池下卓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
池下 卓
いけした たく
生年月日 (1975-04-10) 1975年4月10日(47歳)
出生地 日本の旗 大阪府高槻市
出身校 龍谷大学大学院
前職 税理士
資格取得学校講師
所属政党大阪維新の会→)
日本維新の会/大阪維新の会
親族 祖父・池下佐一郎(高槻市議会議員)
父・池下節夫(高槻市議会議員)
公式サイト 衆議院議員 池下卓(いけしたたく) 公式webサイト

選挙区 大阪10区
当選回数 1回
在任期間 2021年11月2日[1] - 現職

選挙区 高槻市島本町選挙区
当選回数 3回
在任期間 2011年5月1日 - 2021年10月5日
テンプレートを表示

池下 卓(いけした たく、1975年4月10日 - )は、日本政治家税理士日本維新の会所属の衆議院議員(1期)。大阪府議会議員(3期)を務めた。厚生労働委員会理事。

来歴[編集]

大阪府高槻市山手町生まれ[2]高槻市立磐手小学校高槻市立第八中学校大阪府立高槻北高等学校を経て、龍谷大学卒業[3]、同大学大学院修了[2]。大学院修了後は経理専門学校で簿記税務の講師となり、その後大阪市西区の税理士法人に税理士として所属した。なお現在[いつ?]も、高槻市内の税理士事務所に税理士として所属している。

2011年4月の大阪府議会議員選挙に高槻市・三島郡選挙区から大阪維新の会公認で立候補し、47,027票を獲得し、同選挙区内で得票数1位[4]となり初当選。2015年の府議会議員選挙では、52,245票を獲得し、得票数1位[5]で2選。2019年の府議会議員選挙 では、30,439票を獲得し、同地域で衆議院議員を務めた松浪健太に1位当選の座を譲ったものの、得票数2位[6]となり3選。

2020年12月16日、日本維新の会が次期衆院選大阪10区に池下を擁立すると発表[7]2021年10月5日付で大阪府議会議員を辞職[8]。同月31日の衆院選で80,932票を獲得して小選挙区で初当選した。対立候補である立憲民主党辻元清美自由民主党大隈和英は比例復活できず議席を失った[9][10]

政策・主張[編集]

憲法[編集]

  • 憲法改正について、2021年のアンケートで「賛成」と回答[11]
  • 改正すべき項目として「自衛隊の保持を明記する」「憲法裁判所を設置する」と主張[11]
  • 憲法9条への自衛隊の明記について、2021年のアンケートで「どちらかといえば賛成」と回答[12]
  • 憲法を改正し緊急事態条項を設けることについて、2021年の毎日新聞社のアンケートで回答しなかった[13]

外交・安全保障[編集]

  • 「他国からの攻撃が予想される場合には敵基地攻撃もためらうべきではない」との問題提起に対し、2021年のアンケートで「どちらかといえば賛成」と回答[11]
  • 北朝鮮に対しては対話よりも圧力を優先すべきだ」との問題提起に対し、2021年のアンケートで「どちらかと言えば賛成」と回答[11]
  • 日本の防衛力の強化について、2021年のNHKのアンケートで「どちらかといえば賛成」と回答[12]
  • 核兵器禁止条約について、2021年のNHKのアンケートで「オブザーバー参加すべき」と回答[12]

ジェンダー[編集]

  • 選択的夫婦別姓制度の導入について、2021年の朝日新聞社のアンケートでは「どちらとも言えない」と回答[11]。2021年のNHKのアンケートでは「どちらかといえば賛成」と回答[12]
  • 同性婚を可能とする法改正について、2021年の朝日新聞社のアンケートでは「どちらとも言えない」と回答[11]。2021年のNHKのアンケートでは回答しなかった[12]
  • LGBTなど性的少数者をめぐる理解増進法案を早期に成立させるべきか」との問題提起に対し、2021年のアンケートで「賛成」と回答[11]
  • クオータ制の導入について、2021年の毎日新聞社のアンケートで「反対」と回答し[13]、同年のNHKのアンケートで回答しなかった[12]

その他[編集]

  • 森友学園を巡る公文書改竄問題で、財務省が開示を拒んでいた「赤木ファイル」が2021年6月22日、大阪地裁の命令によって公開された[14]。国の対応をどう考えるかとの問いに対し、2021年の毎日新聞社のアンケートで、選択肢以外の回答をした[13]
  • 原子力発電への依存度について今後どうするべきか」との問題提起に対し、2021年のアンケートで「下げるべき」と回答[12]
  • 2017年から2021年の自公連立政権の施策について、「あまり評価しない」と回答[12]
  • 政府の新型コロナウイルスワクチン接種をめぐる一連の対応にいて、「ある程度評価する」と回答[12]
  • 新型コロナウイルスの感染拡大防止策としての都市封鎖を可能とする法整備について、「どちらかといえば賛成」と回答[12]
  • ワクチン接種者の行動制限の緩和について、「どちらかといえば賛成」と回答[12]
  • 新型コロナウイルス対策として、時限的に消費税率を引き下げることについて、「必要」と回答[12]

人物[編集]

  • 卓の祖父の佐一郎、父の節夫ともに高槻市議会議員を務めた政治一家に育ち、幼少期より政治に関心を持っていた。
  • 第八中学校、高槻北高校在学時は器械体操部に所属していた。
  • 趣味は書物茶道自転車
  • 山手町に生まれ育ったが、現在は古曽部町に在住している。

不祥事[編集]

2022年1月5日、池下の政治団体が、池下の父から事務所を無償提供されたにもかかわらず、政治資金収支報告書に記載していなかったことが文春オンラインで報じられた。本来は家賃相当額を記載する必要があり、父からの別の寄付金と合算すると政治資金規正法が定める上限額を超え、同法に抵触する可能性がある。池下は「必要があれば報告書を修正する」としている[15]

脚注[編集]

  1. ^ 令和3年11月2日大阪府選挙管理委員会告示第127号(衆議院小選挙区選出議員選挙における当選人の決定) : 『大阪府公報』 第609号 令和3年11月8日
  2. ^ a b プロフィール
  3. ^ https://twitter.com/iketaku_0410/status/1555753824643493888” (日本語). Twitter. 2022年8月6日閲覧。
  4. ^ http://www.asahi.com/senkyo/local2011/data/E27.html
  5. ^ https://www.yomiuri.co.jp/election/local/2015/kaihyou/yh27.html
  6. ^ https://www.nhk.or.jp/senkyo/database/touitsu/2019/27/14016/skh44629.html
  7. ^ “維新、新人5人擁立 次期衆院選 ”. 日本経済新聞. (2020年12月16日). https://www.nikkei.com/article/DGXZQODE165940W0A211C2000000/ 2021年11月6日閲覧。 
  8. ^ https://ikeshitataku.livedoor.blog/archives/5769616.html
  9. ^ 衆議院選挙2021 大阪(堺・岸和田など)開票速報・選挙結果”. 衆議院選挙2021特設サイト. NHK. 2021年11月1日閲覧。
  10. ^ 【2021年 衆院選】近畿ブロック(比例区)開票速報”. 衆議院選挙(2021年総選挙)特設サイト. 朝日新聞社. 2021年11月18日閲覧。
  11. ^ a b c d e f g h 池下卓”. 朝日・東大谷口研究室共同調査 - 2021衆議院選挙. 朝日新聞社. 2021年10月22日閲覧。
  12. ^ a b c d e f g h i j k l m n 大阪10区”. NHK 衆議院選挙2021 候補者アンケート. 2021年10月31日閲覧。
  13. ^ a b c 維新 大阪10区 池下卓”. 第49回衆院選. 毎日新聞社. 2022年6月7日閲覧。
  14. ^ 原田晋也、皆川剛 (2021年6月23日). “森友問題「赤木ファイル」黒塗りでも読み解けたこと、残った謎 安倍昭恵氏の削除は初日に指示”. 東京新聞. https://www.tokyo-np.co.jp/article/112153 2021年9月21日閲覧。 
  15. ^ 維新・池下衆院議員の政治団体 事務所の無償提供を報告書に不記載”. 毎日新聞 (2021年1月6日). 2022年1月6日閲覧。

外部リンク[編集]