聖心女子学院初等科・中等科・高等科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
聖心女子学院
初等科・中等科・高等科
Seishin Joshi Gakuin highschool.jpg
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人聖心女子学院
設立年月日 1908年(明治41年)
共学・別学 女子校
中高一貫教育 完全一貫制
小中高一貫教育 完全一貫制
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学期 2学期制
高校コード 13528D
所在地 108-0072
外部リンク 聖心女子学院初等科・中等科・高等科公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

聖心女子学院初等科・中等科・高等科(せいしんじょしがくいんしょとうか・ちゅうとうか・こうとうか)は、東京都港区白金に所在し、完全小中高一貫教育を提供する私立女子小学校中学校高等学校

概要[編集]

1909年(明治42年)竣工のヤン・レツル設計の校舎、1923年(大正12年)の関東大震災で倒壊

カトリック女子修道会である「イエズスの聖心会」を母体として設立。世界約40ヶ国、200校の姉妹校がある。 一学年3クラス、収容定員1344人(初等科第1学年から第4学年までは1クラス32人、初等科第5学年から高等科第3学年までは1クラス42人)の小規模な学級編成。

沿革[編集]

  • 1910年明治43年) - 高等女学校設置認可
  • 1947年昭和22年) - 中等科設置認可
  • 1948年(昭和23年) - 高等科設置認可
  • 1966年(昭和41年) - 高等科定時制課程開設
  • 1972年(昭和47年) - 二学期制実施
  • 1974年(昭和49年) - 週5日制実施
  • 1976年(昭和51年) - 高等科定時制課程廃止
  • 2012年平成24年) - 初等科第5学年転入編入試験を開始
  • 2014年(平成26年) - 中等科募集を停止予定(小中高一貫教育制に移行)

聖心の4-4-4制[編集]

聖心女子学院初等科・中等科・高等科では、「4-4-4制」に基づく小中高一貫教育[1]を、2008年度に初等科から入学した児童生徒に対して提供している。聖心女子学院初等科・中等科・高等科では、以下のような小中高一貫教育区分を設定している。このような教育区分を設定した理由は、初等科の第4学年から第5学年にかけて思春期に入り、体格・知的発達・意識の面で成長の段階が異なるためである[2]。これを受けて、初等科第5学年及び第6学年の児童は中等科の生徒と同じ校舎で学習している。その一方、従来の6-6制の枠組みを併用する関係上、施設一体型の公立小中一貫校とは異なり、小学校第6学年修了時には小学校卒業式を行う[2]

  • ファーストステージ(初等科第1学年から初等科第4学年までの初等教育)-「基礎・基本の習得を大切に」[3]
  • セカンドステージ(初等科第5学年から中等科第2学年までの前期中等教育)-「定着・習熟で伸張させる」、教科担任制の導入・拡大[4]
  • サードステージ(中等科第3学年から高等科第3学年までの後期中等教育)-「応用・発展で深化させる」[5]

初等科第5年生転入・編入[編集]

聖心女子学院初等科では、第4学年で初等教育が修了し、第5学年から中等教育が開始されるので、2012年度以降、第5学年から児童約24名を募集している[6]

  • 転入・編入試験受験資格者は、原則として国立又は公立の小学校の第4学年の全課程を修了している者。
  • 私立小学校に在籍中の第4学年の課程を修了している者は、第5学年の転入・編入試験を受験できない。ただし、親権者の転勤などで通学時間1時間30分以内に転居することが確定し、児童の転校を余儀なくされている場合は私立の小学校の第4学年の全課程を修了している者も受験できる。
  • 聖心女子学院中等科入学試験は2013年度をもって終了し、聖心女子学院中等科においては2014年度以降は、帰国生対象生徒入学試験を除いて、生徒の募集は行わない。私立中学校で生徒募集を行わないのは、田園調布雙葉中学校に続いて2校目になる(休校を前提にした生徒募集を停止する事例を除く)。
  • 聖心女子学院高等科においては、生徒の募集は行わない。
  • 聖心女子学院初等科に入学し、又は第5学年に転入若しくは編入しなければ、聖心女子学院中等科・高等科に進学することはできない。

宗教行事[編集]

  • 4月 始業ミサ
  • 5月 聖マグダレナソフィアの祝日、聖母戴冠式
  • 6月 みこころのミサ
  • 7月 高等科3年黙想会 …グループに分かれて黙想の家に宿泊し、黙想を行う
  • 10月 感ずべき御母の祝日、みこころ祭
  • 11月 練成会、聖フィリピン・デュ・シェーンの祝日
  • 12月 ゆりの行列、クリスマス・ウィッシング
  • 2月 高等科3年卒業のミサ
  • 3月 感謝のミサ

クラブ活動[編集]

中高等科には、文化部、運動部、公演系合わせて19の部活動がある。活動は週2回までと決められている。部活動の他にも、サークルと呼ばれるお昼休みなどに主な活動を行う有志の団体もある。

文化部[編集]

  • 美術部
  • 理化学部
  • 生物部
  • 地学部
  • 家庭部

運動部[編集]

  • テニス部
  • バスケットボール部
  • 水泳部
  • バレーボール部
  • ソフトボール部
  • 卓球部
  • バドミント部
  • 剣道部
  • 陸上部

公演系[編集]

  • オーケストラ部
  • 日本語演劇部
  • 英語演劇部
  • ダンス部
  • 軽音楽部


サークル
  • 茶道サークル
  • 華道サークル
  • 合唱サークル
  • E.S.S.
  • サッカーサークル
  • 模擬国連サークル
  • 社会科サークル
  • 映画サークル
  • 競技かるたサークル
  • 手話サークル

一方、初等科は月曜の6限にクラブ活動をする。初等科では、〜部という言い方はあまりせず、〜クラブということが多い。

  • バトミントンクラブ
  • バスケットボールクラブ
  • ダンスクラブ
  • 手話クラブ
  • 演劇クラブ
  • 読書創作クラブ
  • コンピュータークラブ
  • 手作りクラブ

校外施設[編集]

丹沢学舎(神奈川県足柄上郡松田町寄)がある。 初等科4年生は校外学習で丹沢を訪れる。夏休みには各部活動の合宿に使われ、合宿には中3以上が参加できる。

交通[編集]

制服[編集]

制服は、初等科は麻布十番にある小さなマドモアゼルというブティックで購入することができ、中高等科生は日本橋の三越で購入することもできる。

  • 冬服 緑の千鳥格子のジャケットを着用する。初等科1〜3年生はボレロ、4年生〜高等科3年生まではベストを着用し、吊りスカートである。ブラウスは、初等科は丸襟、中高等科は角襟である。靴下は緑色。左胸に校章を付ける。特に中高等科では、各委員会のバッチを付けているものもいる。初等科では、学級委員、各もゆるの長にバッチが与えられ、クラブの部長にはメダイが与えられる。
  • 夏服 聖心では夏服は、上記の冬服の際半袖ブラウスを着用する時を指す。水色のワンピースがあるが、”真夏服”と呼ばれる。
制服ルール

初中高等科全て共通のルールに、セーターの着用がある。セーターを着ての通学は禁止で、校内でのみ着ることが許されている。セーターを着用すると校章が見えないためこのようなルールがある。 ちなみに中高等科には真夏服着用の際に合わせて着るカーディガンがある。これを着ての登校は許可されている。但しカーディガンを冬服の上に着ることは、校内でも校外でも禁止されている。 初等科では冬場にグレーのタイツを担任の許可なく着用できる。中高等科生は着用の際担任に異装届けを提出する必要がある。 また、中高等科生は指定かばんの代わりにリュックを使用できる。

著名な出身者(関係者を含む)[編集]

脚注及び参照[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 4-4-4制がはじまりました-学院の内容
  2. ^ a b 私立小学校校長先生インタビュー 聖心女子学院1-お受験インデックス
  3. ^ ファーストステージで培いたい力
  4. ^ セカンドステージでつけたい力
  5. ^ サードステージ教科教育の特色
  6. ^ 初等科5年生(転入・編入)-児童の募集

関連項目[編集]

外部リンク[編集]