田中武雄 (代議士)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

田中 武雄(たなか たけお、1888年(明治21年)6月26日 - 1970年(昭和45年)2月26日)は、日本の政治家銀行家衆議院議員運輸大臣

経歴[編集]

兵庫県姫路市出身。早稲田中学青山学院高等科を卒業後、欧米へ留学。帰国後に鉄道大臣秘書官となる。

1920年第14回衆議院議員総選挙で兵庫県から出馬して当選、衆議院議員となる。以後、1942年4月の第21回総選挙まで、1928年2月の第16回総選挙を除き、通算7回の当選を果した。政党は憲政会立憲民政党に所属した。その後、第2次若槻内閣外務参与官岡田内閣拓務政務次官などを歴任。また、1921年ストックホルムで開催された第19回列国議会同盟会議や、1922年ハワイで開催された汎太平洋商業会議に出席した。

戦後は日本進歩党に所属し、幣原内閣運輸大臣に就任した。翌年公職追放となる[1]

その他、岩見銀行頭取、姫路銀行取締役、広銀行取締役、東京政情通信社長などを務めた。

脚注[編集]

  1. ^ 公職追放の該当事項は「朝鮮政務総監日政代議士会会長」。(総理庁官房監査課編 『公職追放に関する覚書該当者名簿』 日比谷政経会、1949年653頁。NDLJP:1276156 

参考文献[編集]

  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度七十年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1962年。


公職
先代:
小日山直登
日本の旗 運輸大臣
幣原内閣:1945 - 1946
次代:
三土忠造