大久保忠教

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
大久保忠教
大久保彦左衛門.jpg
大久保忠教
時代 戦国時代 - 江戸時代前期
生誕 永禄3年(1560年
死没 寛永16年2月29日1639年4月2日
改名 平助(幼名)、忠教
別名 彦左衛門(通称)、忠雄
戒名 了真院殿日清
墓所 長福寺愛知県岡崎市
本禅寺京都市上京区
立行寺東京都港区
幕府 江戸幕府
主君 徳川家康徳川秀忠徳川家光
氏族 大久保氏
父母 父:大久保忠員
兄弟 忠世忠佐忠為忠教
馬場信成
忠名包教政雄

大久保 忠教(おおくぼ ただたか)は、戦国時代から江戸時代前期の武将江戸幕府旗本徳川氏家臣・大久保忠員の八男。通称の彦左衛門で有名。幼名は平助。一時忠雄とも名乗った。兄に大久保忠世大久保忠佐大久保忠為ら。子に大久保忠名大久保包教大久保政雄らがいる。妻は馬場信成の娘。『三河物語』の著者としても知られる。

生涯[編集]

「大久保忠教墓」の史跡記念碑
東京白金智光山立行寺

永禄3年(1560年)、三河国上和田(愛知県岡崎市)に誕生。徳川氏に仕え、17歳のときに兄・忠世と供に遠江平定戦に参加。犬居城での合戦が初陣という。以後、忠世や忠佐らの旗下で各地を転戦し、高天神城攻めで岡部元信を討ち、天正13年(1585年)の第一次上田城の戦いでは全軍が真田昌幸の采配に翻弄される中、兄らと奮戦した。

天正18年(1590年)、小田原征伐の後、主君・徳川家康江戸に移封され、兄・忠世およびその子で甥忠隣相模国小田原城主に任じられると3000石を与えられる。慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いでは 秀忠の軍に同行し第2次上田城攻めに加わった。 このころ、次兄の忠佐は駿河国沼津城主となって2万石を領していたが忠佐の嫡子・忠兼が早世してしまったため、弟の忠教を養子として迎えて後を継がせようとしていた。しかし忠教はこの申し出を「自分の勲功ではない」と固辞したため、忠佐の死後沼津藩は無嗣改易とされた。

続けて忠隣が失脚、改易となると、それに連座して忠教も一時改易された。しかし家康直臣の旗本として召し出され、三河国額田に1000石を拝領し復帰した。慶長19年(1614年)、大坂の陣にも槍奉行として従軍。家康死後も2代将軍徳川秀忠の上洛に従い、3代将軍・徳川家光の代になって旗奉行となった。このころ更に1000石を加増されている。

寛永12年(1635年)ごろから常陸国 鹿嶋に300石ほどの地を移し、余生を送りながら『三河物語』の執筆に没頭したようである。寛永16年(1639年)に80歳で死去。死の間際に家光から5000石の加増を打診されたが、「余命幾ばくもない自分には有り難いが不要」と固辞したと伝えられている。

法名:了真院殿日清。墓所:愛知県岡崎市竜泉寺町の海雲山弘誓院長福寺。京都市上京区上之辺町の光了山本禅寺および東京都港区白金の智光山立行寺(忠教によって建立されたため、通称を「大久保寺」という)。

講談・講釈の中の忠教[編集]

たらいに乗って登城する大久保彦左衛門(月岡芳年画)
  • 俗に「天下のご意見番」として名高い忠教であるが、旗本以下の輿が禁止された際に「大だらい」に乗って登城したという逸話や将軍・家光にことあるごとに諫言したなどの逸話は後世の講談や講釈の中での創作である。これは太平の世に著書『三河物語』が当時の体制に不満を持っていた武功派の武士たちに支持され、いわばヒーローとして祭り上げられた結果ともいえる。
  • 忠教自身、自分の出世を顧みず常に多くの浪人たちを養ってその就職活動に奔走していたといわれており、様々な人々から義侠の士と慕われていたのは事実ではあるらしい。
  • いわゆる講談や講釈で知られるようになった「大久保彦左衛門と一心太助の物語」は鶴屋南北の弟子・河竹黙阿弥が書いた歌舞伎芝居に脚色してからである。
  • なお、鳶ヶ巣砦の攻撃を忠教の初陣としているのも講談での脚色の可能性が高い。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]