内閣総理大臣夫人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

内閣総理大臣夫人(ないかくそうりだいじんふじん)は、日本内閣総理大臣の妻。公職ではない。一般には「首相夫人(しゅしょうふじん)」「総理夫人(そうりふじん)」と呼ばれることが多く、近年(第1次安倍内閣以降)では海外の例に倣い「ファーストレディ」と呼ばれることもある。なお、2017年(平成29年)現在、日本の歴代内閣総理大臣は全て男性であり、首相が女性で配偶者が男性である場合の呼称は存在しない。

概説[編集]

内閣総理大臣夫人は、内閣総理大臣の配偶者であり私的パートナーであるが、首相の外遊への随行や、公的活動(災害被災地の慰問、文化事業の視察、運動競技の参観、来賓の歓迎行事や晩餐会など)への随伴、また首相の名代として参加することがある。しかし内閣総理大臣夫人は公職ではなく、その公的活動の根拠となる法律も存在しないため、日本を代表して公的行事に参加することに対しては議論がある。

日本では首相夫人の活動をサポートする予算や法律は特に存在しないが、公的な活動にかかる費用については「国家公務員等の旅費に関する法律」等の法律に基いて財務省が定めた運用方針に従い拠出される。

第1次安倍内閣では、首相官邸を拠点に活動する安倍晋三首相と首相公邸を拠点に「ファーストレディ」として積極的な活動を見せた昭恵夫人との連絡調整を主な任務とする「首相公邸連絡調整官」が設けられ、首相夫人をサポートする体制が整えられたが、次の福田内閣福田康夫首相・貴代子夫人)にて廃止された。

日本では総理夫人の活動が大きく報道されることは少ないが、公的な活動に積極的に参加する首相夫人も少なくはなく、「ジャパンズ・ファーストレディ(Japan's first lady)」の呼称とともにメディアに露出する機会も増えつつある。

第3次安倍内閣では、2017年3月に「『内閣総理大臣夫人』は、公人ではなく私人であると認識している」とする答弁書を閣議決定した[1][2]

内閣総理大臣夫人の一覧[編集]

総理夫人
1 伊藤梅子  伊藤博文 
2 黑田瀧 黑田清隆
3 山縣友子 山縣有朋
4 松方滿佐子 松方正義
5 大隈綾子 大隈重信
6 桂可那子 桂太郎
7 (不在) 西園寺公望
8 山本登喜子 山本權兵衛
9 寺内タキコ 寺内正毅
10 原淺 原敬
11 高橋志な
(品)
高橋是清
12 加藤キヨ子 加藤友三郎
13 清浦錬子 清浦奎吾
14 加藤春路 加藤高明
15 若槻德子 若槻禮次郎
16 田中壽天 田中義一
17 濱口夏 濱口雄幸
18 犬養千代子 犬養毅
19 齋藤春子 齋藤實
20 (不在) 岡田啓介
21 廣田静子 廣田弘毅
22 林初治  林銑十郎
23 近衞千代子 近衞文麿
24 (不在) 平沼騏一郎
25 阿部みつ子 阿部信行
26 米内こま 米内光政
27 東條かつ子 東條英機
28 小磯馨子 小磯國昭
29 鈴木たか 鈴木貫太郎
30 聰子内親王 東久邇宮稔彦王
31 幣原雅子 幣原喜重郎
32 吉田喜代子 吉田茂
33 片山菊江 片山哲
34 芦田壽美 芦田均
35 鳩山薫
(薫子)
鳩山一郎
36 石橋うめ  石橋湛山
37 岸良子 岸信介
38 池田滿枝 池田勇人
39 佐藤寛子 佐藤榮作
40 田中はな 田中角榮
41 三木睦子 三木武夫
42 福田三枝 福田赳夫
43 大平志げ子 大平正芳
44 鈴木さち 鈴木善幸
45 中曾根蔦子 中曾根康弘
46 竹下直子 竹下登
47 宇野千代[3] 宇野宗佑
48 海部幸世 海部俊樹
49 宮澤庸子 宮澤喜一
50 細川佳代子 細川護熙
51 羽田綏子 羽田孜
52 村山ヨシヱ 村山富市
53 橋本久美子 橋本龍太郎
54 小渕千鶴子 小渕恵三
55 森智恵子 森喜朗
56 (不在) 小泉純一郎
57 安倍昭恵 安倍晋三
58 福田貴代子 福田康夫
59 麻生千賀子 麻生太郎
60 鳩山幸 鳩山由紀夫
61 菅伸子 菅直人
62 野田仁実 野田佳彦

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 衆議院議員逢坂誠二君提出内閣総理大臣夫人の法的地位に関する質問に対する答弁書” (2017年3月14日). 2017年3月28日閲覧。
  2. ^ “首相夫人「公人でない」=政府”. 時事ドットコム. (2017年3月17日). http://www.jiji.com/jc/article?k=2017031400542&g=pol 2017年3月28日閲覧。 
  3. ^ 作家の宇野千代とは同姓同名の別人。

参考文献[編集]

  • 『閨閥 特権階級の盛衰の系譜』改訂新版(神一行 著、角川書店、2002年)
  • 『永田町おんな太閤記 総理夫人とっておきの話』(小林吉弥 著、現代書林、1983年)
  • 『昭和の宰相』全6巻(戸川猪佐武 著、講談社、1982年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]