貝沼次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
貝沼次郎
かいぬま じろう
生年月日 (1933-03-15) 1933年3月15日(85歳)
出身校 新潟大学卒業

選挙区 岡山県第2選挙区
当選回数 7回
在任期間 1969年 - 1996年
テンプレートを表示

貝沼 次郎(かいぬま じろう、1933年3月15日 - )は、日本政治家新潟大学卒業。元衆議院議員(7期)。

来歴・人物[編集]

1969年12月27日第32回衆議院議員総選挙に、岡山2区から公明党公認候補として立候補し、初当選する(以降7回)。

1985年公明党委員長竹入義勝の下で公明党中央統制委員に就任する。

1986年12月、公明党大会において、公明党委員長に就任した矢野絢也の下で、公明党中央統制副委員長に就任する。

1989年5月、公明党委員長矢野絢也の退任にともない、公明党中央統制副委員長を退任する。

1993年8月、公明党委員長の石田幸四郎細川内閣入閣にともない、公明党副委員長に就任する。

1994年12月10日、公明党の解散により、新進党結成に参加する。

1996年10月20日第41回衆議院議員総選挙に、比例中国ブロックから新進党公認候補として立候補し、次点で落選。政界引退する(2000年6月まで繰り上げ当選の可能性を有した。新進党は原則として重複立候補を認めていなかったが加藤六月岡山4区自民党総裁総理大臣橋本龍太郎と戦う保険に比例1位にランクされ割りを食った)。

役職歴[編集]

  • 公明党中央統制委員
  • 公明党中央統制副委員長
  • 公明党副委員長

関連項目[編集]


議会
先代:
草野威
日本の旗 衆議院決算委員長
1992年 - 1993年
次代:
稲垣実男