井上要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
井上 要
いのうえ かなめ
生年月日 1865年5月29日(慶応元年5月5日
出生地 伊予国喜多郡菅田村(現愛媛県大洲市
没年月日 1943年昭和18年)3月18日
死没地 愛媛県松山市
出身校 東京専門学校法律科中退
前職 愛媛県会議長
所属政党 憲政本党
選挙区 愛媛郡部
当選回数 3回
在任期間 1902年(明治35年)8月10日 - 1908年(明治41年)3月27日
テンプレートを表示

井上 要(いのうえ かなめ、旧姓:有友 、1865年5月29日(慶応元年5月5日) - 1943年昭和18年)3月18日)は、明治~昭和時代前期の政治家実業家

略歴[編集]

伊予国喜多郡菅田村(現愛媛県大洲市)の庄屋の家に生まれ、のちに井上家の養嗣子となる。東京専門学校中退[1]。法学を独習して代言人(弁護士)となる。1897年(明治30年)愛媛県会議員に当選[2]、議長も務めた[3]1902年(明治35年)に愛媛郡部から第7回衆議院議員総選挙に出馬して当選(憲政本党)、1908年(明治41年)まで衆議院議員を3期務めた[4]第10回衆議院議員総選挙には出馬せず、自らの地盤を才賀藤吉に譲って政界の第一線から退いた[5]

実業界では1888年(明治21年)に伊予鉄道委員(取締役兼監査役)となる。のち第3代、第5代同社社長[6]。松山商工会議所会頭なども務めた。

教育界では1902年(明治35年)に社団法人北予中学会理事となり、1924年(大正13年)には北予中学校の校長に秋山好古を招聘[7]。また、新田長次郎らと協力して松山高等商業学校を設立。

1943年(昭和18年)3月18日死去。79歳。法名は謙徳院要道不昧居士。

親交のあった渋沢栄一から贈られた「不去庵」という雅号[8]を用いて和歌を詠んだ。

親族[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『井上要翁伝』 不去庵井上要翁年譜、8頁。中退者ではあるが1913年に早稲田大学評議員嘱託となり(同、18頁)、大隈伯後援会創立総会(1914年)では早大の四国地区校友代表として祝辞を述べている(同、18頁)。
  2. ^ 『井上要翁伝』 不去庵井上要翁年譜、11頁
  3. ^ 愛媛県庁/歴代議長・副議長一覧、2018年6月10日閲覧
  4. ^ 宮川隆義 『歴代国会議員経歴要覧』 政治広報センター、78頁
  5. ^ 「井上要」『愛媛県史 人物』 1989年、70-71頁
  6. ^ 企業情報|会社概要|伊予鉄、2018年6月10日閲覧
  7. ^ 秋山好古大将伝記刊行会 『秋山好古』 1936年、345-348頁
  8. ^ 『井上要翁伝』、839頁
  9. ^ 『愛媛県史 人物』愛媛県史編纂委員会、1989年、31頁。

関連文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]