井原岸高

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

井原 岸高(いはら きしたか、1903年4月23日 - 1992年9月25日)は、日本の政治家衆議院議員(8期)。

略歴[編集]

高等小学校卒業後、土建業を営む。1947年に愛媛県議会議員に当選し、県会副議長・議長を歴任。1958年2月9日に行われた衆院愛媛2区補欠選挙自由民主党から初当選し、以後補欠選挙での当選2回を含めて通算8期務める。

この間、第2次池田内閣農林政務次官第2次池田第3次改造内閣第1次第2次佐藤内閣に至るまで法務政務次官、第3次池田内閣防衛政務次官を務め、1968年逓信委員会委員長に選出されるも、翌年には柳田秀一日本社会党衆議院議員らから解任決議が出された(否決)[1]

派閥としては佐藤派を経て、田中派の旗揚げに理事として参加。第2次田中内閣発足後に運輸委員会委員長になった。

家族[編集]

大西町長の越智正は娘婿で、その息子・越智忍(岸高の孫)も愛媛県議会議員。直系の孫にあたる井原巧四国中央市長を経て、参議院議員

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]


議会
先代:
臼井莊一
日本の旗 衆議院決算委員長
1975年 - 1976年
次代:
村山達雄
先代:
細田吉藏
日本の旗 衆議院運輸委員長
1972年 - 1973年
次代:
三池信
先代:
古川丈吉
日本の旗 衆議院逓信委員長
1968年 - 1970年
次代:
金子岩三