井原岸高

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
井原岸高
いはら きしたか
生年月日 1903年4月23日
出生地 日本の旗 日本 愛媛県
没年月日 (1992-09-25) 1992年9月25日(89歳没)
出身校 三島尋常高等小学校卒業
(現・四国中央市立三島小学校
前職 土建業
所属政党 自由民主党
親族 娘婿・越智正(元大西町長)
孫・越智忍(愛媛県議会議員・元今治市長)
孫・井原巧(衆議院議員・前参議院議員・前四国中央市長)

選挙区 旧愛媛2区
当選回数 8回
在任期間 1958年2月9日 - 1969年12月2日
1972年10月8日 - 1976年12月9日
1979年10月7日 - 1980年5月19日

愛媛県の旗 第41代愛媛県議会議長
在任期間 1953年4月27日 - 1954年3月16日

愛媛県の旗 第32代愛媛県議会副議長
在任期間 1947年5月24日 - 1948年5月31日

愛媛県の旗 愛媛県議会議員
選挙区 宇摩郡選挙区
テンプレートを表示

井原 岸高(いはら きしたか、1903年明治36年)4月23日[1][2] - 1992年平成4年)9月25日[1])は、日本の政治家衆議院議員(8期)。

略歴[編集]

愛媛県[3]、のちの伊予三島市[1][2](現四国中央市)で生まれた。1916年(大正5年)三島尋常高等小学校[1][2][注釈 1](現四国中央市立三島小学校)卒業後、土建業を営み、丸和商事、井原建設工業(株)を創立、社長、会長となる[3]

政界では、三島町会議員となり[3]1947年(昭和22年)に愛媛県議会議員に当選して2期在任し、同副議長、同議長を歴任[4]

1958年(昭和33年)2月9日に行われた第27回衆議院議員総選挙愛媛2区補欠選挙自由民主党から出馬して初当選し[3][5]、以後補欠選挙での当選2回を含めて通算8期務める[1][3]。この間、第2次池田内閣農林政務次官第2次池田第3次改造内閣第1次第2次佐藤内閣に至るまで法務政務次官、第3次池田内閣防衛政務次官を務め[1][2][3]1968年逓信委員会委員長に選出されるも、翌年には柳田秀一日本社会党衆議院議員らから解任決議が出された(否決)[6]

派閥としては佐藤派を経て、田中派の旗揚げに理事として参加。第2次田中内閣発足後に運輸委員会委員長になった。

国政選挙歴[編集]

家族[編集]

大西町長の越智正は娘婿で、その息子・越智忍(岸高の孫)も愛媛県議会議員。直系の孫にあたる井原巧四国中央市長、参議院議員を経て、衆議院議員。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』39頁では三島町立尋常小学校。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』73頁。
  2. ^ a b c d 『愛媛県人名大事典』50頁。
  3. ^ a b c d e f 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』39頁。
  4. ^ 愛媛県庁/歴代議長・副議長一覧”. www.pref.ehime.jp. 2021年4月29日閲覧。
  5. ^ a b c d e 『国政選挙総覧 1947-2016』338頁。
  6. ^ 国会会議録システム
  7. ^ 『国政選挙総覧 1947-2016』337頁。
  8. ^ a b c d e 『国政選挙総覧 1947-2016』339頁。
  9. ^ a b 『国政選挙総覧 1947-2016』340頁。

参考文献[編集]

  • 『愛媛県人名大事典』愛媛新聞社、1987年。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。
  • 『国政選挙総覧:1947-2016』日外アソシエーツ、2017年。

関連項目[編集]


議会
先代
臼井莊一
日本の旗 衆議院決算委員長
1975年 - 1976年
次代
村山達雄
先代
細田吉藏
日本の旗 衆議院運輸委員長
1972年 - 1973年
次代
三池信
先代
古川丈吉
日本の旗 衆議院逓信委員長
1968年 - 1970年
次代
金子岩三