中馬辰猪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中馬 辰猪
ちゅうまん たつい
生年月日 1916年2月27日
出生地 日本の旗 日本 鹿児島県霧島市国分
没年月日 (2010-04-18) 2010年4月18日(94歳没)
出身校 京都帝国大学法学部
前職 陸軍主計大尉
水産会社役員
鹿児島県煙草耕作連嘱託
所属政党民主自由党→)
(自由党→)
自由民主党
称号 勲一等瑞宝章
親族 中馬猪之吉(父)

日本の旗 第39代 建設大臣
内閣 三木改造内閣
在任期間 1976年9月15日 - 1976年12月24日

選挙区 旧鹿児島2区
当選回数 10回
在任期間 1949年1月23日 - 1953年3月14日
1955年2月28日 - 1979年9月7日
テンプレートを表示

中馬 辰猪(ちゅうまん たつい、1916年2月27日 - 2010年4月18日)は、日本の政治家衆議院議員建設大臣

来歴・人物[編集]

現在の鹿児島県霧島市国分に、参議院議員を務めた中馬猪之吉の二男として生まれる。鹿児島県立加治木中学校 (旧制)[1]第七高等学校 (旧制)を経て、1941年京都帝国大学法学部を卒業。陸軍主計大尉としてインパール作戦に従事し、負傷するものの危機一髪で生還した経験を持つ。帰国後は水産会社役員、鹿児島県煙草耕作連嘱託等を経て、1949年第24回衆議院議員総選挙吉田茂率いる民主自由党公認で旧鹿児島2区から立候補し当選(当選同期に池田勇人岡崎勝男前尾繁三郎橋本龍伍麻生太賀吉小渕光平西村英一橋本登美三郎福永健司塚原俊郎藤枝泉介木村俊夫稲葉修河本敏夫森山欽司床次徳二有田喜一など)。以後10回当選。

保守合同後は佐藤栄作派-福田赳夫派に所属する。運輸政務次官、農林政務次官、衆院地方行政委員長等を歴任し、1976年三木内閣改造内閣で建設大臣として入閣する。1979年の総選挙で落選後、政界を引退。

「利口な世渡りは嫌いだ」といい、政界では常に縁の下の力持ち的な役割に徹してきた。1986年勲一等瑞宝章受章。

2010年4月18日、死去。享年94[2]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『鹿児島大百科事典』(1981年 南日本新聞社)「加治木高等学校」
  2. ^ 中馬辰猪氏死去(元建設相、元自民党衆院議員)時事通信
議会
先代:
森田重次郎
日本の旗 衆議院地方行政委員長
1965年 - 1966年
次代:
岡崎英城
公職
先代:
竹下登
日本の旗 建設大臣
第39代:1976年
次代:
長谷川四郎