中曽根蔦子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
なかそね つたこ
中曽根 蔦子
生誕子林 蔦子
(1921-10-30) 1921年10月30日
日本の旗 日本 東京府
死没 (2012-11-07) 2012年11月7日(91歳没)
日本の旗 日本 東京都
死因心筋梗塞
出身校日本女子大学国文科
配偶者中曾根康弘(夫)
子供中曽根弘文(長男)
双川美智子(長女)
渥美美恵子(次女)
小林儀一郎(父)

中曽根 蔦子(なかそね つたこ、1921年大正10年)10月30日 - 2012年平成24年)11月7日)は、日本717273内閣総理大臣である中曽根康弘東京府出身。

経歴[編集]

東京府出身。明治大学教授であった小林儀一郎の三女として1921年大正10年)10月30日に生まれる。日本女子大学国文科を卒業。戦時中、海軍士官として台湾高雄の海軍施設部にいた中曽根康弘は東京への出張を命じられ、そこで蔦子と出会う。その後、終戦の年である1945年昭和20年)2月11日に結婚[1]

1947年(昭和22年)に康弘が衆議院議員選挙に当選し、代議士の妻となる。また1982年(昭和57年)11月27日から1987年(昭和62年)11月6日までは康弘が内閣総理大臣に在任し、長期にわたってファーストレディとして活動をした[1]

2012年平成24年)11月7日、91歳で死去。東京の青山葬儀所で告別式が行われた[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b 「総理大臣の妻たち」(小林吉弥、日本文芸社1995年
  2. ^ 中曽根蔦子さんが死去 中曽根康弘元首相の妻、弘文参院議員の母”. 日本経済新聞 (2012年11月7日). 2021年4月14日閲覧。
先代:
鈴木さち
内閣総理大臣夫人
1982年11月27日 - 1987年11月6日
次代:
竹下直子