広瀬正雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

広瀬 正雄(ひろせ まさお、戸籍上では「廣瀨 正雄」、1906年7月3日 - 1980年12月3日)は、日本の政治家日田市長衆議院議員自由民主党所属)。 佐藤内閣郵政大臣

来歴・人物[ソースを編集]

広瀬貞治の長男として、中国の廈門市に生まれる。日田郵便局長となる父・貞治とともに帰国し、大分県日田市で育つ。儒学者広瀬淡窓の末裔に当たり、名家日田広瀬家第10代当主。

福岡県立中学修猷館旧制第五高等学校を経て、東京帝国大学に進むが病気で中退し、1931年九州帝国大学法文学部を卒業する。

日田郵便局長、熊本逓信講習所長を経て、1945年から日田市長を3期務めた後、1952年第25回衆議院議員総選挙大分1区から衆議院議員に立候補して当選し、以来10期連続当選を果たす(当選同期に福田赳夫大平正芳黒金泰美内田常雄丹羽喬四郎灘尾弘吉宇都宮徳馬植木庚子郎加藤精三山崎巌今松治郎重政誠之町村金五古井喜実など)。衆議院海外引揚及遺家族援護特別委員長、郵政政務次官、通商産業政務次官などを歴任し、1971年7月、第3次佐藤内閣改造内閣郵政大臣に就任。その後、衆議院逓信委員長、衆議院ロッキード問題調査特別委員長などを歴任する。

子息に、富士紡績社長を務めた広瀬貞雄テレビ朝日会長、日本民間放送連盟会長を務めた広瀬道貞通商産業事務次官の後、大分県知事を務める広瀬勝貞興銀証券常務を務めた広瀬興貞がいる。

1976年11月、勲一等旭日大綬章を受章。1980年12月3日死去。享年74。1981年、日田市名誉市民に選定される。歿時、叙・正三位、賜・銀杯一組(菊紋)

関連項目[ソースを編集]