古谷新作

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

古谷 新作(ふるや しんさく、1843年10月8日天保14年9月15日[1] - 1921年大正10年)5月1日[2])は、明治時代の政治家衆議院議員(3期)。

経歴[編集]

周防国佐波郡植松村(のち華城村、現・防府市)に生まれる[1]。漢籍を学ぶ。剣術と砲術を修め、さらに西洋兵学を学ぶ。1868年藩の砲兵隊長、花陽丸砲艦司令として乗り組み、蝦夷地に派遣される[1]1869年藩の砲兵塾舎長、兵学寮助教を命じられ[1][2]1871年山口県一番砲隊少尉となる[1][2]が、翌年、解散となる[1]1974年陸軍武庫司十等出仕となり、翌年陸軍十等出仕となる[1]1876年陸軍上等監護となるが[1][2]、病気のため辞職する[1]

陸軍を辞職した後は佐波郡大区代議人[1]山口県会議員[3]、同副議長、同常置委員、同議長となる[2][3]

1890年第1回衆議院議員総選挙において山口1区から立候補したが次点で落選した[4]1892年第2回衆議院議員総選挙で当選した[5]1894年第3回衆議院議員総選挙で落選[6]。同年の第4回衆議院議員総選挙でも落選した[7]

落選後の1896年佐波郡会議員に選ばれ、郡参事会員となった[3]1898年第5回衆議院議員総選挙で復帰[8]。同年の第6回衆議院議員総選挙で再選された[9]1902年第7回衆議院議員総選挙には出馬しなかった。

このほか村会議員や同議長、地方衛生委員、徴兵参事員なども務めた[2][3]。1921年死去。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j 『衆議院議員列伝』415頁。
  2. ^ a b c d e f 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』564頁。
  3. ^ a b c d 『衆議院議員列伝』416頁。
  4. ^ 『衆議院名鑑 第1回・1890年~第34回・1976年総選挙』5頁。
  5. ^ 『衆議院名鑑 第1回・1890年~第34回・1976年総選挙』11頁。
  6. ^ 『衆議院名鑑 第1回・1890年~第34回・1976年総選挙』16頁。
  7. ^ 『衆議院名鑑 第1回・1890年~第34回・1976年総選挙』22頁。
  8. ^ 『衆議院名鑑 第1回・1890年~第34回・1976年総選挙』28頁。
  9. ^ 『衆議院名鑑 第1回・1890年~第34回・1976年総選挙』33頁。

参考文献[編集]

  • 『衆議院議員列伝』山崎謙編、衆議院議員列伝発行所、1901年。
  • 日本国政調査会編『衆議院名鑑 第1回・1890年~第34回・1976年総選挙』国政出版室、1977年。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。