國場幸昌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
國場幸昌(1959年頃に撮影)

國場 幸昌(こくば こうしょう、1912年9月27日 - 1989年2月20日)は、日本の政治家。元衆議院議員(6期)。沖縄開発政務次官(第5代、第6代、第9代、第10代)を務めた。沖縄県国頭郡国頭村出身。海軍航空学校卒業。
國場組創業者國場幸太郎の弟であり、創業にあたっては共同経営者であった。

来歴・人物[編集]

1968年第8回立法院議員総選挙で当選。1970年、沖縄の国政参加選挙で当選し中央政界入り。福田派に属した。1973年中川一郎率いる青嵐会の結成に参加。1974年、沖縄開発政務次官に就任。1975年まで務めた。1976年、再び沖縄開発政務次官に就任。1977年、同政務次官を退任した。ほかに、衆議院決算委員長、同環境委員長などを歴任。その後、宮里松正を後継に指名し、1986年に衆議院議員を引退した。
同年、勲二等旭日重光章を受章。1988年には沖縄県功労者に選ばれた。1989年2月20日死去。享年76。叙・正四位

安次富修は元秘書である。

主な著書[編集]

関連項目[編集]