野田武夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
野田 武夫
のだ たけお
生年月日 1895年2月8日
出生地 日本の旗 日本 熊本県熊本市南区(旧・川口村)
没年月日 (1972-06-07) 1972年6月7日(77歳没)
出身校 早稲田大学
前職 朝日新聞東京本社記者
神奈川新聞社代表取締役社長
所属政党 立憲民政党→)
翼賛政治会→)
大日本政治会→)
日本進歩党→)
(無所属→)
国民民主党→)
新政クラブ→)
改進党→)
日本民主党→)
自由民主党
称号 正三位
勲一等旭日大綬章
衆議院永年在職議員
親族 娘婿・野田毅

内閣 第2次佐藤第2次改造内閣
在任期間 1968年11月30日 - 1970年1月14日

内閣 第2次池田第3次改造内閣
第3次池田内閣
在任期間 1963年7月18日 - 1964年7月18日

選挙区 神奈川県第2区→)
熊本県第1区
当選回数 6回
在任期間 1955年2月28日 - 1972年6月7日

選挙区 神奈川県第2区
当選回数 3回
在任期間 1936年2月21日 - 1945年12月18日
テンプレートを表示

野田 武夫(のだ たけお、1895年2月8日 - 1972年6月7日)は、昭和期の日本政治家総理府総務長官自治大臣。現衆議院議員の野田毅は娘婿。

来歴・人物[編集]

熊本県飽託郡川口村(現・熊本市南区)出身。

熊本中学1914年早稲田大学法学部を卒業後、国民新聞記者、東京朝日新聞政治部記者、神奈川新聞社社長、町田忠治商工大臣秘書官を経て、1936年第19回衆議院議員総選挙立憲民政党公認で旧神奈川2区より立候補して当選を果たす。以後戦後も含めて当選8回。戦前は軍需政務次官、商工省参与などを務めた。政党解消後は翼賛議員同盟翼賛政治会大日本政治会に所属した。

戦後は大日本政治会の流れを汲む日本進歩党の結成に参加したが、翼賛選挙で翼賛政治体制協議会の推薦を受けて当選したため公職追放に遭い、解除後はいったん国民民主党に入党した後、民政旧友会が分裂して誕生した新政クラブの結成に参加。その後改進党に合流したが、政界に返り咲いたのは日本民主党公認で立候補し当選した1955年の総選挙であった。保守合同後は大麻唯男宮沢胤勇小泉純也浜野清吾真鍋儀十山本粂吉中村庸一郎ら旧民政党系右派の政治家が結集した大麻派に属し、大麻派が岸信介派に合流してからは岸派に属した。さらに岸派が池田勇人支持をめぐって分裂すると1962年河野一郎派へ移った。

1963年の総選挙石坂繁の地盤を継ぐ格好で旧熊本1区に鞍替え、同年第2次池田内閣第3次改造内閣総理府総務長官として初入閣を果たした。政治記者出身者特有のアクの強さを感じさせない温厚な人柄で、1967年旧河野派が分裂すると、中曽根康弘率いる新政同志会の座長を務め、中村梅吉とともに長老として派内融和に努めた。1968年第2次佐藤内閣第2次改造内閣自治大臣北海道開発庁長官。1972年6月7日死去。77歳没。

日中友好に熱心な議員の一人であり、その政治姿勢は娘婿の毅にも受け継がれている。