伊藤昌哉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

伊藤 昌哉(いとう まさや、1917年11月21日 - 2002年12月13日)は、日本の政治評論家。満州生まれ。池田勇人内閣総理大臣秘書官を経て、政治論壇や宏池会で活動した。愛称は「ブーちゃん」。池田内閣の影の官房長官と呼ばれた[1]

経歴[編集]

南満洲大石橋(現:中国遼寧省大石橋市)生まれ。奉天中学旧制一高を経て、1942年に東京帝国大学法学部卒業。1943年11月に新京陸軍経理学校卒業。卒業後、経理部将校として終戦まで従軍した。戦後、西日本新聞社に入社し、政治記者として活動する。1955年、池田勇人の秘書となり、池田が総理大臣に就任すると首席秘書官として池田に仕えた。スピーチライターとして池田の演説の草稿を執筆、有名なものには浅沼稲次郎暗殺事件における追悼演説がある。

池田の死後、宏池会事務局長を務めるとともに、1966年に『池田勇人 その生と死』を出版した。この書物は池田政権の中枢にいた人物による記録として、今日に至るまで池田政権を論じる際欠かせない資料となっている。

その後、政治の一線からは離れ、五島昇の誘いで東急建設に入社し要職を歴任する。田中角栄内閣誕生前後から会社に籍を置いたまま、宏池会を継承した大平正芳の私的相談役となり、大平総裁の実現に尽力する。とりわけ、いわゆる大福密約による福田赳夫内閣の誕生において暗躍し、福田政権期は引き続き大平の相談役を務める一方、福田の希望で非常勤の内閣調査員に就任した。その後大平の総理就任からその死まで仕える。東急建設入社後の伊藤の動きについては、『自民党戦国史』に詳しい。

新宗教金光教の熱心な信者として知られ、政局の判断について日常的にその判断を仰ぎ、参考にしていたことが著書では明らかにされている。『自民党戦国史』に関わった保阪正康は、伊藤の優れた政局判断能力と共に、人間の情念を重視する人間観や宗教的な言動が、孤独な権力者たちにとって魅力になったことを指摘している(保阪正康『昭和史 忘れ得ぬ証言者たち』講談社文庫、2004年)。

『自民党戦国史』がこの種の書としては異例の20万部を売り上げるベストセラーとなったこともあり、大平没後の1980年代から政治評論家としての執筆活動を再開した。また、テレビ朝日系の深夜ワイドショー番組『トゥナイト』などで時折、政治評論を行っていた。

2002年12月13日、心不全のため自宅で死去。享年85[2]

親族[編集]

父は満蒙開拓の草分けの伊藤謙次郎。長女の娘婿は大蔵官僚の田谷広明

主著[編集]

  • 『池田勇人―その生と死』(至誠堂、1966年)
※新版『池田勇人とその時代 生と死のドラマ』 (朝日文庫、1985年)
  • 『日本の政治―昼の意思と夜の意思』 (中央公論社、1984年) ※対談集
  • 『実録 自民党戦国史―権力の研究』(朝日ソノラマ、1982年/朝日文庫 全3巻、1985年/ちくま文庫 全2巻、2009年)
朝日文庫、ちくま文庫は、大平没後を扱った『新・自民党戦国史』(1983年)と合わせた版本 
  • 『日本宰相列伝(21)池田勇人』 (時事通信社、1985年)
  • 『日本を愛する』(会田雄次との共著 致知出版社、1996年)
  • 『伊藤昌哉 政論』(小枝義人編 伊藤の評論に解説や関係者のインタビューを付したもの 春風社、2006年)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

  • 保阪正康 - 朝日ソノラマの編集として『自民党戦国史』の聞き書きを担当。保阪の伊藤の印象については、上記『昭和史 忘れ得ぬ証言者たち』に詳しい。