北口博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

北口 博(きたぐち ひろし、1930年11月20日 - 2019年11月6日)は、日本政治家。元自由民主党所属衆議院議員(4期)。

来歴・人物[編集]

熊本県生まれ。1954年中央大学法学部卒業。参議院議員北口龍徳秘書、熊本県議会議員を務めた後、1979年第35回衆議院議員総選挙熊本1区に無所属で立候補し初当選。以後4期務める。1985年第2次中曽根第2次改造内閣防衛政務次官1987年竹下内閣農林水産政務次官。同年、第13回先進国首脳会議(ベネチアサミット)開催に際し、中曽根康弘首相に随行。1989年中川秀直の辞任に伴い、衆議院科学技術委員長に就任。また、主要党務として副幹事長(衆議院議会運営委員会理事)等に就任。1990年、第39回衆議院議員総選挙で最下位当選であった松岡利勝に368票差届かず落選し、政界から引退。勲二等瑞宝章受章。政治信条は「一国の礎石は農業の健全化に帰する。守りと共に攻めの農業への転換起動を求めてやまず」。

2019年11月6日、肺炎のため、熊本市の病院で死去[1][2]。88歳没。死没日をもって従四位に叙される[3]

役員[編集]

  • 日本企業行政管理士協会顧問(永世名誉職)
  • 自由民主党熊本県連副幹事長
  • 熊本市農業協同組合会長
  • 熊本県農業協同組合中央会会長
  • 熊本県農業者政治連盟委員長
  • 県立熊本工業高等学校熊工会会長

参考文献[編集]

  • 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』(衆議院、1990年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “北口博氏死去(元自民党衆院議員)”. 時事通信社. (2019年11月7日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2019110701180&g=pol 2019年11月8日閲覧。 
  2. ^ “北口博氏が死去 元衆院議員”. 日本経済新聞. (2019年11月7日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO51926050X01C19A1AC8000/ 2019年11月8日閲覧。 
  3. ^ 『官報』第145号10頁 令和元年12月4日号