鈴木たか

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
すずき たか
鈴木 たか
生誕足立たか(あだち たか)
1883年7月4日
日本の旗 日本 北海道札幌市
死没 (1971-09-23) 1971年9月23日(88歳没)
日本の旗 日本
出身校東京女子高等師範学校
配偶者鈴木貫太郎(夫)
足立元太郎(父)

鈴木 たか(すずき たか[1]1883年明治16年)7月4日 - 1971年昭和46年)9月23日[2])は、日本の第42内閣総理大臣である鈴木貫太郎の妻(内閣総理大臣夫人)。北海道札幌市出身。

経歴[編集]

1883年明治16年)7月4日、足立元太郎の長女として北海道札幌市で誕生。父の元太郎は札幌農学校2期生(札幌バンド)のキリスト教徒であり、たか自身もクリスチャンクエーカー派)であった。

東京女子高等師範学校(現在のお茶の水女子大学)を卒業後、母校の幼稚園で保母となり、菊池大麓に見込まれ、裕仁親王(昭和天皇)の教育係となった[3]

1915年大正4年)に後の内閣総理大臣となる鈴木貫太郎と結婚。貫太郎にはトヨという前妻がいたが、1912年(大正元年)に死別している。貫太郎は1929年(昭和4年)から1936年(昭和11年)まで侍従長も務めたため、夫妻で昭和天皇に仕えたことになる。たかは、その後も何度も宮城に招かれ、昭和天皇にも謁見している[3]

1936年(昭和11年)2月26日二・二六事件で陸軍青年将校らに殺害されそうになった貫太郎を間一髪の所で助け、命を救う(詳細は「鈴木貫太郎#二・二六事件」を参照)。

1971年昭和46年)9月23日死去、88歳没[3]

脚注[編集]

  1. ^ 鈴木タカ、鈴木孝子とも表記される。
  2. ^ 平成新修旧華族家系大成』下巻(霞会館、1996年)p.773
  3. ^ a b c 『「家系図」と「お屋敷」で読み解く歴代総理大臣 昭和・平成篇』竹内正浩、実業之日本社, 2017, 「第二章 鈴木貫太郎」の項
先代
小磯馨子
内閣総理大臣夫人
1945年4月7日 - 1945年8月17日
次代
聰子内親王