稲垣実男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
稲垣 実男
いながき じつお
生年月日 1928年3月28日
出生地 愛知県幡豆郡一色町
没年月日 (2009-03-05) 2009年3月5日(80歳没)
死没地 東京都新宿区
出身校 早稲田大学第二政治経済学部
所属政党 自由民主党

内閣 第2次橋本内閣
在任期間 1996年11月7日 - 1997年9月11日

内閣 第2次橋本内閣
在任期間 1996年11月7日 - 1997年9月11日

選挙区 愛知県第4区→)
比例東海ブロック
当選回数 7回
在任期間 1977年1月16日 - 1990年1月24日
1993年7月18日 - 2000年6月2日
テンプレートを表示

稲垣 実男(いながき じつお、1928年(昭和3年)3月28日 - 2009年(平成21年)3月5日)は、日本政治家

衆議院議員(7期)、国務大臣北海道開発庁長官沖縄開発庁長官などを歴任。

来歴・人物[編集]

愛知県幡豆郡一色町(現・西尾市)出身。愛知県立西尾実業学校(現・愛知県立鶴城丘高等学校)、愛知県岡崎中学校特設科(現・愛知県立岡崎高等学校)卒業[1][2]

1947年4月、第23回衆議院議員総選挙中垣國男旧愛知4区から立候補。このとき一色町出身の池田駒平県議から頼まれ、中垣の選挙を手伝う。「新生日本を築くのはこの人だ」と確信を深めた稲垣は1948年春に上京[3]。中垣の秘書をしながら早稲田大学の第二政治経済学部に通った[4][1]

1974年12月、中垣は永年在職議員表彰を受けた頃、桑原幹根引退のあとの愛知県知事選挙に出るよう誘われる。桑原からも「ぜひ」という声がかかるが、その申し出を断ると同時に衆議院議員も引退する意志を固める[5]1976年12月、中垣の地盤を継いだ稲垣は第34回衆議院議員総選挙に旧愛知4区から立候補するも次点で落選。しかし翌年1月16日、最下位で当選した第37代労働大臣浦野幸男(自民党)が在職のまま死去したため繰り上げ当選した[6]中尾栄一武藤嘉文らと親しかったことから、派閥は中曽根派に所属した[1]。その後、江藤・亀井派に移る。厚生政務次官、党全国組織委員会副委員長、衆議院決算委員長、党政調副会長などを歴任。

1986年7月の第38回衆議院議員総選挙まで5回連続で当選するが、1990年2月の第39回衆議院議員総選挙では落選。1993年7月の第40回衆議院議員総選挙で返り咲く。

小選挙区制となった1996年10月の第41回衆議院議員総選挙には比例東海ブロック単独で出馬し、7回目の当選を果たす。同年11月7日、第2次橋本内閣北海道開発庁長官沖縄開発庁長官として入閣した。

2000年6月の第42回衆議院議員総選挙も比例単独で出馬し落選。政界を引退。

出資法違反で逮捕[編集]

2004年6月10日、自らが社長を務める投資顧問会社が、無許可・無認可で高齢者相手の詐欺的商法を手がけていたことが判明し、出資法違反容疑で逮捕。約230人から7億円弱を違法に集めたとされる。稲垣は10億円を超える借金を抱えていたとみられ、逮捕時に「相当額の借金があり、これを返してもう一花咲かせたかった」と供述している[7]2005年7月、執行猶予付き有罪判決確定。

判決確定後は東京都内のマンションで一人暮らしをしていたが、2009年3月5日、出入りしていた女性により室内で病死している所を発見された。80歳没[8]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 中垣國男 『戦後政治の思い出』 自費出版、1980年4月29日、236-238頁。
  2. ^ 東海新聞』1976年11月24日、1面、「総選挙事務所めぐり (4) 稲垣候補 自新」。
  3. ^ 稲垣実男 「中垣先生のこと」 中垣國男 『戦後政治の思い出』 自費出版、1980年4月29日、277-278頁。
  4. ^ 北海道沖縄開発庁長官 稲垣実男氏 『建設グラフ』1997年5月号
  5. ^ 中垣國男 『戦後政治の思い出』 自費出版、1980年4月29日、239頁。
  6. ^ 当時は選挙執行後3ヶ月以内に当選者が死去または辞退した場合に次点者の繰上げが認められていた。
  7. ^ 朝日新聞』2004年6月10日、11日、朝刊、14版。
  8. ^ 朝日新聞』2009年3月9日、夕刊、4版。


公職
先代:
岡部三郎
日本の旗 沖縄開発庁長官
1996年 - 1997年
次代:
鈴木宗男