村山ヨシヱ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
むらやま よしえ
村山 ヨシヱ
生誕1924年(96 - 97歳)
日本の旗 日本 大分県
国籍日本の旗 日本
職務日本の旗 内閣総理大臣夫人
配偶者村山富市(1953年 - 現在)

村山 ヨシヱ(むらやま ヨシヱ、1924年大正13年)[1] - )は、日本81内閣総理大臣である村山富市大分県出身[2]

経歴[編集]

大分県出身。1953年昭和28年)に村山富市大分市議会議員選挙に初出馬した際に出会い、票を頼みに来た村山が病院勤めのヨシヱを見染めたことがきっかけで同年に結婚した[3]。村山の当選を機にヨシヱは病院の仕事を辞め、大分県庁の職員食堂の経営に転じる[3]

その後、62歳のときに脊椎管狭窄症を発症して手術を行う。そのため、村山が1994年平成6年)6月30日から1996年(平成8年)1月11日まで内閣総理大臣を務めた際は、ファーストレディとしての役目は二女の由利がつとめた[2]

脚注[編集]

  1. ^ 「総理大臣の妻たち」(小林吉弥、日本文芸社1995年)には同年輩と記載。
  2. ^ a b 「総理大臣の妻たち」(小林吉弥、日本文芸社1995年
  3. ^ a b 天下の猛妻 -秘録・総理夫人伝- 村山富市・ヨシヱ夫人(上)”. exciteニュース. 2021年4月13日閲覧。
先代:
羽田綏子
内閣総理大臣夫人
1994年6月30日 - 1996年1月11日
次代:
橋本久美子