丸山穂高

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
丸山 穂高
まるやま ほだか
生年月日 (1984-01-10) 1984年1月10日(36歳)[1]
出生地 日本の旗 大阪府堺市[2]
出身校 東京大学経済学部
前職 国家公務員経済産業省
所属政党日本維新の会→)
維新の党→)
(おおさか維新の会→)
日本維新の会→)
無所属→)
NHKから国民を守る党
称号 学士(経済学)
公式サイト 丸山ほだか公式HP

選挙区 大阪19区
当選回数 3回
在任期間 2012年12月16日 - 現職
テンプレートを表示

丸山 穂高(まるやま ほだか、1984年〈昭和59年〉1月10日 - )は、日本政治家、元経産官僚NHKから国民を守る党所属の衆議院議員(3期)、同党副党首。

来歴

大阪府堺市出身[2]。2002年西大和学園高校卒業[3]、2006年東京大学経済学部卒業[2][4]

2006年、経済産業省に入省。大臣官房総務課や原子力安全・保安院(当時)保安課企画法規係長を経て[5]2009年に退官。同年、財団法人松下政経塾に入塾し2012年に卒塾[6]

2012年、結党から間もない日本維新の会大阪府第19選挙区支部長に就任した。同年の第46回衆議院議員総選挙において大阪19区から日本維新の会公認で立候補し、自由民主党新人の谷川とむ民主党前職で国土交通副大臣長安豊らを破り初当選した。大阪府下19の小選挙区当選者の中では最年少、全国でも28歳最年少議員3名の中の一人であった[7]

2014年の日本維新の会分党に際しては、橋下徹大阪市長による新党結成を目指すグループに参加。分党後の日本維新の会を経て、結いの党の合流による維新の党の結党に参加した。同年の第47回衆議院議員総選挙では、維新の党公認で大阪19区から立候補。再び谷川、民主党元職の長安らを破り、再選(谷川は比例復活)。

2015年、おおさか維新の会の結党に参加[8]。政務調査副会長、国会対策副委員長[9]に就任した。2017年第48回衆議院議員総選挙で谷川らを破り3選[10]

2018年4月、維新の福井県総支部に当たる「福井維新の会」の代表に就任[11]

2019年5月、北方四島交流事業における国後島訪問時の発言により同月14日に日本維新の会を除名、6月6日に衆議院で糾弾決議を受けた(後述)。7月29日、NHKから国民を守る党に入党[12]、8月15日、副党首に就任した[13][14]

政策・主張

人物

  • 利き手左利き[17]
  • 阪神大震災ボランティアに参加したことがきっかけで政治家を志し、小学校の卒業文集に「政治家になりたい」と書いていた[18]
  • 座右の銘は「誠意、万策に勝る」[19]
  • 剣道の段位は2段[19]
  • 後天性の病気により左耳が難聴である[20]
  • 松下政経塾時代は「経済活性化」・「政治・行政制度の変革」をテーマに活動[21]
  • 2017年第48回衆議院議員総選挙でも小選挙区当選した同党議員3名の中の一人[22]だが、党全体として大幅に議席を減らしたことについて、松井一郎代表の進退も含む総括を要求した。これに対し同党の法律顧問を務めていた橋下徹は総括要求の言い方に問題があるとして、両者がTwitter上で対立。橋下は法律顧問を辞任した。丸山は離党届を提出したが党は離党届を保留。「不正常な状況が長引いて議会活動に支障が生じれば、有権者の期待に応えることができない」として翌年、取り下げに至った[23][24][25][26]
  • 2018年、株式会社ZOZO代表取締役社長の前澤友作とテロ問題解決を巡ってTwitter上での論争を展開し、その後前澤が政界進出を否定する展開となったことが報道された[27][28][29]
  • 葉巻を好んで喫煙していたが、2019年時点では健康のためや食事を美味しく食べたいなどの理由から禁煙をしている[30][31]

不祥事

蒲田駅周辺でのトラブル

  • 2015年末、東京都大田区JR蒲田駅周辺で飲酒した後に複数の男性らともみ合いになり、相手の手を噛むトラブルを起こした[32][33]。丸山も足の骨にひびが入り[32]、聴こえていた右耳の鼓膜が破れるなどの全治6週間のけがを負った[34]ほか、騒動については「居酒屋から出てきたところ、複数の人間に絡まれて口論になった。先に殴打されて首を絞められたので、死ぬかと思い反射的に手を噛んだ」と主張した[32]。両者ともその後に警察署へ行き、ともに被害届などは出さないということで和解[32][33]。その後党幹事長より厳重注意を受け、丸山は「公職にいる間は断酒する」と陳謝し、再度飲酒した場合は議員辞職する意向を示した[35]

北方領土滞在中の言動

  • 2019年5月11日、北方領土ロシア人住民と日本人の元島民らが相互に往来する「ビザなし交流」の日本側訪問団に同行した際、滞在先の国後島日本人とロシア人の友好の家において、酒に酔った状態で訪問団の団長に対して記者取材中に割り込んだうえで、「戦争でこの島を取り返すのは賛成ですか、反対ですか」などと質問し、「戦争はすべきではない」と答えた団長に対し「戦争しないとどうしようもなくないですか」等と発言した[36][37]。この発言に対する批判が高まるにつれ、同月14日、丸山は日本維新の会へ離党届を提出。同日、同党の松井一郎代表は大阪市役所での囲み取材で「国会議員として一線を越えた発言で、元島民、国民に不快な思いをさせた」と述べ、陳謝したうえで丸山の提出した離党届を受理せず除名する方針を示し「議員辞職すべきだ」とコメントした[38]。日本維新の会は同日、持ち回りの役員会で丸山の除名処分を決定[39]。なお、丸山は自身のTwitterアカウントでも謝罪のうえ、議員辞職については否定した。[40]
  • 同月17日、立憲民主党国民民主党日本共産党・日本維新の会・社会民主党および院内会派の社会保障を立て直す国民会議の6党派は共同で丸山への議員辞職勧告決議案を衆議院に提出[41][42]。なお、議員辞職勧告決議案の共同提出に加わらなかった自民党・公明党は、同月21日に丸山に対する譴責決議案を衆議院に共同で提出した[43]
  • 当初、与党側は「発言のみを理由にした辞職勧告」に慎重姿勢であったが、その後丸山の他の暴言や卑猥な言動が週刊誌などで報じられると、30日の衆院議院運営委員会で政府に内容の確認が取れたとして[44]、直ちに進退判断を促す「糾弾決議案」を共同提出する方針で一致[45]。6月5日、自民党・公明党・立憲民主党・国民民主党・日本共産党・日本維新の会・社会保障を立て直す国民会議・社会民主党の与野党8会派が、丸山に対する糾弾決議案を提出した。これに伴い、それぞれ提出していた議員辞職勧告決議案および譴責決議案は取り下げられた。本糾弾決議案は6月6日の本会議にて全会一致で可決[46][47](ただし、小泉進次郎は「みんなで糾弾するのは腑に落ちない」として採決を棄権した[48])。同日、丸山は議員辞職について重ねて否定した[49]

饗宴の儀での言動

  • 2019年11月21日の衆議院議院運営委員会の理事会において、同年10月29日に天皇陛下の即位に伴い行われた「饗宴の儀」で丸山が酒に酔って不適切な言動をとろうとして周囲の議員に制止されたという情報があると国民民主党の議員が報告し、与党側は事実関係を調査する意向を示した[50]。出席者によると、丸山は酒に酔った状態で皇族らに話しかけ、その後同席議員らに「眞子さまに『彼氏とは連絡を取っているのか』と聞いた」などと話していた[51]ほか、十数人の出席者が順番に並び、佳子内親王にあいさつをしていた所に「殿下! 殿下!」などと言いながら突然割り込んだとされる[52][53]。一方丸山は同日、記者団に対し「酒は飲んだが、制止された認識はない。問題行動を取ったとの認識は全くない」[54]「何をもって泥酔していたというのか。全くもって名誉毀損だ」と反論[55][56]。同年11月27日、丸山は眞子さまへ質問を行ったことは認めた上で[57]泥酔については改めて否定し、問題を指摘した国民民主党の議員に対し、事実関係などの確認や謝罪を求める質問状を提出した[58]

所属団体・議員連盟

出演

寄稿

脚注

[脚注の使い方]

出典

  1. ^ 時事ドットコム:衆議院議員選挙2012
  2. ^ a b c “丸山穂高: 大阪19区 : プロフィル : 衆院選2012 : 衆院選 : 選挙”. 読売新聞. オリジナルの2012年12月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121208055227/https://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2012/profile/ya27019007.htm 2019年12月10日閲覧。 
  3. ^ 松下政経塾公式HP:卒塾生一覧
  4. ^ 松下政経塾公式HP:卒塾生一覧
  5. ^ 時事ドットコム:国会議員情報
  6. ^ 松下政経塾公式HP:卒塾生一覧
  7. ^ “【衆院選】維新最年少の丸山氏「若輩者なので」と謙虚?なスタート 大阪19区”. 産経新聞. (2012年12月17日). http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/121217/waf12121710490050-n1.htm 2015年2月7日閲覧。 
  8. ^ おおさか維新公式サイト
  9. ^ 丸山ほだか公式HP
  10. ^ “大阪-開票速報-2017衆議院選挙(衆院選):朝日新聞デジタル”. 朝日新聞デジタル. http://www.asahi.com/senkyo/senkyo2017/kaihyo/A27.html 2018年10月11日閲覧。 
  11. ^ “維新の会福井代表に大阪選出議員”. 福井新聞. (2018年4月2日). https://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/312492 2019年9月5日閲覧。 
  12. ^ “丸山議員、N国入党「しっかりやらせていただく」 立花代表と会談”. 毎日新聞. (2019年7月29日). https://mainichi.jp/senkyo/articles/20190729/k00/00m/010/088000c 2019年7月29日閲覧。 
  13. ^ 丸山氏が副党首に=N国:時事ドットコム” (日本語). 時事ドットコム. 2019年9月4日閲覧。
  14. ^ 丸山氏、N国の副党首に就任 北方領土、竹島「戦争」発言で物議” (日本語). 毎日新聞. 2019年9月4日閲覧。
  15. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。
  16. ^ a b c d e “2012衆院選 大阪19区 丸山穂高”. 毎日jp (毎日新聞社). http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_area_meikan.html?mid=A27019003003 2014年12月19日閲覧。 
  17. ^ 本人のツイートより 2019年9月5日閲覧
  18. ^ 「いつの時代も、世の中を大きく変えていくのは若い世代」~日本維新の会・丸山穂高議員×元経産官僚・宇佐美典也対談
  19. ^ a b 丸山穂高プロフィール|松下政経塾
  20. ^ 丸山ほだかのプロフィール|丸山ほだか公式HP
  21. ^ 松下政経塾丸山プロフィール
  22. ^ 大阪-開票速報-2017衆議院選挙(衆院選):朝日新聞デジタル
  23. ^ 維新・丸山穂高議員が離党届「もはや耐えられない」 橋下徹氏のツイッター批判に産経新聞2017年10月31日付
  24. ^ 維新・丸山穂高氏、離党届を提出…橋下氏と確執読売新聞2017年10月31日付
  25. ^ 維新・丸山議員が離党届 橋下氏罵倒「耐えられず」北海道新聞2017年10月31日付
  26. ^ 維新・丸山穂高衆院議員、離党届取り下げ ツイッターで橋下徹氏と対立し昨年提出産経新聞2018年1月9日付
  27. ^ 株式会社スポーツニッポン新聞社マルチメディア事業本部. “ZOZO前沢社長、安田さん解放に「良かった」身代金巡って維新議員と“舌戦” - スポニチ Sponichi Annex 芸能”. スポニチ Sponichi Annex. https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/10/27/kiji/20181027s00041000334000c.html 2018年11月4日閲覧。 
  28. ^ “ZOZOTOWN前澤友作氏と丸山穂高議員、安田純平さん解放めぐり舌戦 - ライブドアニュース”. ライブドアニュース. http://news.livedoor.com/article/detail/15508465/ 2018年11月4日閲覧。 
  29. ^ “ZOZO前澤友作社長がツイッターで政界進出を否定 安田純平さんニュース受け議員と激論|ニフティニュース”. ニフティニュース. https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12265-113943/ 2018年11月4日閲覧。 
  30. ^ 第196回国会 総務委員会 第3号(平成30年2月22日(木曜日))”. 衆議院 (2018年2月22日). 2018年8月17日閲覧。
  31. ^ 第198回国会 厚生労働委員会 第3号(平成31年3月13日(水曜日))”. www.shugiin.go.jp. 2019年3月29日閲覧。
  32. ^ a b c d “おおさか維新・丸山衆院議員が飲酒トラブル 男性の手を噛む 幹事長、厳重注意処分に”. 産経ニュース (産経デジタル). (2016年1月5日). http://www.sankei.com/affairs/news/160105/afr1601050009-n1.html 2018年8月17日閲覧。 
  33. ^ a b “丸山穂高議員:東京の居酒屋で飲酒後、口論相手の手をかむ - 毎日新聞”. 毎日新聞. (2016年1月5日). https://mainichi.jp/articles/20160105/k00/00e/040/199000c 2018年10月4日閲覧。 
  34. ^ maruyamahodakaの2019年3月17日 17:11のツイート2019年3月22日閲覧。
  35. ^ “北方領土:返還「戦争で」 維新・丸山議員、元島民に”. 毎日新聞. (2019年5月14日). https://mainichi.jp/articles/20190514/ddm/002/030/039000c 2019年5月14日閲覧。 
  36. ^ “酒に酔い維新議員 島返還に戦争持ち出し元島民抗議”. HTBニュース (北海道テレビ). (2019年5月13日). https://www.htb.co.jp/news/archives_4376.html 2019年5月14日閲覧。 
  37. ^ “戦争での北方領土返還問う 維新・丸山議員、元島民に”. 共同通信. (2019年5月13日). https://this.kiji.is/500576938390946913?c=39546741839462401 2019年5月13日閲覧。 
  38. ^ 維新、丸山衆院議員を除名へ=北方領「戦争奪還」発言 - 時事ドットコム 2019年5月14日
  39. ^ 維新、丸山衆院議員の除名決定 - 時事ドットコム 2019年5月14日
  40. ^ maruyamahodakaの2019年5月14日2:23のツイート- Twitter
  41. ^ 丸山議員に「自ら進退決めるべき」 野党幹部ら辞職要求 - 朝日新聞デジタル 2019年5月16日
  42. ^ 丸山氏辞職勧告案、野党6党派が提出 立民など、与党に賛成呼び掛け - 産経ニュース 2019年5月17日
  43. ^ 与党、丸山氏けん責決議案を提出=野党は辞職勧告を主張 - 時事ドットコム 2019年5月21日
  44. ^ “丸山氏、酔って卑わいな発言を繰り返す 同行職員から事情聴取 ”. 毎日新聞. (2019年5月30日). https://mainichi.jp/articles/20190530/k00/00m/010/282000c 2019年12月18日閲覧。 
  45. ^ 丸山氏への糾弾決議案 共同提出で与野党一致 - 産経ニュース 2019年6月4日
  46. ^ “丸山衆院議員の糾弾決議可決”. ロイター. (2019年6月6日). https://jp.reuters.com/article/idJP2019060601001107 2019年6月6日閲覧。 
  47. ^ 丸山氏の糾弾決議可決 衆院本会議 - 産経ニュース 2019年6月6日
  48. ^ 丸山議員 糾弾決議 自民小泉氏「ふに落ちない」採決棄権」 - NHK 2019年6月6日
  49. ^ maruyamahodakaの2019年6月6日1:45のツイート- Twitter
  50. ^ “N国 丸山議員 饗宴の儀で不適切な言動か 丸山議員は反論”. NHKニュース. (2019年11月22日). オリジナルの2019年11月22日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20191122131413/https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191122/k10012186971000.html 
  51. ^ “丸山穂高議員「饗宴の儀」で不適切行動か”. 日テレNEWS24. (2019年11月21日). オリジナルの2019年11月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20191122132219/http://www.news24.jp/articles/2019/11/21/04548461.html 
  52. ^ “「饗宴の儀」で丸山穂高議員泥酔か 出席者が見た不適切な言動”. FNN.jpプライムオンライン. (2019年11月22日). オリジナルの2019年11月22日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20191122132637/https://www.fnn.jp/posts/00427727CX/201911221830_CX_CX 
  53. ^ “佳子さまに「殿下! 殿下!」突然割り込み「ウェ~イ」…「饗宴の儀」での丸山穂高議員の泥酔疑惑”. FNN.jpプライムオンライン. (2019年11月22日). オリジナルの2019年11月22日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20191122133054/https://www.fnn.jp/posts/00049112HDK/201911221916_livenewsit_HDK 
  54. ^ “丸山議員、即位の祝宴で「不適切な言動」情報 野党指摘”. 朝日新聞. (2019年11月22日). https://www.asahi.com/articles/ASMCQ54SBMCQUTFK00Q.html 2019年11月22日閲覧。 
  55. ^ “丸山穂高氏、饗宴の儀で不適切言動か 「何をもって泥酔していたというのか」本人は否定”. 毎日新聞. (2019年11月21日). https://mainichi.jp/articles/20191121/k00/00m/010/185000c 2019年11月22日閲覧。 
  56. ^ “N国党の丸山穂高氏が皇室行事で泥酔か 本人は否定”. 産経新聞. (2019年11月21日). https://www.sankei.com/politics/news/191121/plt1911210011-n1.html 2019年11月22日閲覧。 
  57. ^ “丸山穂高氏、眞子さまに「米国は遠い。お寂しいですか」”. 産経新聞. (2019年11月27日). https://www.sankei.com/politics/news/191127/plt1911270015-n1.html 2019年12月11日閲覧。 
  58. ^ 【速報】丸山穂高議員“不適切”指摘に質問状 皇室行事で泥酔否定” (日本語). FNN.jpプライムオンライン. 2019年12月3日閲覧。
  59. ^ “泉南アスベスト通信 : いよいよ最高裁判決!”. レイバーネット. (2014年10月7日). http://www.labornetjp.org/news/2014/1412685091364staff01 
  60. ^ 日本放送協会. “放送記録”. 日曜討論 - NHK. 2019年2月16日閲覧。
  61. ^ テキストアーカイブ | BSフジ LIVE プライムニュース”. www.bsfuji.tv. 2019年2月16日閲覧。
  62. ^ テキストアーカイブ | BSフジ LIVE プライムニュース”. www.bsfuji.tv. 2019年2月16日閲覧。
  63. ^ 国会トークフロントライン”. TBS. 2019年2月16日閲覧。
  64. ^ 朝まで生テレビ!”. テレビ朝日. 2019年2月16日閲覧。

外部リンク

党職
先代:
大橋昌信・多田光宏
武原正二・塩田和久
NHKから国民を守る党党首
第2代:2019年 -
次代:
(現職)