岸田裕子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
きしだ ゆうこ
岸田 裕子
Yuko Kishida 26032022.jpg
生誕 (1964-08-15) 1964年8月15日(57歳)
日本の旗 日本 広島県三次市
国籍日本の旗 日本
出身校東京女子大学文理学部日本文学科卒業
配偶者岸田文雄
子供3人(3男)[1]
親戚義弟・岸田武雄 義妹・岸田純子、岸田典子
20220523 Fumio Kishida and Joe Biden 26.jpg
President Biden welcomed by the Kishidas for hosting the dinner in 2022 (3).jpg

岸田 裕子(きしだ ゆうこ、旧姓:和田(わだ / わた)、 1964年昭和39年〉8月15日 - )は、第100代第101代内閣総理大臣岸田文雄日本ファーストレディ[2][3]2021年令和3年〉10月4日 - )。

経歴[編集]

生い立ち[編集]

広島県三次市で、不動産会社経営者の長女として生まれる。広島女学院中学校・高等学校を経て、1987年東京女子大学文理学部日本文学科を卒業[2]

大学卒業後[編集]

東京女子大を卒業後、1987年マツダに入社し、当時副社長だった和田淑弘元社長らの役員秘書を務めた[4]1988年、今の夫である文雄と見合いで結婚[4]。3人の息子をもうけた[2]

人物[編集]

2021年自由民主党総裁選挙の選挙戦前に、夫の文雄はインスタグラムのライブ配信に取り組み、2度目のライブ配信で自身と長男が共演した[5]。その中で裕子は自身の得意料理や連想ゲームなど、夫婦のチームワークが問われる問題が出題され、文雄との初デートの場所が「マハラジャ」であることなどを明かした[5]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]


先代
菅真理子
内閣総理大臣夫人
2021年 -
次代
現職