福岡精一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
福岡精一

福岡 精一(ふくおか せいいち、安政2年4月8日[1]1855年5月23日) - 昭和17年(1942年4月9日[2])は、日本の衆議院議員立憲政友会)、弁護士

経歴[編集]

三河国加茂郡殿貝津村[3](現在の愛知県豊田市)に福岡新蔵の二男として生まれる[1]。幼時は僧籍にあり、大沼枕山のもとで漢学を学び、旃檀林原坦山について哲学を学んだ[3]。その後僧職を捨て、法学を学んで弁護士となり、岡崎町に事務所を開いた[4]

1881年明治14年)に自由党が結成されるとこれに加入し、以後自由党系政党の支部幹事を務め、愛知県会議員にも選出された[4]

1902年(明治35年)、第7回衆議院議員総選挙に出馬し、当選。第10回まで4回連続当選を果たした。その後も1912年大正元年)に補欠当選を果たした[5]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『人事興信録』
  2. ^ 「故福岡精一位記追賜ノ件」
  3. ^ a b 『第二十七回衆議院重要問題名士演説集』P.193
  4. ^ a b 『衆議院議員候補者評伝』pp.82-83
  5. ^ 『官報』第123号、大正元年12月26日。

参考文献[編集]