金光庸夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
かねみつ つねお
金光 庸夫
Tsuneo kanemitsu.jpg
1932年(昭和7年)頃
生年月日 1877年3月13日
出生地 大分県
没年月日 (1955-03-05) 1955年3月5日(77歳没)
前職 大正生命保険初代社長
王子電気軌道社長
所属政党 (立憲政友会→)
政友本党→)
立憲政友会→)
翼賛政治会→)
日本進歩党→)
(無所属→)
吉田自由党
親族 長男・金光義邦
女婿・佐藤一郎
孫・佐藤謙一郎

日本の旗 第16代 拓務大臣
内閣 阿部内閣
在任期間 1939年8月30日 - 1940年1月16日

日本の旗 第7代 厚生大臣
内閣 第2次近衛内閣
在任期間 1940年9月28日 - 1941年7月18日

選挙区 大分県第1区
当選回数 1回
在任期間 1953年4月20日 - 1955年1月24日

日本の旗 衆議院議員
選挙区 大分県第2区
当選回数 8回
在任期間 1920年5月11日 - 1946年5月24日
テンプレートを表示

金光 庸夫(かねみつ つねお、1877年明治10年)3月13日 - 1955年昭和30年)3月5日)は、日本政治家実業家拓務大臣厚生大臣をつとめた。名前の「庸夫」は「やすお」とも読まれる。

経済企画庁長官佐藤一郎は女婿、その長男で衆議院議員佐藤謙一郎は孫にあたる。

来歴・人物[編集]

大分県生まれ。高等小学校を卒業後税務官吏となり、長崎税関、福岡税務署長、熊本税務監督局勤務を経て、1908年(明治41年)鈴木商店に入社する。1913年(大正2年)には大正生命保険(現・大和生命保険)を創設、社長となる。その他日本火災海上保険(現・損害保険ジャパン日本興亜)役員、王子電気軌道(現・都電荒川線)社長など多数の企業の社長・役員を兼任し、東京商業会議所副会頭や、1931年(昭和6年)には国際労働会議の資本家代表も務めた。また、法政大学の理事に就任[1](昭和15年)するなど、大学事業への運営にも寄与した。

1920年(大正9年)の第14回総選挙政友会公認で旧大分2区からに立候補し当選、以後当選10回を数える。一時期政友本党に籍を置いたのち政友会に復帰し、1937年(昭和12年)衆議院副議長。1939年(昭和14年)には阿部内閣拓務大臣を拝命して初入閣する。同年の政友会分裂に際しては太田正孝犬養健とともに中立派(金光派)を形成する。その近衛文麿新体制運動に協力し、1940年(昭和15年)6月10日には陸軍省軍務局長の武藤章と会談し軍部の諒解を取り付ける。新体制準備委員会委員を経て、第2次近衛内閣厚生大臣となり、国民優生法の施行などを行った。以後、大日本産業報国会初代総裁、大政翼賛会顧問、同調査会長、翼賛政治会政務調査会長、大日本政治会総務会長などを務める。

戦後は日本進歩党の結成に関わるが、間もなく公職追放となる。追放中は長男の義邦が身代わりで総選挙に立候補し当選、代議士を3期務める。追放解除後の1953年(昭和28年)第26回総選挙吉田自由党の公認で立候補し当選、同党顧問を務める。1954年に尾崎行雄(尾崎咢堂)が死去した際には、金光が11月30日の衆議院本会議に於いて尾崎に対する追悼演説を行った[2]

1955年2月の第27回総選挙に出馬したが落選し、同年3月5日に死去、満77歳だった。

脚注[編集]

  1. ^ 『法政大学校友名鑑』(1941)
  2. ^ 第20回国会 本会議 第1号 衆議院会議録 1954年11月30日

参考文献[編集]

  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。ISBN 9784816918056

外部リンク[編集]


公職
先代:
安井英二
日本の旗 厚生大臣
第2次近衛内閣:1940年 - 1941年
次代:
小泉親彦
先代:
小磯国昭
日本の旗 拓務大臣
阿部内閣:1939年 - 1940年
次代:
小磯国昭