月16日閲覧。 
  12. ^ a b c d e f g h i j k l “第49回衆院選 維新 大阪12区 藤田 文武”. 毎日新聞. https://mainichi.jp/senkyo/49shu/meikan/?mid=A27012002002 2021年11月16日閲覧。 

外部リンク[編集]

党職
先代:
馬場伸幸
日本維新の会幹事長
第3代:2021年 -
次代:
(現職)
先代:
馬場伸幸
日本維新の会国会議員団幹事長
第2代:2021年 -
次代:
(現職)