木下敬之助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

木下 敬之助(きのした けいのすけ、1944年昭和19年)1月15日 - )は、日本政治家。元大分市長、元衆議院議員

略歴[編集]

1944年1月15日、大分県大分市で、政治家木下哲の長男[1]として生まれる。1967年(昭和42年)、慶應義塾大学経済学部経営学科[注 1]

1979年(昭和54年)10月7日投票の第35回衆議院議員総選挙において大分1区(定数4)に民社党から出馬して初当選。以後、4期にわたり衆議院議員を務めるが、1990年平成2年)2月18日投票の第39回衆議院議員総選挙では次点に敗れた。

その後、自民党などの支援を受け、1991年(平成3年)に大分市長に当選。2003年(平成15年)に引退するまで3期12年にわたって大分市長を務めた。この間、2002 FIFAワールドカップを招致する等の業績を残した。

親族[編集]

元衆議院議員、大分県知事の木下郁は伯父(父の兄[1])。『美味求真』でも知られる元衆議院議員、関東長官木下謙次郎は祖父の兄にあたる。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 慶應義塾大学の経済学部内には経済学科しか学科は置かれていないが、自身の著書では経営学科と記載されている[2]

出典[編集]

  1. ^ a b 「木下哲」『大分県歴史人物事典』大分合同新聞社、1996年、171頁。
  2. ^ 『急成長 元気都市大分のまちづくり』1994年12月、自著、宮帯出版社