八芳園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社 八芳園
Happoen-1.jpg
正門
(2018年3月30日撮影)
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
108-8631
東京都港区白金台1-1-1
設立 1952年9月29日
業種 サービス業
法人番号 1010401024257
事業内容 ウエディング事業、宴集会・レストラン事業
代表者 代表取締役社長 長谷晴義
資本金 1億円
売上高 94億円(2013年度実績)
純利益 5億5708万1000円(2018年09月30日時点)[1]
総資産 165億7444万8000円(2018年09月30日時点)[1]
従業員数 360名
外部リンク http://www.happo-en.com/
テンプレートを表示

八芳園(はっぽうえん)とは東京都港区白金台に所在する、1万2000坪の敷地内に庭園のあるレストラン結婚式場である。明治学院大学シェラトン都ホテル東京と近接している。庭園の名称は「四方八方どこを見ても美しい」に由来する。

歴史[編集]

江戸時代前期には譜代の江戸幕府旗本大久保忠教(彦左衛門)の屋敷(但し、現在の園全域ではなく一部が彦左衛門の屋敷地)であったが、その後薩摩藩抱屋敷島津氏(松平薩摩守)の下屋敷を経て、明治時代に渋沢喜作の手に渡る。[2]

1915年大正4年)、実業家・久原房之助[3]邸宅時に現在の建物と庭園が整備された。戦後久原(当時公職追放中)は、銀座築地で料亭などの経営を手がけていた長谷敏司[4]に、海外からの旅行者(賓客)向けに、日本庭園を生かした本格的な料亭の共同経営を持ちかけ、自ら「八芳園」と命名し1950年昭和25年)に創業。数年後全面的に長谷側の所有となり、経営が本格化した。[2]

料亭[編集]

現在の八芳園は株式会社八芳園[5]により運営され、結婚式場やパーティなどにも広く利用されている。

利用者は広大な庭園を散策でき、庭園内には横浜生糸貿易商を営んでいた田中平八[6]の建てた茶室が移築されている。

脚注[編集]

  1. ^ a b 株式会社八芳園 第67期決算公告
  2. ^ a b 八芳園の歴史 - (株)八芳園
  3. ^ 「鉱山王」の異名のあった実業家・政治家。
  4. ^ 長谷敏司(はせとしつか、19031991年)は鳥取県出身の実業家、長谷観光社長。『長谷敏司の歩んだ道』(八芳園刊、非売品、1982年)に詳しい、現在は息子が社長。
  5. ^ 株式会社としての正式な登記は1952年9月である。
  6. ^ 通称「糸屋の平八」「天下の糸平」と呼ばれた長野県出身の実業家。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度38分18秒 東経139度43分43.5秒 / 北緯35.63833度 東経139.728750度 / 35.63833; 139.728750