山村新治郎 (11代目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
山村新治郎
やまむら しんじろう
Yamamura-shinjiro,katori-city,japan.JPG
生年月日 1933年4月28日
出生地 千葉県香取市
没年月日 (1992-04-12) 1992年4月12日(満58歳没)
出身校 学習院大学政経学部中退[1]
所属政党 自由民主党
称号 正三位
勲一等旭日大綬章
内閣総理大臣顕彰
親族 父・山村新治郎 (10代目)

日本の旗 第61代 運輸大臣
内閣 宇野内閣
在任期間 1989年6月3日 - 1989年8月10日

内閣 第2次中曽根内閣
在任期間 1983年12月27日 - 1984年11月1日

選挙区 千葉県第2区
当選回数 5回
在任期間 1979年10月8日 - 1992年4月18日

選挙区 千葉県第2区
当選回数 4回
在任期間 1964年11月17日 - 1976年12月11日
テンプレートを表示

11代目山村 新治郎(やまむら しんじろう、昭和8年(1933年4月28日 - 平成4年(1992年4月12日)は日本の政治家。旧名は直義[1]。元衆議院議員(当選9回、自民党[1])。運輸政務次官運輸大臣農林水産大臣、衆議院予算委員長などを務めた。栄典正三位勲一等旭日大綬章。父親は元行政管理庁長官10代目山村新治郎

生涯[編集]

生い立ち[編集]

千葉県佐原市(現在の香取市)出身[1]江戸時代から米穀商を営む由緒ある名家に生まれ、九代目新治郎のころから深く政界にかかわり合いを持ち、父の10代目新治郎は、衆議院議員として予算委員長、議院運営委員長、自由民主党の国会対策委員長等の要職を歴任し、第3次池田内閣において行政管理庁長官を務め、政界に重きをなした[2]

千葉県立佐原高等学校卒業。学習院大学政経学部政治学科中退[1]。学業半ばにして、生きた政治の世界を学ぶべく、父新治郎の秘書として政界への第一歩を踏み出した[2]

1964年、31歳の時に父の後を継いで衆院旧千葉2区補欠選挙に立候補し衆議院議員に初当選する。

よど号ハイジャック事件[編集]

山村の名前を一躍有名にしたのが、よど号ハイジャック事件である。

1970年、山村が運輸政務次官を務めていた時にハイジャックが発生。当時の橋本登美三郎運輸大臣と共にソウルに向かい、交渉の末、乗客の身代わりとして人質になり、よど号に搭乗して犯人らと共に北朝鮮に向かい、その後解放されて帰国した。この英雄的行動により「男やましん」「身代わり新治郎」として山村新治郎の名が広く知れ渡った(歌手春日八郎は『身代り新治郎』を発表)。乗客救助の功により内閣総理大臣顕彰を受賞した。

1976年の総選挙で落選するも、1979年の総選挙で再び当選し国政復帰を果たす。

1983年12月27日成立の第2次中曽根内閣で農林水産大臣として初入閣。1989年6月3日成立の宇野内閣(約2ヶ月の短命内閣)で運輸大臣を務める。

宮沢内閣衆議院予算委員長に就任。

晩年[編集]

1992年、自民党訪朝団団長として北朝鮮への訪問を翌日に控えた4月12日、自宅にて精神疾患を患った24歳の次女に出刃包丁で刺され殺害された。当時健在であった母の目の前での惨劇であった。北朝鮮に訪問の際には22年ぶりによど号グループ首謀者の田宮高麿と会う予定であった。日本国憲法下で他殺された現職国会議員は浅沼稲次郎に続いて二人目(丹羽兵助を他殺に含めると三人目)。次女は引きこもりがちであったと言うが、茶道教室に通う等をしていた。またよど号事件の時は次女は2歳であったが、身代わり人質で有名になった新治郎を羽田空港で出迎えている。新治郎の選挙をよく手伝っていたことから、後援会関係者からは「次女を後継者に」という声も挙がる一方で、次女の精神疾患に気付く者はいなかったという。次女は心神喪失により責任能力なしと判断され不起訴となるが、4年後に自殺している。

事件後[編集]

事件後、後継者として五弟の山村章(フェローテック社代表取締役)の名前も挙がったが、余りにも悲劇的な事件であったため山村家から候補者は出ず、先代から続いていた後援会は解散し、政治家としての山村家の歴史は終焉を迎えた。なお、1993年の総選挙には新治郎の元秘書で千葉県議会議員だった実川幸夫新生党公認(後に新進党を経て自民党に入党)で立候補し当選した。

人物[編集]

  • 趣味は囲碁ゴルフ[1]
  • 学生時代はボクシング選手として活躍した。小柄ではあったが県高校ボクシング大会に優勝したという鍛え抜かれた身体に不携不屈の精神を秘め、一朝事に臨んでの果敢な実行力は衆目の見るところであった[2]
  • よど号に人質として搭乗した際、田宮たちが「ご迷惑をかけて本当にすみません」と声をかけたが、山村は「いやいや、これで次の選挙は大丈夫だよ」と返した[1](実際、次の選挙では山村はトップ当選を果たした)。
  • 現在、地元千葉県香取市香取神宮赤鳥居の傍らには、父子二代にわたる政治活動を記念し10代新治郎・11代新治郎の胸像が並んで立てられている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 新訂 政治家人名事典 明治~昭和』658頁
  2. ^ a b c 加藤万吉君の故議員山村新治郎君に対する追悼演説


議会
先代:
渡部恒三
日本の旗 衆議院予算委員長
1991年 - 1992年
次代:
高鳥修
先代:
内海英男
日本の旗 衆議院議院運営委員長
第40代 : 1982年 - 1983年
次代:
小沢一郎
先代:
松岡松平
日本の旗 衆議院商工委員長
1975年 - 1976年
次代:
稻村左近四郎
公職
先代:
金子岩三
日本の旗 農林水産大臣
第7代 : 1983年 - 1984年
次代:
佐藤守良
先代:
佐藤信二
日本の旗 運輸大臣
第61代 : 1989年
次代:
江藤隆美