第1次中曽根内閣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
第1次中曽根内閣
Yasuhiro Nakasone Cabinet 19821127.jpg
内閣総理大臣 第71代 中曽根康弘
成立年月日 1982年(昭和57年)11月27日
終了年月日 1983年(昭和58年)12月27日
与党・支持基盤 自由民主党
施行した選挙 第13回参議院議員通常選挙
第37回衆議院議員総選挙
衆議院解散 1983年(昭和58年)11月28日
田中判決解散
内閣閣僚名簿(首相官邸)
テンプレートを表示

第1次中曽根内閣(だいいちじなかそねないかく)は、行政管理庁長官衆議院議員及び自由民主党総裁中曽根康弘が第71代内閣総理大臣に任命され、1982年(昭和57年)11月27日から1983年(昭和58年)12月27日まで続いた日本の内閣

概要[編集]

自由民主党単独内閣。中曽根は事実上、ロッキード事件被告人として糾弾されていた田中角栄の後押しで政権を握った。内閣の大番頭である官房長官は総裁派閥からというのが従来からの慣例だったが、その官房長官の椅子に田中派の後藤田正晴をすえ[1]、ロッキード裁判に批判的な立場の秦野章をわざわざ法務大臣に起用したことは各界に衝撃を与えた[2]社会民主連合楢崎弥之助などは「中曽根内閣の上に田の字を付けて、田中曽根内閣」と皮肉った。前代、前々代の大平内閣鈴木善幸内閣は「角影内閣」と呼ばれていたが、田中の影響が更に増したという意味で「直角内閣」とも呼ばれた。

1983年(昭和58年)、中曽根が訪韓し、韓国との間の第一次教科書問題に決着を着けると共に「日韓新時代」を宣言。同年、演説において「戦後史の転換点」を強調した[要出典]。この後、ロッキード事件の裁判において田中に実刑判決が出た、同年12月の第37回衆議院議員総選挙において自民党は議席を減らす結果となった。この選挙では瀬戸山三男文部大臣、大野明労働大臣、谷川和穂防衛庁長官の現職3閣僚が落選している。

同年1月、都市再開発促進の規制緩和策であるアーバンルネッサンス計画を立ち上げ、都心部(特に東京23区内)の容積率を大幅に緩和した。これは後の地価高騰をもたらす根源的な要因となりバブル景気への道筋を作っていくことになった[3]

閣僚[編集]

職名 氏名 出身等 特命事項等 備考
内閣総理大臣 中曽根康弘 Yasuhiro Nakasone 19821127.jpg 衆議院
自由民主党
法務大臣 秦野章 Replace this image JA.svg 衆議院
自由民主党
外務大臣 安倍晋太郎 Shintaro Abe 1987.jpg 衆議院
自由民主党
大蔵大臣 竹下登 Noboru Takeshita 19871106.jpg 衆議院
自由民主党
文部大臣 瀬戸山三男 Mitsuo Setoyama 1982.jpg 衆議院
自由民主党
厚生大臣 林義郎 Replace this image JA.svg 衆議院
自由民主党
農林水産大臣 金子岩三 Iwazo Kaneko 1978.jpg 衆議院
自由民主党
通商産業大臣 山中貞則 Sadanori Yamanaka 2002.jpg 衆議院
自由民主党
1983年(昭和58年)6月10日免
宇野宗佑 Sosuke Uno 19890603.jpg 衆議院
自由民主党
1983年(昭和58年)6月10日任
運輸大臣 長谷川峻 Replace this image JA.svg 衆議院
自由民主党
郵政大臣 桧垣徳太郎 Replace this image JA.svg 衆議院
自由民主党
労働大臣 大野明 Replace this image JA.svg 衆議院
自由民主党
建設大臣 内海英男 Replace this image JA.svg 衆議院
自由民主党
自治大臣
国家公安委員会委員長
山本幸雄 Replace this image JA.svg 衆議院
自由民主党
内閣官房長官 後藤田正晴 Minister of Jastice, Masaharu Gotōda (cropped).png 衆議院
自由民主党
総理府総務長官
沖縄開発庁長官
丹羽兵助 Hyosuke-Niwa-3.jpg 衆議院
自由民主党
危機管理担当[4]
行政管理庁長官 斎藤邦吉 Replace this image JA.svg 衆議院
自由民主党
北海道開発庁長官
国土庁長官
加藤六月 Replace this image JA.svg 衆議院
自由民主党
防衛庁長官 谷川和穂 Kazuo Tanikawa.19830822 (cropped).jpg 衆議院
自由民主党
経済企画庁長官 塩崎潤 Replace this image JA.svg 衆議院
自由民主党
科学技術庁長官 安田隆明 Taka'aki Yasuda 1982.jpg 衆議院
自由民主党
原子力委員会委員長
環境庁長官 梶木又三 Replace this image JA.svg 衆議院
自由民主党

内閣官房副長官・総理府総務副長官等[編集]

政務次官[編集]

1982年(昭和57年)11月30日任命。

楢橋進
鈴木正一 /田代由紀男:1983年(昭和58年)7月12日 -

脚注[編集]

  1. ^ 一般的には中曽根派の藤波孝生宇野宗佑の起用が予想されていた。牧太郎『中曽根政権1806日 上』(ぎょうせい、1988年)21頁
  2. ^ 伊藤昌哉 『新・自民党戦国史』朝日ソノラマ、1983年9月26日、123頁。 
  3. ^ 段勲千昌夫の教訓』 (小学館文庫、2000年) ISBN 4094043616
  4. ^ 危機管理システム研究学会 第56号

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]