上田孝吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
上田孝吉

上田 孝吉(うえだ こうきち、1886年明治19年)9月18日[1]1952年昭和27年)8月16日[2])は、日本政治家立憲政友会所属の衆議院議員弁護士

経歴[編集]

石川県石川郡金石町(現在の金沢市)に扇能長平の二男として生まれ、上田喜久代の養子となった[3]1915年大正4年)、東京帝国大学法科大学独法科を卒業し、弁護士となった。大阪市で市会議員を務め、参事会員、副議長を歴任した。

1930年昭和5年)、第17回衆議院議員総選挙に出馬し、当選。5回連続当選を果たした。その間、平沼内閣逓信参与官を、鈴木貫太郎内閣農商政務次官をそれぞれ務めた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 衆議院『第五十八回帝国議会衆議院議員名簿』〈衆議院公報附録〉、1930年(昭和5年)、5頁。
  2. ^ 『政治家人名事典』
  3. ^ 『人事興信録』

参考文献[編集]

  • 人事興信所編『人事興信録 第9版』人事興信所、1931年。
  • 『衆議院要覧(乙) 昭和十七年十一月』衆議院事務局、1942年。
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。