高橋寿太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
高橋寿太郎

高橋 寿太郎(たかはし じゅたろう、1879年明治12年)1月15日[1] - 1945年昭和20年)4月8日[2])は、日本の海軍軍人。階級は海軍少将衆議院議員立憲民政党国民同盟→立憲民政党)。

経歴[編集]

岩手県上閉伊郡千徳村(現在の宮古市)出身。東北学院を経て、1900年(明治33年)に海軍兵学校を卒業した[3]日露戦争の際には戦艦「富士」の乗組員として旅順港閉塞作戦日本海海戦などに参加した[3]1912年(明治45年)、海軍大学校を卒業し、軍令部参謀、海軍大学校教授を歴任した[3]第一次世界大戦では青島の戦い第二艦隊参謀を務めた[3]。その後、海軍大学校教頭、海軍砲術学校校長、第一水雷戦隊司令官などを歴任した[3]。しかし海軍大演習で作戦をめぐって上層部と対立し、1927年(昭和2年)に予備役編入となった[4]。退官後は中央大学法学を学んだ[3]

1930年(昭和5年)、第17回衆議院議員総選挙に出馬し、当選。以後、合計で4回当選を果たした。

その他、岩手県下閉伊郡田老村(現在の宮古市)の村長も務めた[5]

脚注[編集]

  1. ^ 衆議院『第五十八回帝国議会衆議院議員名簿』〈衆議院公報附録〉、1930年、21頁。
  2. ^ 『新訂政治家人名事典』
  3. ^ a b c d e f 『岩手県名士肖像録』p.21
  4. ^ 『国民同盟陣営展望』pp.153-154
  5. ^ 『衆議院要覧』

参考文献[編集]

  • 『御大典記念 岩手県名士肖像録』岩手県名士肖像録刊行会、1930年。
  • 森岩吉『国民同盟陣営展望』政界評論社、1934年。
  • 『衆議院要覧(乙) 昭和17年11月』衆議院事務局、1942年。
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。