渡嘉敷奈緒美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
渡嘉敷 奈緒美
とかしき なおみ
Naomi Tokashiki Jimin IMG 5317 20130706.JPG
生年月日 (1962-07-16) 1962年7月16日(54歳)
出生地 京都府京都市
出身校 昭和大学薬学部
早稲田大学ビジネススクール
前職 資生堂社員(広報)
杉並区議会議員
所属政党 自由民主党額賀派
称号 薬学士
公式サイト とかしきなおみオフィシャルページ

選挙区 大阪7区
当選回数 3回
在任期間 2005年9月11日 - 2009年7月21日
2012年12月17日[1] - 現職

当選回数 2回
在任期間 1999年 - 2005年
テンプレートを表示

渡嘉敷 奈緒美(とかしき なおみ、1962年7月16日 - )は、日本政治家薬剤師自由民主党所属の衆議院議員(3期)、自民党厚生労働部会長。

厚生労働副大臣第3次安倍第1次改造内閣)、厚生労働大臣政務官第2次安倍内閣)、自民党副幹事長杉並区議会議員などを歴任。かな表記の「とかしきなおみ」名義で活動することも多い。

経歴[編集]

京都府京都市出身。聖心女子学院中等科・高等科を経て昭和大学薬学部卒業。薬剤師免許を取得[2]

1985年資生堂に入社。広報室に勤務。1992年に休職し早稲田大学ビジネススクールに入学、経営学を学ぶ。1993年に復職。

1994年大前研一が主催する一新塾に入塾し、政治を学ぶ[2]

1999年、杉並区議会選挙に出馬し初当選。その後、資生堂を退社。2003年、杉並区議会議員2期目の当選[要出典]

2005年7月、東京都議会選挙に出馬するが落選。同年9月、第44回衆議院議員総選挙に自民党公認で大阪7区より出馬、民主党前職の藤村修比例復活で当選)らを破り、衆議院議員に初当選した。当選後、平成研究会に入会[要出典]

2009年8月、第45回衆議院議員総選挙に自民党公認で大阪7区より出馬、2期目の当選を目指したが、今度は藤村に敗れて落選した。

2012年12月、第46回衆議院議員総選挙に自民党公認で大阪7区より出馬、日本維新の会新人の上西小百合(比例復活で当選)、民主党前職の藤村(現職の内閣官房長官であったが比例復活もできず落選)らを破った[1]。選挙後に発足した第2次安倍内閣厚生労働大臣政務官に就任した(2013年9月に退任)。

2014年12月、第47回衆議院議員総選挙に自民党公認で大阪7区より出馬し3選。

2015年10月、第3次安倍第1次改造内閣厚生労働副大臣に就任した[3]

2016年8月、自民党厚生労働部会長に就任[4]

政策[編集]

人物[編集]

渡嘉敷奈緒美
  • 安倍晋三の妻・安倍昭恵聖心女子学院中等科・高等科時代の同級生である[7]
  • 2008年、渡嘉敷の公設秘書らが、高校生をけってけがをさせたとして、傷害現行犯逮捕された。1人が男子生徒を羽交い締めのようにし、近くの壁に押さえつけるなどし、頭部を拳で殴打。腕をつかんで投げ倒した。2人は、倒れ込んだ男子生徒の頭部や腰部をそれぞれ数回ずつ蹴るなどした容疑[8]
  • 2005年〜2006年にかけて、杉並区長だった山田宏との不倫疑惑が複数の週刊誌で報道された[9][10][11]。その後、渡嘉敷は離婚。山田が渡嘉敷の元夫を「不倫の証拠を捏造した犯人」と決めつけたことを謝罪し、そのことについて慰謝料500万円が支払われたが、不倫については否定。渡嘉敷も不倫について否定している[9]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 平成24年(2012年)12月17日大阪府選挙管理委員会告示第119号(衆議院小選挙区選出議員選挙における当選人の決定)
  2. ^ a b “プロフィール”. とかしきなおみオフィシャルページ. http://www.tokashiki.gr.jp/profile/index.html 2015年6月4日閲覧。 
  3. ^ 第3次安倍改造内閣.副大臣23人交代 政府閣議決定
  4. ^ 自民党.部会長が内定 農林部は小泉進次郎氏が留任
  5. ^ a b 毎日新聞2012衆院選アンケート
  6. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。
  7. ^ 沖縄タウン - 安倍昭恵のスマイルトーク” (2011年7月21日). 2011年7月21日閲覧。
  8. ^ 読売新聞 2008年3月24日
  9. ^ a b 「小泉チルドレン 女性代議士 とかしきなおみに灰色決着 不倫騒動を直撃!」フライデー 2006年6月2日
  10. ^ 「元祖『不倫メール』渡嘉敷奈緒美、川条志嘉は民主から鞍替え」週刊朝日 2005年9月14日
  11. ^ NONFIXノンフィックス Vol.4、2006年12月15日、ミリオン出版
  12. ^ a b c 俵義文、日本会議の全貌、花伝社、2016年

外部リンク[編集]

公職
先代:
山本香苗永岡桂子
日本の旗 厚生労働副大臣
竹内譲と共同

2015年 - 2016年
次代:
 橋本岳古屋範子
先代:
糸川正晃梅村聡
日本の旗 厚生労働大臣政務官
丸川珠代と共同

2012年 - 2013年
次代:
 高鳥修一赤石清美