樋口典常

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
樋口典常

樋口 典常(ひぐち のりつね、慶応4年1月18日[1]1868年2月11日) - 昭和21年(1946年5月8日[2])は、日本の衆議院議員立憲政友会昭和会)、鉄道政務次官

経歴[編集]

筑後国八女郡長峰村(現在の福岡県八女市)出身[3]1890年明治23年)、東京法学院(現在の中央大学)法律科を卒業[4]。福岡県会議員に選ばれた[1]

1912年(明治45年)、第11回衆議院議員総選挙に出馬し、当選を果たした。

その後、台湾総督府評議会員、台湾農林株式会社社長、台湾製塩株式会社取締役を務めた[3]

1923年大正12年)、衆議院補欠選挙に当選。第17回衆議院議員総選挙第18回衆議院議員総選挙で再選され、その間に岡田内閣で鉄道政務次官を務めた[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『人事興信録』第4版
  2. ^ 『新訂政治家人名事典』
  3. ^ a b 『衆議院議員略歴』
  4. ^ a b 『人事興信録』第10版

参考文献[編集]

  • 人事興信所編『人事興信録 第4版』人事興信所、1915年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第10版(下)』人事興信所、1934年。
  • 『第一回乃至第二十回総選挙 衆議院議員略歴』衆議院事務局、1940年。
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。