細川珠生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
細川 珠生
(ほそかわ たまお)
生誕 (1968-07-12) 1968年7月12日(52歳)
日本の旗 日本東京都
国籍 日本の旗 日本
教育 聖心女子大学外国語外国文学科(英文科)
職業 ジャーナリスト
活動期間 1993年 – 現在
代理人 ニチエンプロダクション
有限会社パールオフィス[注釈 1]
肩書き 政治ジャーナリスト
政治評論家
配偶者 あり
子供 1児
家族 細川隆一郎(父親)
細川隆三(兄)
片平凌悟(長男)[1]
公式サイト https://hosokawatamao.com/ 細川珠生公式Webサイト

細川 珠生(ほそかわ たまお、1968年7月12日 - )は、日本政治ジャーナリスト。現性:片平[1]。父親は元毎日新聞記者で、政治評論家細川隆一郎、長兄は政治評論家、元テレビ朝日報道局政治部デスクの細川隆三、長男は先祖研究者の片平凌悟[1]

来歴[編集]

東京都出身。聖心女子学院初等科・中等科・高等科、1991年3月、聖心女子大学外国語外国文学科(英文科)卒業。同年ペパーダイン大学政治学部に1年間留学。

帰国後、父親である隆一郎とテレビで共演する機会も多く、元来、一生仕事をして行きたいと考えて、フリーのジャーナリストとして執筆活動を行っていた。1993年5月、初めての単行本として「娘のいいぶん―ガンコ親父にうまく育てられる法」を発刊。1995年4月、日本文芸振興会主催の第15回日本文芸大賞にて女流文学新人賞を受賞。

1999年、30歳の時に結婚[2][3]。2000年、第9回日本地方新聞協会JLNAブロンズ賞受賞

2003年、隆一郎が脳梗塞を発症し、発見が遅れたため、左半身麻痺が残り、元来からの持病であった黄斑変性が進行して失明してしまったが、頑固な性格のため、実際の症状で要介護認定が最高位にも関わらず、介護認定の面談で隆一郎が見栄を張って、実際より重度でない事を告げ、かつ隆一郎が仕事を続ける事を頑なに守ったため、著作の口述筆記や一般紙の読み聞かせ等のサポートをしていた[4]。また、同年から2011年迄、品川区教育委員を務めていた。2005年、第1子である長男である片平凌悟を出産。

2004年、星槎大学、現代政治論の非常勤講師を担当。2016年1月から千葉工業大学の理事に就任。

人物[編集]

キリスト教カトリック教会信者で洗礼名はガラシャ。岩井聖珠の芸名を持つ日本舞踊岩井流師範である[5]

細川ガラシャ明智光秀の子孫としてメディアに登場することがある。

細川珠生の息子:片平凌悟は、2020年5月23日放送の『サンドウィッチマン&芦田愛菜の博士ちゃん』にて、明智光秀の子孫である「明智光秀博士ちゃん」としてリモート出演した。細川珠生もリモート出演した。[6]

著書[編集]

  • 細川珠生『娘のいいぶん―ガンコ親父にうまく育てられる法』情報センター出版局、1993年。ISBN 479581452X
  • 細川珠生『未来を託す男たち』ぶんか社、1999年。ISBN 4821106965
  • 細川珠生『自治体の挑戦―改革者たちの決断と実践』学陽書房、2000年。ISBN 4313160795
  • 細川珠生『未来を託す男たち〈2〉』ぶんか社、2001年。ISBN 4821107295
  • 細川珠生『政治家になるには』ぺりかん社〈なるにはBOOKS〉、2002年。ISBN 4831510033

出演番組[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

インターネット動画配信[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ ニチエン所属前からの個人事務所、隆一郎の版権管理等を担当

出典[編集]

外部リンク[編集]