富士 (戦艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
戦艦 富士
艦歴
計画 1893年(明治26年)度予算
建造所 テームズ鉄工所
起工 1894年8月1日
進水 1896年3月31日
就役 1897年8月17日
除籍 1945年11月30日
その後 1948年解体
要目
排水量 常備:12,533トン
全長 垂線間長:114.0m(374ft)
全幅 22.3m(73ft)
吃水 8.1m(26ft6in)
機関 円缶10基
3気筒3段レシプロ2基
2軸、13,500馬力
速力 18.25ノット
航続距離 10ノットで7,000海里
燃料 石炭1,117トン
乗員 726名
兵装 30.5cm40口径連装砲2基
15.2cm40口径単装砲10基
47mm単装砲24基
45cm水上魚雷発射管1門
45cm水中魚雷発射管4門
装甲 複合装甲
舷側:最大18インチ(457mm)
甲板:最大4インチ(102mm)
司令塔:14インチ(356mm)

富士(ふじ)は日本海軍戦艦[1][2]富士型戦艦1番艦。日本海軍が初めて保有した近代的戦艦の1隻[3]。 日本海軍の軍艦で最高厚の装甲を持つ(最高457mm)。 旧式化により海防艦へ類別変更[4]。その後、練習艦として使用された[5][6]

艦名は日本の最高峰富士山にちなむ[7][8]。 艦名としては明治初期の軍艦「富士山」に続いて2代目[7][8]

概要[編集]

富士型戦艦2隻を含む1891年(明治24年)の軍艦建造予算は第2回議会で否決[8]。翌年の第3回議会、第4回議会でも否決され、これに対し明治天皇が自らの宮中費を節約する建艦詔勅を出して、ようやく議会を通過した。本艦はイギリスロンドンテームズ社で建造され、1894年(明治27年)8月1日に起工[8]1895年(明治28年)8月18日、日本海軍は建造中の甲号甲鉄戦艦(本艦)を「富士」、乙号甲鉄戦艦を「八島」、甲号報知艦を「宮古」と命名する[9][1]1896年(明治29年)3月31日、進水[8]1897年(明治30年)6月14日、竣工に先立って領収し軍艦旗を掲げた[8]。これはスピッドヘッドで行われるヴィクトリア女王即位60周年記念観艦式に参加するための処置だった[8]8月17日に竣工[8][10]。ただちに日本に回航され、10月31日に横須賀到着[8][11]

1898年(明治31年)3月21日、日本海軍は海軍軍艦及び水雷艇類別標準を制定し、1万トン以上の戦艦を一等戦艦と定義[12]。該当する4隻(富士八島朝日敷島)が一等戦艦に類別された[13][2]。 同年11月19日、明治天皇は神戸沖の常備艦隊を天覧、その際に「富士」は天皇の御召艦となる[14][15]

日露戦争では主力戦艦として、第一艦隊第一戦隊に所属。旅順口攻撃旅順港閉塞作戦黄海海戦日本海海戦と主な作戦に参加した[8]

1912年(大正元年)8月28日、日本海軍は艦艇類別等級表を改訂する[16]。富士を含め6隻(壱岐丹後富士石見相模周防)が一等海防艦に類別された[17][4]。 本艦は、ボイラ換装等を実施し運用術練習艦として使用された。ワシントン軍縮条約により兵装、装甲を撤去。

1922年(大正11年)9月1日、2隻(富士、石見《元ロシア戦艦オリョール》)は軍艦籍より除かれた[18][19][20]。「富士」は特務艦(運送艦)となる[21][22]。 同年12月1日、「富士」は運送艦から練習特務艦に類別変更された[23][6]1926年(昭和元年)より横須賀吉倉海岸に繋留、後に推進器を撤去、木造の講堂を設けて浮き校舎として使用された。その後も新設された海軍航海学校の施設として使用されていたが終戦直前の横須賀空襲により炎上し着底、戦後に解体された。

艦歴[編集]

旅順口の海戰に我冨士艦砲術長山中少佐奮戰の図, 右田年英

艦長[編集]

※『日本海軍史』第9巻・第10巻の「将官履歴」及び『官報』に基づく。

歴代の艦長
(特記ない限り海軍大佐
氏名 在任期間 備考
0 三浦功 1896年2月20日 - 1896年11月21日 回航委員長、1896年3月25日英国出張
1 三浦功 1896年11月21日 - 1898年1月22日 1897年10月31日英国より帰着
2 鹿野勇之進 1898年1月22日 - 1899年3月22日
3 舟木錬太郎 1899年3月22日 - 1899年6月17日
4 世良田亮 1899年6月17日 - 1900年5月15日
欠員 1900年5月16日 - 1900年6月17日
5 上村正之丞 1900年6月18日 - 1900年12月6日
6 舟木錬太郎 1900年12月6日 - 1901年10月1日
7 新島一郎 1901年10月1日 - 1902年3月12日
8 井上敏夫 1902年3月12日 - 1903年9月26日
9 松本和 1903年9月26日 - 1905年11月2日
10 坂本一 1905年11月2日 - 12月12日
11 毛利一兵衛 1905年12月12日 - 1906年11月22日
欠員 1906年11月23日 - 1907年2月6日
12 大城源三郎 1907年2月7日 - 10月21日
13 広瀬勝比古 1907年10月21日 - 1908年9月15日
14 財部彪 1908年9月15日 - 12月10日
15 西山実親 1908年12月10日 - 1909年1月25日
16 石橋甫 1909年1月25日 - 4月1日
欠員 1909年4月2日 - 5月21日
17 藤本秀四郎 1909年5月22日 - 12月1日
18 山田猶之助 1909年12月1日 - 1911年1月16日
19 大沢喜七郎 1911年1月16日 - 1911年12月1日
20 高島万太郎 1911年12月1日 - 1913年3月7日
21 原静吾 1913年3月7日 - 1914年4月17日
22 荒西鏡次郎 1914年4月17日 - 1916年12月1日
23 島内桓太 1916年12月1日 - 1917年5月8日
24 村上鋠吉 1917年5月8日 - 1918年12月1日
25 山口伝一 1918年12月1日 - 1922年9月1日
歴代の特務艦長
(特記ない限り海軍大佐)
氏名 在任期間 備考
1 (兼)河合退蔵 1922年9月1日 - 1922年12月1日 本務・八雲艦長
2 河合退蔵 1922年12月1日 - 1923年12月1日
3 小副川敬治 1923年12月1日 - 1925年8月22日
4 太田質平 1925年8月22日 - 1925年12月1日
5 (兼)太田質平 1925年12月1日 - 1926年12月1日 本務・春日艦長
6 井上肇治 1926年12月1日 - 1927年11月15日
7 (兼)太田質平 1927年11月15日 - 1929年2月8日 本務・春日艦長
8 (兼)小野弥一 1929年2月8日 - 1931年12月1日 本務・春日艦長
9 (兼)大田垣富三郎 1931年12月1日 - 1932年6月10日 本務・春日艦長
10 坂部省三 1932年6月10日 - 1934年4月1日

参考文献[編集]

  • 泉江三『軍艦メカニズム図鑑-日本の戦艦 上』グランプリ出版、2001年。 ISBN 4-87687-221-X
  • 海軍歴史保存会『日本海軍史』第7巻、第9巻、第10巻、第一法規出版、1995年。
  • 片桐大自『聯合艦隊軍艦銘銘伝』光人社、1993年。 ISBN 4-7698-0386-9
  • 福井静夫『福井静夫著作集第1巻 日本戦艦物語I』光人社、1992年。 ISBN 4-7698-0607-8
  • 福井静夫『福井静夫著作集第2巻 日本戦艦物語II』光人社、1992年。 ISBN 4-7698-0608-6
  • 井上敏夫「軍艦富士馬関海峡通過顛末」水交社記事1-4、1902年12月
  • 『軍艦富士自英国至日本航海報告』水路部、1898年。
  • 官報
  • 国立国会図書館デジタルコレクション - 国立国会図書館
    • 海軍有終会編 『幕末以降帝国軍艦写真と史実』 海軍有終会、1935年11月。
    • 海軍大臣官房 『海軍制度沿革. 巻4(1939年印刷) info:ndljp/pid/1886711』 海軍大臣官房、1939年
    • 海軍大臣官房 『海軍制度沿革. 巻8(1940年印刷) info:ndljp/pid/1886716』 海軍大臣官房、1940年
    • 海軍大臣官房 『海軍制度沿革. 巻11(1940年印刷) info:ndljp/pid/1886713』 海軍大臣官房、1940年
    • 海軍研究社編輯部 編 『日本軍艦集 2600年版』 海軍研究社、1940年7月。
    • 河村貞編 「初瀬、吉野の二艦沈没」『日露戦争大本営公報集 info:ndljp/pid/774421』 立誠堂、1906年1月。
    • 坪谷善四郎編 『日露戦役海軍写真集. 第1輯』 博文会、1905年9月。
    • 藤田定市編 『戦袍余薫懐旧録.第2輯 info:ndljp/pid/1447099』 財団有終會、1926年12月。
    • 鳳秀太郎編 『日露戰役話集 大戰餘響 info:ndljp/pid/954055』 博文館、1917年3月。
  • アジア歴史資料センター(公式)(防衛省防衛研究所)
    • 『明治28年 達 完/8月』。Ref.C12070035400。
    • 『明治30年 達 完/3月(4)』。Ref.C12070038100。
    • 『明治31年 達 完/3月(1)』。Ref.C12070040500。
    • 『明治38年 達 完/6月』。Ref.C12070053000。
    • 『大正1年 達 完/8月』。Ref.C12070064400。
    • 『大正11年 達 完/9月』。Ref.C12070080900。
    • 『大正11年 達 完/12月』。Ref.C12070081200。
    • 『艦船行動電報明治32年12月分』。Ref.C10100037200。
    • 『記念品の件』。Ref.C04015870600。

脚注[編集]

  1. ^ a b #達明治28年8月p.12『達第七十八號 英國ニ於テ製造中ノ甲號及乙號甲鐡戰艦並ニ呉鎮守府ニ於テ製造中ノ甲號報知艦左ノ通命名セラル 明治二十八年八月十六日 海軍大臣 侯爵西郷從道|甲號甲鐡戰艦 |乙號甲鐡戰艦 シマ|甲號報知艦 ミヤ
  2. ^ a b #達明治31年3月(1)pp.16-17『達第三十五號 軍艦及水雷艇類別等級別紙ノ通定ム 明治三十一年三月二十一日 海軍大臣侯爵 西郷從道|軍艦|戰艦|一等|富士、八島、敷島、朝日』
  3. ^ #幕末以降帝国軍艦写真と史実237コマ(原本83頁)『一、最初の甲鐡戰艦「富士」「八島」起工―明治二十七年(一八九四)』
  4. ^ a b c #達大正1年8月p.33『達第十二號 艦艇類別等級別表ノ通改正ス 大正元年八月二十八日 海軍大臣男爵 斎藤實|艦艇類別等級表|軍艦|海防艦|一等|壹岐、丹後、富士、石見、相模、周防|』
  5. ^ #日本軍艦集2600年版コマ70(原本110頁)『―練習特務艦― 富士(ふじ) 基準排水量9,179噸、長さ114米、幅22.25米、平均吃水6.66米、速力18.25節、起工明治27年8月、進水明治29年3月31日、竣工明治30年8月17日、建造所英國テームス社―各種水兵の實地教育のために使はれてゐる。なほ、練習特務艦には、ほかに敷島(11,275噸)がある。』
  6. ^ a b c #達大正11年12月p.1『達第二百十二號 特務艦類別等級別表中左ノ通改正ス 大正十一年十二月一日 海軍大臣男爵 加藤友三郎 運送艦ノ項中「、富士」ヲ削リ測量艦ノ項ノ次ニ左ノ一項ヲ加フ |練習特務艦| |富士|』
  7. ^ a b #幕末以降帝国軍艦写真と史実コマ16(原本8頁)『富士山(ふじやま) 艦種三檣「シップリグ」型「スループ」
    艦名考山名に採る。富士山は駿河國富士・駿東の二郡甲斐國南都留西八代の二郡に跨る。富士郡大宮町より7里30町駿東郡須走村より5里18町、南都留郡上吉田より3里餘にして其山頂に達す。標高12,467尺なり、富士山は別稱36あり、其の中、不二山・芙蓉峰・八葉嶽・四面山等は最も人口に膾炙する所なり。
    艦歴元治元年(1864)米國「ニュヨーク」にて製造、徳川幕府の軍艦、「富士山」と命名す、慶應元年横濱到着。明治元年4月徳川幕府より朝廷に納む、同9年10月機關を撤去す、同13年1月繋留練習艦とし、同18年12月運用術練習船とす。同22年5月軍艦籍より除き、船體を呉鎮守府海兵團に属し、後ち呉水雷隊敷設部に充て、同29年8月該船體を賣却す。(要目略)』
  8. ^ a b c d e f g h i j #幕末以降帝国軍艦写真と史実コマ54(原本74頁)『富士(ふじ) 艦種戰艦 二檣(戰闘檣あり)
    艦名考初代「富士山」の項(p.8)参照。
    艦歴戰艦富士は姉妹艦八島及び通報艦宮古と共に明治26年度に計畫せられたる艦なり。此三艦建造費は第二帝國議會に於て否決せられたるを以て、皇室費の内より支出し給へる年額30萬圓及び官吏俸給の10分の1を此軍艦製造に充て、實際は同25年より其の製造に着手し、次の議會に之が協賛を得て中途より國庫の支辨となりたる由來あり。明治30年6月14日領収、英國女皇陛下御即位60年祝典観艦式に日本代表艦として参加、同年8月17日竣工、同日英國出發、同10月31日横須賀到着。同31年3月一等戰艦に列す。同37・8年戰役に從軍(第一艦隊第一戰隊、艦長大佐松本和):同37年8月黄海々戰参加、同38年5月日本海々戰参加、同38年12月戰艦の等級を廢せられる。大正元年8月一等海防艦に編入、同3年乃至9年戰役に從軍:同11年9月1日軍艦籍より除き、特務艦とし、同年12月1日運用術練習特務艦とし、現在に至る。
    ―要目― 長374呎/幅73呎/吃水26呎/排水量12,300噸/機關 四汽笛直立三聯成汽機2基、圓罐/馬力13,500/速力18.25/乗組人員600/船材 ハーベイ鋼(甲鐡帶457粍)/兵装 12吋安式砲4/6吋安式砲10/12听安式砲16/2.5听安安砲4/發射管5/起工 明治27-8-1/進水 同29-3-31/竣工 同30-8-17/建造所 英國テームス』
  9. ^ #海軍制度沿革(巻8、1940)コマ198番『◎戰艦富士八島及報知艦宮古命名ノ件』
  10. ^ 明治30年8月24日官報第4244号。国立国会図書館デジタルコレクション コマ3『○新艦回航 英國ニ於テ製造ノ帝國軍艦富士ハ工事落成本月十七日帝國ヘ回航ノ途ニ就キ モールタ ニ向ヒ英國ヲ抜錨セリ(海軍省)』
  11. ^ 明治30年11月2日官報第4303号。国立国会図書館デジタルコレクション コマ7『○軍艦發箸 軍艦嚴島ハ去月三十日呉ヘ投錨、同比叡ハ同日長濱ニ向ヒ同港抜錨、同富士ハ横須賀ヘ、同八島ハ コロンボ ヘ〃三十一日孰モ投錨(以下略)』
  12. ^ #達明治31年3月(1)pp.14-15『達第三十四號 海軍大臣ニ於テ別表ノ標準ニ據リ軍艦及水雷艇ノ類別及等級ヲ定メ若ハ其ノ變更ヲ行フコトヲ得セシメラル 明治三十一年三月二十一日 海軍大臣侯爵 西郷從道』
  13. ^ #海軍制度沿革(巻8、1940)コマ50番『◎軍艦及水雷艇類別等級』
  14. ^ #幕末以降帝国軍艦写真と史実コマ239(原本86頁)『〃(明治)三一-一一-一九|海軍大演習御統裁の爲、大阪府下ヘ行幸中常備艦隊ヘ行幸|軍艦富士|神戸にて御乗艦』
  15. ^ 明治31年11月21日官報第4619号。国立国会図書館デジタルコレクション コマ2『○常備艦隊運動天覽及大阪市臨幸 天皇陛下ハ御豫定ノ如ク一昨十九日午前七土岐大本營御出門同七時三十分大阪御發車神戸港ヘ行幸常備艦隊運動天覽畢テ米利堅波止場ヨリ御上陸神戸居留地通午後二時十五分神戸御發車大阪ヘ還御尋テ同市泉布観ヘ臨御同五時十五分還御アラセラレタリ|○御發車及御安箸 天皇陛下ハ御豫定ノ如ク昨二十日午前七時二十分大本營御發車午後六時三十分静岡行在所ヘ御安箸アラセラレタリ』
  16. ^ #達大正1年8月p.32『達第十一號 艦艇類別標準別表ノ通改正セラル 大正元年八月二十八日 海軍大臣男爵 斎藤實』
  17. ^ #海軍制度沿革(巻8、1940)コマ56番『◎艦艇類別等級 大正元年八月二十八日(達一二)艦艇類別等級別表ノ通改正ス(別表)』
  18. ^ #海軍制度沿革(巻8、1940)コマ59『大正十一年九月一日(達一五九)艦艇類別等級別表中軍艦ノ欄内「富士、石見」ヲ削除ス』
  19. ^ a b #達大正11年9月p.1『達第百五十八號 軍艦 富士 軍艦 石見 右帝國軍艦籍ヨリ除カル 大正十一年九月一日 海軍大臣男爵 加藤友三郎』
  20. ^ #達大正11年9月p.1『達第百五十九號 艦艇類別等級別表中軍艦ノ欄内「富士、石見」ヲ削除ス 大正十一年九月一日 海軍大臣男爵 加藤友三郎』
  21. ^ #幕末以降帝国軍艦写真と史実コマ187(原本281頁)『富士(ふじ)〔再出〕 艦種特務艦 艦名考 艦歴}「日清戰争以降、日露戰役迄の艦艇」の部参照(p.74)。
    ―要目― 長114.00米/幅22.25米/吃水6.66米/排水量9,176噸/速力18.25/起工 明治27/進水 同29-3-31/竣工 同30-8-17/建造所 英國テームス』
  22. ^ a b #達大正11年9月p.1『達第百六十號 特務艦類別等級別表中運送艦ノ欄内「神威」ノ次ニ「、富士」ヲ加フ 大正十一年九月一日 海軍大臣男爵 加藤友三郎』
  23. ^ #達大正11年9月p.1『達第二百十一號 特務艦艇類別標準中左ノ通改正セラル 大正十一年十二月一日 海軍大臣男爵 加藤友三郎 特務艦ノ欄内測量艦ノ項ノ次ニ左ノ一項ヲ加フ |練習特務艦|  |』

関連項目[編集]

外部リンク[編集]