西方利馬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

西方 利馬(にしかた としま、1883年明治16年)3月17日[1] - 1973年昭和48年)11月8日[2])は、日本の実業家政治家衆議院議員(6期)。

経歴[編集]

山形県東置賜郡中川村(現・南陽市)出身[3]1919年中央大学法律科卒[2][3]。中山葡萄、山形新聞各社長[2][3]、山形県議、山形県体育会長[2][3]などを務め、1924年第15回衆議院議員総選挙において山形県第4区(当時、小選挙区)から立憲政友会公認で立候補して初当選。以来当選6回。立憲政友会総務、内閣東北局委員、内務省委員などを歴任する[2]

戦後、大政翼賛会の推薦議員のため、公職追放となる[4]1951年追放解除[5]。1973年死去。

脚注[編集]

  1. ^ 衆議院『第四十九回帝国議会衆議院議員名簿』〈衆議院公報附録〉、1924年、22頁。
  2. ^ a b c d e 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』477頁。
  3. ^ a b c d 議会新聞社編 『翼賛議員銘鑑』、1943年、306頁。NDLJP:1439721 
  4. ^ 総理庁官房監査課編 『公職追放に関する覚書該当者名簿』 日比谷政経会、1949年、436頁。NDLJP:1276156 
  5. ^ 『毎日新聞』1951年8月7日二面。

参考文献[編集]

  • 『翼賛議員銘鑑』議会新聞社、1943年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。