2010年日本APEC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

2010年日本APEC(2010ねん にっぽんエイペック)は、アジア太平洋経済協力 (Asia-Pacific Economic Cooperation; APEC) に加盟する国と地域が参加して日本で行われる一連の会議のこと。首脳会議は2010年平成22年)11月13日 - 14日横浜市で開催される[1][2]。首脳会議の開催地から、当会議を「横浜APEC」とも呼ぶ。

日本では1995年(平成7年)の大阪APEC以来の開催[3]

概要[編集]

会議の主な焦点は、前回の2009年シンガポールAPECにて合意したAPECの経済成長戦略の策定、および、「ボゴール目標」のうち先進国分の開かれた貿易・投資の達成度についてである。

6月に札幌市で行われた貿易担当大臣会合(MRT)では世界経済の成長持続に向け、保護主義回避の方針で一致した。また、停滞する世界貿易機関(WTO)の多角的貿易交渉(ドーハ・ラウンド)早期妥結を目指すことでも合意した[4]

また、同月福井市で開かれたエネルギー担当相会合(EMM)では、19日、域内での温室効果ガス排出削減や省エネ製品の普及などで協力することを盛り込んだ議長声明を採択した。同声明は「エネルギー安全保障に向けた低炭素化対策に関する福井宣言」と題される。声明ではAPECとして初めて、原子力発電所が温暖化対策に貢献することを認め、建設促進を盛り込んだ。11月に横浜市で開かれる首脳会議で打ち出すAPECの成長戦略に反映する[5]。一方、原発推進を懸念する人々による集会や、デモ行進、シンポジウムも会場近くで行われ、約200人が参加した[6]

8月に大分県別府市で開かれた成長戦略ハイレベル会合では、環境対策と経済発展の両立や人材起業家の育成など、2015年までの行動計画の素案を盛り込んだ議長声明を採択した[7]

9月に奈良市で開かれた観光大臣会合では、アジア太平洋地域における成長にとっての観光の重要性を確認。雇用創出や貧困克服、環境保全に向けて連携して観光振興を図ることを柱とした「奈良宣言」を採択した[8]

10月に岐阜市で開かれた中小企業相当相会合では、域内の成長戦略を実現するために中小企業の国際的な事業展開を支援することなどで合意した[9]

また、同月新潟市で開かれた食料安全保障担当大臣会合では、世界的な人口増加異常気象などを背景に食料不足への懸念が強いことを受け、農産物の安定供給強化に向け協力することをうたった「新潟宣言」を採択した[10]

日本は首脳会議で「横浜目標」を策定することを目指している。

日程[編集]

期間 会議名 都市 会場
2009年 12月9日 - 10日 2010年日本APECシンポジウム 東京都 ホテル日航東京
12月11日 非公式高級実務者会合(ISOM)
2010年 2月22日
 - 3月7日
第1回高級実務者会合(SOM1)
および関連会合
広島市[11] グランドプリンスホテル広島
広島国際会議場
4月20日 - 21日 特別高級実務者会合(特別SOM) 東京都
5月24日
 - 6月4日
第2回高級実務者会合(SOM2)
および関連会合
札幌市[12] 札幌コンベンションセンター
札幌プリンスホテル
6月5日 - 6日 貿易担当大臣会合(MRT) 札幌コンベンションセンター
6月19日 - 20日 エネルギー大臣会合(EMM) 福井市[13] ホテルフジタ福井
8月7日 - 8日 成長戦略ハイレベル会合 別府市[14] ビーコンプラザ
9月6日 - 9日 知的財産権専門家会合(IPEG) 仙台市[15] 仙台国際センター
9月15日 - 26日 第3回高級実務者会合(SOM3)
および関連会合
ウェスティンホテル仙台
9月22日 - 23日 観光大臣会合 奈良市[16][17] 奈良県新公会堂
10月2日 - 3日 中小企業大臣会合(SMEMM) 岐阜市[18] 長良川国際会議場
岐阜都ホテル
10月16日 - 17日 食料安全保障担当大臣会合 新潟市[19] 朱鷺メッセ
10月30日 - 31日 電気通信・情報産業大臣会合(TELMIN) 名護市 万国津梁館
11月6日 財務大臣会合(FMM) 京都市[20] 国立京都国際会館
11月7日 - 8日 最終高級実務者会合(CSOM) 横浜市[21] パシフィコ横浜
11月10日 - 11日 第22回APEC閣僚会議(AMM)
11月13日 - 14日 首脳会議
※ 上記の他、海洋関連大臣会合(議長:ペルー)がペルーで、人材養成大臣会合(議長:中国)が北京でそれぞれ開催予定。

首脳会議[編集]

11月に首脳会議が行われ、首脳宣言「横浜ビジョン~ボゴール,そしてボゴールを超えて」が採択された。貿易、サービス、資本移動の障壁を減らし、域内を「緊密な共同体」にすることを目指すとした[22]

アジア太平洋自由貿易圏(FTAAP)の実現に向けて、ASEAN+3・ASEAN+6[23]。 ・環太平洋パートナーシップ協定(TPP)等といった地域的な取組を基礎として更に発展させていくことなどにより,包括的な自由貿易協定として追求されるべきことが合意された[24]

また,アジア太平洋地域における成長の質を高め,持続可能な成長を実現するため,APECとして初めての成長戦略が策定された[25]

APECの将来像としては、低炭素で環境に配慮した「強い共同体」、テロや感染症などを抑える「安全な共同体」も掲げた[22]

APECでは各国首脳が記念写真を撮影することが恒例になっていたが、2010年日本でのAPECでは民族衣装ではなくスーツを着ての記念撮影となった[26]。ただし、民族衣装を着ないといけないという厳密な規則はない[27]

横浜首脳会議開催に伴う影響[編集]

この横浜APEC開催によるテロ対策の為、以下のイベント開催中止や娯楽施設の営業禁止措置もしくは自粛などの影響が出ている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 平成22年のAPECは「横浜」で 麻生首相が表明 MSN Sankei News2009年3月25日
  2. ^ APEC:関連会合の日程と開催地を発表 来年秋に開催 Mainichi.jp 21 July, 2009
  3. ^ Japan to host 2010 APEC leaders meeting in Yokohama The Black Ship 25 March, 2009
  4. ^ APEC:貿易担当相会合開幕 保護主義回避で一致 毎日新聞2010年6月5日
  5. ^ APECエネ相声明 原発建設を促進 読売新聞2010年6月21日
  6. ^ APEC:会合閉幕 「原発推進」宣言に懸念、反対集会やデモに200人 /福井 毎日新聞地方版2010年6月20日
  7. ^ 持続的発展へ行動計画=環境・経済の両立盛り込む-APEC会合が閉幕 時事ドットコム2010年8月8日
  8. ^ 「第6回APEC観光大臣会合」で「奈良宣言」を採択(観光庁) 日本商工会議所
  9. ^ APEC岐阜会合有意義だったと総括 社長のための経済ニュース2010年10月7日
  10. ^ 食料安定供給で協力強化=62プロジェクトの行動計画-APEC会合「新潟宣言」 時事ドットコム2010年10月17日
  11. ^ 日本APEC広島高級実務者会合の支援(広島市)
  12. ^ 2010年APEC貿易担当大臣会合北海道・札幌実行委員会
  13. ^ 2010年日本APECエネルギー大臣会合(福井県)
  14. ^ APEC成長戦略ハイレベル会合(大分県)
  15. ^ 2010年APEC第3回高級実務者会合(仙台市)
  16. ^ 2010 APEC JAPAN 観光大臣会合 in 奈良
  17. ^ APEC開催推進室(奈良県)
  18. ^ 2010年日本APEC岐阜中小企業大臣会合推進協議会
  19. ^ 2010年APEC新潟食料安全保障担当大臣会合開催推進協議会
  20. ^ 第17回APEC財務大臣会合財務省
  21. ^ 2010年APEC横浜開催推進協議会
  22. ^ a b APEC「緊密な共同体」目指す 横浜ビジョン採択し閉幕 47NEWS(2010年11月14日)
  23. ^ ASEAN+3にインドオーストラリアニュージーランドを加えたもの(APECの成果 経済産業省HP)
  24. ^ 第18回APEC首脳会議「横浜ビジョン ~ ボゴール,そしてボゴールを超えて」首脳宣言(骨子)
  25. ^ APEC Q&A問11:横浜ビジョンとは何ですか。 外務省HP
  26. ^ “米中露“菅外交”を嘲笑…譲歩ばかりの「国辱的な会談」”. ZAKZAK. (2010年11月15日). http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20101115/plt1011151649005-n1.htm 
  27. ^ “APEC首脳会議、民族衣装の記念撮影はナシ”. AFPBB News. (2010年11月12日). http://www.afpbb.com/article/entertainment/fashion/2774308/6432030 

外部リンク[編集]