細谷治嘉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

細谷 治嘉(ほそや はるよし、1912年9月21日 - 1997年1月19日[1])は、衆議院議員(9期)。従三位。勲一等。大牟田市長(2期)。福岡県議会議員。

略歴[編集]

1912年千葉県白子町に生まれる。1933年横浜高等工業学校卒業。同年、三井化学三池染料工業所に勤務。福岡県議会議員を経て、1955年、大牟田市長選挙に出馬し現職の田中忠蔵を、305票差で破り初当選。1959年、再選。1962年、次回の選挙の不出馬を表明。1963年、第30回衆議院議員総選挙福岡3区日本社会党から出馬し、初当選。以後9期連続当選。1977年12月、衆議院石炭対策特別委員長[2]。1988年8月、衆議院本会議で永年在職議員として表彰される。1990年2月、第39回衆議院議員総選挙に出馬せず息子の細谷治通が地盤を引き継ぐ。同年4月、勲一等瑞宝章を受章する。1997年、死去。

参考文献[編集]

  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。

脚注[編集]

[ヘルプ]