遠藤三郎 (政治家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

遠藤 三郎(えんどう さぶろう、1904年4月15日 - 1971年12月27日)は、昭和時代に活躍した日本の農林官僚政治家衆議院議員建設大臣自由民主党(藤山派)に所属した。

来歴・人物[編集]

静岡県出身。農業・遠藤儀一の五男として生まれる。静岡県立沼津中学校第一高等学校を経て、1930年3月、東京帝国大学法学部法律学科を卒業。1929年10月、高等試験行政科試験に合格。1930年4月、農林省に入省し嘱託となる。

以後、水産局水産課長、同監督課長、食品局特殊食品課長、食料管理局第1部企画課長、同部総務課長、第2部官吏課長などを経て、和歌山県経済部長となる。農商省となってからは生活物資局監理課長、綜合計画局参事官を務めた。戦後は、内閣調査局調査官、内閣参事官、農林省官房会計課長、総務局長、畜産局長などを務め、1948年9月に退官した。

1949年1月、第24回衆議院議員総選挙静岡県第2区民主自由党から出馬し初当選(当選同期に池田勇人佐藤栄作岡崎勝男前尾繁三郎麻生太賀吉橋本龍伍小渕光平西村英一橋本登美三郎福永健司塚原俊郎藤枝泉介木村俊夫稲葉修河本敏夫森山欽司床次徳二有田喜一など)。その後、1969年12月の第32回総選挙まで連続9回の当選を果たし、現職で死去した。

自民党では岸信介藤山愛一郎派に所属。第1次鳩山一郎内閣大蔵政務次官第2次岸内閣で建設大臣となった。その他、自由民主党の副幹事長、政調会副会長などを歴任した。

運輸大臣経済産業大臣自由民主党国会対策委員長などを歴任した二階俊博は元秘書。

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本近現代人物履歴事典』東京大学出版会、2002年。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。

関連項目[編集]