菅真理子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
すが まりこ
菅 真理子
Mariko Suga cropped 1 Mariko Suga Yoshihide Suga Nguyen Xuan Phuc and Tran Thi Nguyet Thu 20201019 2.jpg
2020年10月19日、ハノイ市にて
生誕 (1953-11-28) 1953年11月28日(69歳)
日本の旗 日本 静岡県清水市
国籍日本の旗 日本
出身校静岡女子大学家政学部卒業
職業主婦
配偶者菅義偉

菅 真理子(すが まりこ、1953年昭和28年〉11月28日 - )は、第99代内閣総理大臣である菅義偉

来歴[編集]

生い立ち[編集]

静岡県清水市(現・静岡市清水区)で生まれる[1]。両親は食料品卸会社を経営しており[2]缶詰飲料水などをスーパーマーケットに卸していた[2]。地元の公立中学校には進学せず[1]静岡大学教育学部附属静岡中学校に進学[1]。中学校ではバレーボール部に在籍した[1]

中学校卒業後、静岡県立清水東高等学校に進学[1]。高校では弓道部に在籍した[2]

高校卒業後、静岡女子大学(現・静岡県立大学)に進学し[1]家政学部を卒業した[3]

大学卒業後[編集]

衆議院議員であった小此木彦三郎の自宅にて、家事手伝いとして住み込みで勤務した[4][注釈 1]。この頃、小此木の秘書を務めていた菅義偉と知り合い、結婚した[1]。義偉が1987年(昭和62年)の横浜市会議員選挙に立候補し、初当選を果たす。以降、政治家の妻として義偉を支える[1]。なるべく目立たないように留意しており、表舞台に立つことを避けている[5]。義偉の事務所には選挙期間中しか足を踏み入れないが[6]、期間中は最初に出勤して事務所の前を掃除しているという[6]。選挙演説などでマイクを握ることも稀だとされるが[6]、義偉が不在の場合に代理で挨拶する機会もあるという[6]。義偉が自民党総裁選に立候補を表明した記者会見で締めた青色の「勝負ネクタイ」は、真理子夫人がプレゼントしたものだった[7]

2020年10月、義偉の初外遊となったベトナムインドネシア訪問に同行して外交デビューし、当時の首相夫人同士の懇談などに臨んだ[8]

2021年6月、イギリスコーンウォールで開催されたG7サミットに同行し、2日目の夕食会のバーベキューではボリス・ジョンソン首相のキャリー夫人と2人で会話をする様子があった。また義偉が韓国の文在寅大統領と会話をした後、文大統領夫妻と真理子夫人だけで会話をする場面もあった[9]

人物[編集]

2021年G7サミットでのボリス・ジョンソン英首相夫妻と菅夫妻

中国の『環球時報』は、義偉の内閣総理大臣就任直後に一面で伝え、さらに特集を組むほど注目したが、本人は就任前まで表舞台に立つことはなかった。1987年、義偉が横浜市会議員に初当選して以来の付き合いのある横浜市会議員の田野井一雄は真理子のことを「自分のわきまえを踏まえ、清楚で笑顔が素敵な女性で、挨拶は大の苦手だが、いざというときにはしっかりと充実したスピーチができる」などと評した。また、中学校時代の教師は「でしゃばる方ではないが、芯は大変強い。夫にアドバイスができる。ただただ仕えるというよりもいいパートナーになれる」と評した。

表舞台に立つことが少ないためメディアが写真を探すのも大変だったと伝えられる。ただ、即位の礼「内閣総理大臣夫妻主催晩餐会」では白のスーツに真珠ネックレスを着けて義偉の後ろを歩く姿がメディアに捉えられていた。義偉の番記者の前田洋平が国会で偶然顔を合わせたものの夫人だとは気付かなかったほど控え目だったが、その際には「菅が大変お世話になっています」と挨拶されたというエピソードがある。義偉自身は、民放テレビ番組において総裁選立候補に際して「一番の難敵は真理子だった」と発言した。目立つのが嫌だという理由からだが、官房長官就任時にもひと悶着あり、義偉が官房長官公邸に住もうとしたところを真理子が嫌がったという[10]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 真理子の妹も小此木の事務所で秘書として勤務していた[4]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h “菅首相の妻、真理子さんに同窓生らエール 静岡・清水区出身”. 静岡新聞 SBS (静岡新聞社). (2020年9月17日). https://www.at-s.com/news/article/politics/shizuoka/809387.html 2020年9月26日閲覧。 
  2. ^ a b c “新ファーストレディ・真理子夫人は菅新首相に「逆プロポーズ」していた!馴れ初めを親友が明かす(2/3)”. AERA dot. (朝日新聞出版). (2020年9月14日). https://dot.asahi.com/wa/2020091400036.html?page=2 2020年9月26日閲覧。 
  3. ^ 『おおとり会だより』静岡女子短期大学・静岡女子大学同窓会おおとり会、2021年3月31日、3頁。
  4. ^ a b “新ファーストレディ・真理子夫人は菅新首相に「逆プロポーズ」していた!馴れ初めを親友が明かす(3/3)”. AERA dot. (朝日新聞出版). (2020年9月14日). https://dot.asahi.com/wa/2020091400036.html?page=3 2020年9月26日閲覧。 
  5. ^ “「内助の功」に徹する真理子夫人 表舞台避け、新首相支える”. 静岡新聞 (静岡新聞社). (2020年9月16日). https://www.at-s.com/news/article/politics/national/809156.html 2020年9月26日閲覧。 
  6. ^ a b c d “新ファーストレディ、真理子夫人は菅新首相に「逆プロポーズ」していた!馴れ初めを親友が明かす(1/3)”. AERA dot. (朝日新聞出版). (2020年9月14日). https://dot.asahi.com/wa/2020091400036.html?page=1 2020年9月26日閲覧。 
  7. ^ 「内助の功」に徹する真理子夫人
  8. ^ 菅首相の妻・真理子氏も外交デビュー 首相夫人と懇談
  9. ^ 「真理子夫人が菅総理をフォローするように」G7サミット、記者が見たファーストレディーとしての外交手腕
  10. ^ 新ファーストレディー 真理子夫人の気になる素顔”. ANNnewsCH (2020年9月15日). 2020年9月24日閲覧。

外部リンク[編集]

先代
安倍昭恵
内閣総理大臣夫人
2020年 - 2021年
次代
岸田裕子