近衛千代子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
このえ ちよこ
近衛 千代子
Fumimaro and Chiyoko Konoe.jpg
自宅でくつろぐ近衛文麿(右)と千代子
生誕1896年1月11日
日本の旗 日本
死没 (1980-09-15) 1980年9月15日(84歳没)
日本の旗 日本 東京都
国籍日本の旗 日本
配偶者近衛文麿
子供近衛文隆
野口昭子
細川温子
近衛通隆
毛利高範
毛利賢子

近衛 千代子(このえ ちよこ、1896年明治29年)1月11日 - 1980年昭和55年)9月15日[1])は、昭和戦前期の政治家・近衛文麿の妻。子爵毛利高範の次女で、母は子爵井伊直安の養女(井伊直咸の娘)・賢子[2]

生涯[編集]

学習院女子部卒業。千代子は戦前からゴルフを好む活発な女性で、自宅に侵入した強盗に説教する男勝りの一面もあった。文麿とは恋愛結婚[3]で、文隆昭子、温子(細川護貞夫人)、通隆の二男二女をもうけた[4]

1945年(昭和20年)の文麿自殺後も、荻外荘を守りつつ、84歳で死去した。

脚注[編集]

  1. ^ 平成新修旧華族家系大成』上巻(霞会館、1996年)p.606
  2. ^ 「日本女性人名事典」(日本図書センター
  3. ^ 文麿が電車の中で千代子に一目ぼれした
  4. ^ 「「家系図」と「お屋敷」で読み解く歴代総理大臣 昭和・平成篇」(竹内正浩実業之日本社2017年
先代:
米内こま
内閣総理大臣夫人
1940年7月22日 - 1941年10月18日
次代:
東條かつ子