丸山穂高

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
丸山 穂高
生年月日 (1984-01-10) 1984年1月10日(33歳)[1]
出生地 日本の旗 大阪府堺市[2]
出身校 東京大学経済学部
前職 国家公務員経済産業省
所属政党 日本維新の会→)
維新の党→)
(おおさか維新の会→)
日本維新の会
称号 学士(経済学)
公式サイト 丸山ほだか公式ホームページ

選挙区 大阪19区
当選回数 2回
テンプレートを表示

丸山 穂高(まるやま ほだか、1984年1月10日 - )は、日本の元経産官僚政治家日本維新の会所属の衆議院議員(2期)。

来歴[編集]

大阪府堺市生まれ。西大和学園高等学校東京大学経済学部卒業。

2006年経済産業省に入省。大臣官房総務課や原子力安全・保安院(当時)保安課企画法規係長を経て[3]2009年に退官。同年、財団法人松下政経塾に入塾し、2012年に卒塾[4]。同年、結党から間もない日本維新の会大阪府第19選挙区支部長に就任した。

2012年の第46回衆議院議員総選挙において大阪19区から日本維新の会公認で立候補し、自由民主党新人の谷川とむ民主党前職で国土交通副大臣長安豊らを破り初当選した。大阪府下19の小選挙区当選者の中では最年少、全国でも28歳最年少議員3名の中の1人であった[5]

2014年の日本維新の会分党に際しては、橋下徹大阪市長による新党結成を目指すグループに参加。分党後の日本維新の会を経て、結いの党の合流による維新の党の結党に参加した[要出典]。同年の第47回衆議院議員総選挙では、維新の党公認で大阪19区から出馬。前回破った自民党新人の谷川とむに約5千票差まで迫られるも、再び谷川、民主党元職の長安豊を破り、再選(谷川は比例復活)。2015年、おおさか維新の会[6]。に結党に参加。政務調査副会長、国会対策副委員長[7]に就任した。

政策・主張[編集]

人物[編集]

  • 阪神大震災のボランティアに参加したことがきっかけで政治家を志す。小学校の卒業文集に「政治家になりたい」と書いていた[10]
  • 座右の銘は「誠意、万策に勝る」[11]
  • 剣道2段の段位を有する[11]
  • 後天性の病気により左耳に難聴を患っている[12]
  • 松下政経塾時代は「経済活性化」・「政治・行政制度の変革」をテーマに活動。[13]
  • 2015年、東京都内で飲酒した後に複数の男性らともみ合いになり、「先に殴打されて首を絞められたので、反射的に手を噛んだ」とのトラブルを起こした。両者ともその後に警察へ行き、被害届などは出さないということで和解し、自身も足の骨にひびが入るなどのけがを負った。馬場伸幸おおさか維新の会幹事長は丸山を厳重注意処分とした[14]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 時事ドットコム:衆議院議員選挙2012
  2. ^ 丸山穂高: 大阪19区 : プロフィル : 衆院選2012 : 衆院選 : 選挙 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
  3. ^ 時事ドットコム:国会議員情報
  4. ^ 松下政経塾公式HP:卒塾生一覧
  5. ^ “【衆院選】維新最年少の丸山氏「若輩者なので」と謙虚?なスタート 大阪19区”. 産経新聞. (2012年12月17日). http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/121217/waf12121710490050-n1.htm 2015年2月7日閲覧。 
  6. ^ おおさか維新公式HP
  7. ^ 丸山ほだか公式HP
  8. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。
  9. ^ a b c d e “2012衆院選 大阪19区 丸山穂高”. 毎日jp (毎日新聞社). http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_area_meikan.html?mid=A27019003003 2014年12月19日閲覧。 
  10. ^ 「いつの時代も、世の中を大きく変えていくのは若い世代」~日本維新の会・丸山穂高議員×元経産官僚・宇佐美典也対談
  11. ^ a b 丸山穂高プロフィール|松下政経塾
  12. ^ 丸山ほだかのプロフィール|丸山ほだか公式HP
  13. ^ 松下政経塾丸山プロフィール
  14. ^ おおさか維新・丸山衆院議員が飲酒トラブル 男性の手を噛む 幹事長、厳重注意処分に、産経新聞、2016年1月5日。
  15. ^ “泉南アスベスト通信 : いよいよ最高裁判決!”. レイバーネット. (2014年10月7日). http://www.labornetjp.org/news/2014/1412685091364staff01 

外部リンク[編集]