金光義邦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
金光義邦(1952年)

金光 義邦(かねみつ よしくに、1909年明治42年)3月 - 1978年昭和53年)1月5日[1])は、日本の実業家政治家衆議院議員

経歴[編集]

本籍大分県金光庸夫の長男として生まれる[2]1935年10月、東京帝国大学経済学部経済学科を卒業[1][3]

王子電気軌道取締役南部鉄道取締役、愛国工業取締役、山陽電気鉄道監査役、新日本火災海上保険社長、日本教育生命保険社長、大正生命保険社長などを務めた[1]

1946年4月、第22回衆議院議員総選挙に大分県から出馬し当選[1]。その後、第24回総選挙まで連続3回当選し衆議院議員を三期務めた[1][3]。この間、片山内閣厚生政務次官、衆議院地方行政委員長、日本進歩党会計監督、同政調会副会長、民主党総務などを歴任した[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』180-181頁。
  2. ^ 『人事興信録』第14版 上、カ116頁。
  3. ^ a b 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』172頁。

参考文献[編集]

  • 人事興信所編『人事興信録』第14版 上、1943年。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。ISBN 9784816918056