林大幹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

林 大幹(はやし たいかん、1922年2月23日 - 2004年7月11日)は、日本政治家自由民主党衆議院議員(6期)、環境庁長官。長男は自民党衆議院議員の林幹雄

来歴・人物[編集]

1922年千葉県香取郡東庄町出身。

小見川農学校を経て、金鶏学院を卒業。

1972年第33回衆議院議員総選挙旧千葉2区から無所属で出馬し初当選(当選同期に小泉純一郎加藤紘一山崎拓石原慎太郎村岡兼造保岡興治瓦力三塚博越智通雄野田毅深谷隆司など)。

その後自民党に入党し、福田派中川派を経て、中曽根→渡辺派に属す。

当選1回だった1973年には保守派政策集団「青嵐会」に参加。

1992年宮澤改造内閣環境庁長官として初入閣。翌年に行われた衆院選には出馬せず、長男・幹雄に地盤を譲り政界を引退した。

安岡正篤に終生師事。回想記『四十にして志を立つ 安岡正篤先生に学ぶ』(竹井出版1988年)がある。

2004年7月11日腎不全のため千葉県旭市の病院で死去、享年82。


議会
先代:
水平豊彦
日本の旗 衆議院環境委員長
1986年 - 1987年
次代:
吹田あきら
公職
先代:
中村正三郎
日本の旗 環境庁長官
第27代:1992年 - 1993年
次代:
広中和歌子