八木徹雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

八木 徹雄(やぎ てつお、1916年1月 - 1971年7月4日)は、自由民主党衆議院議員(5期)。正四位勲二等

経歴[編集]

愛媛県今治市生まれ。愛媛県立今治中学校卒業後上京し、砂田重政立憲政友会衆議院議員秘書。1937年、大倉高等商業学校卒業。1951年、保守党の最年少議員として、愛媛県議会議員に初当選。日本民主党愛媛県支部幹事長を経て、1958年2月、第27回衆議院議員総選挙愛媛2区補欠選挙に自由民主党で立候補するが、落選。同年5月の第28回衆議院議員総選挙愛媛県第2区に自由民主党から出馬し、初当選。以後、連続5期務める。1963年7月、第2次池田第3次改造内閣文部政務次官 。同年12月、第3次池田内閣文部政務次官。1967年、第2次佐藤第1次改造内閣総理府総務副長官。1970年、衆議院文教委員長。1971年4月、病気のため文教委員長を理事の河野洋平に指名。同年7月、衆議院議員在任中に死去。

参考文献[編集]

  • 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』(衆議院、1990年11月)
公職
先代:
上村千一郎
日本の旗 総理府総務副長官
1967年 - 1968年
次代:
鯨岡兵輔