板倉中

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
板倉中

板倉 中(いたくら なかば[1] / ちゅう[2]1856年9月29日安政3年9月1日[3])- 1938年昭和13年)3月5日)は、明治期の政治家衆議院議員(当選8回)。

経歴[編集]

長柄郡関村 (現・長生郡白子町)出身[4]。講法学舎や明法学舎で法律を学び[5]、代言人(現在の弁護士)となる[5]自由民権運動で活動し[5]加波山事件裁判において富松正安の弁護を[5]大阪事件の裁判において大井憲太郎と飯田喜太郎(自由党員)の弁護をそれぞれ担当した[5]。その後は千葉県会議員[2]、同議長となり[2]、「東海新報」(後に東海新聞と改称)を発行し[2]社主となった[5]1890年(明治23年)の第1回衆議院議員総選挙に千葉県第5区(当時)から立憲自由党で立候補して初当選。以来当選8回。1915年大正4年)の第12回衆議院議員総選挙において、第2次大隈内閣内務大臣大浦兼武が懸案の二個師団増設案を通過させるために議員を買収していたことが発覚(大浦事件)、板倉も関与していたため政界を引退[1]、以後、郷里で隠遁生活を送った[1]。1938年(昭和13年)死去。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』54頁。
  2. ^ a b c d 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』69頁。
  3. ^ 衆議院『第三十回帝国議会衆議院議員名簿』〈衆議院公報附録〉、1913年、23頁。
  4. ^ 『千葉繁盛記』について『千葉いまむかし』1号、千葉市役所、1988.3、p48
  5. ^ a b c d e f 民権家代言人板倉中・比左 大阪事件と房総の民権家

参考文献[編集]

外部リンク[編集]