野田仁実

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
野田仁実
出生地 東京都
所属政党 民主党
配偶者 野田佳彦(1992年より)
子女 長男
次男

在任期間 2011年9月2日 - 2012年12月26日
テンプレートを表示

野田 仁実(のだ ひとみ)は、日本内閣総理大臣野田佳彦

来歴[編集]

夫の野田佳彦より6つ年下であり、2011年(平成23年)の野田内閣の成立でファーストレディとなった時点では48歳であった。正確ではないが、1963年生まれと推定される。東京都江戸川区の町工場の家で育った。音楽大学では声楽科専攻。音大卒業後、一般会社に就職した[1]

1988年(昭和63年)に当時千葉県議会議員だった野田佳彦と、ある後援者を通じて出会った。歌ってピアノを演奏する彼女の姿に一目ぼれした野田から、六本木の高級飲食店に招かれるなど、熱心にアプローチを掛けられた[1]。野田が国会議員に初当選する前年の1992年(平成4年)に結婚した[2]

人物[編集]

「奥ゆかしい人」「裏方に徹する人」というのが、周囲のもっぱらの評判である。鳩山幸菅伸子のように、メディアへの露出が多かった歴代の首相夫人とは対照的に「ごく控えめな人」という評価だが、外交の舞台では逆にマイナスになるかも知れないという意見もある[2]

夫の演説には定評があるが、彼女の弁舌もそれに劣らないと言われている。2006年(平成18年)に行われた民主党所属議員夫人らの集いで彼女が司会を務めたが、その場に同席した民主党の田嶋要は「多くの参席者が野田議員の夫人と気付かず、特別に招いたプロのアナウンサーだと思った」と語っている[3]

出典[編集]

[ヘルプ]
先代:
菅伸子
内閣総理大臣夫人
2011年9月2日 - 2012年12月26日
次代:
安倍昭恵