八百板正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

八百板 正(やおいた ただし、1905年4月12日 - 2004年4月23日)は、日本農民運動家・政治家。元日本社会党衆議院議員参議院議員

来歴・人物[編集]

福島県伊達郡飯野町に生まれる。福島中学校(現福島県立福島高等学校)に進むが、中退。福島中学の恩師だった阪本勝(のち衆議院議員兵庫県知事)を頼り、安部磯雄らの日本フェビアン協会に参加。河上丈太郎賀川豊彦櫛田民蔵の知遇を得る。1929年に郷里に帰って東北新人会を結成、伊達郡を中心に小作争議を指導し度々投獄される。1933年全国農民組合(全農)中央委員に選出。

戦後、日本農民組合(日農)の再建に関わり中央農地委員会委員・日農書記長全日本農民組合連合会(全日農)会長を歴任。その一方で1947年第23回衆議院議員総選挙福島1区から日本社会党公認で出馬し当選(以来当選11回)。

社会主義協会との対立が激化(八百板は反協会派の旗頭の一人だった)する中、1979年第35回衆議院議員総選挙では落選するが、翌年の第12回参議院議員通常選挙福島県選挙区から参議院議員に鞍替え当選し、政界復帰を果たす。この間、左派社会党で党国会対策委員長、社会党再統一後に党中央執行副委員長・党参議院議員会長を歴任した。1992年に政界引退。

福島県知事選にも2度出馬し、特に1976年、当時の木村守江知事の汚職事件による辞職に伴う知事選では社会党・共産党推薦で立候補するが、自由民主党推薦の松平勇雄に惜敗した。

娘は翻訳家の八百板洋子

著書[編集]

  • 『光を食べる』言叢社 1985


名誉職
先代:
安孫子藤吉
三池信
最年長参議院議員
1986年7月 - 1986年10月
1988年2月 - 1992年7月
次代:
三池信
鈴木省吾